この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

Paragusさんの投稿(新着順)

ほ乳類

ニホンアナグマ

ニホンアナグマ

2月半ばなのに…

広域農道を走行していると獣の死体が目に入った。最初はイノシシだとばかり思っていたら何とアナグマだった。道路脇には先日降った雪が残っているのに、このアナグマはもう活動し始めていたのだろうか?それにしても良い体格をしている。体長は目測で70cmぐらいありそうだった。こんな時の為にも

(続きがあります)
コメント:2件
投稿者
Paragus
撮影場所
岡山県高梁市川上町
ほ乳類

イヌ

イヌ

山間で見かけた放し飼い

星空撮影に良い場所はないかとロケハンしていたら車についてきたワンコ。首輪にはにはカウベルがぶら下がっている。イヌの放し飼いは法律で禁止されているし噛み付いたりしたら大変と思ってしまうが、このワンコはとても人懐っこそうで穏やかな目をしていた。
コメント:2件
投稿者
Paragus
撮影場所
岡山県新見市
ほ乳類

ヌートリア

ヌートリア

ヌートリアのレストラン

備中国分寺周辺の用水路に棲息するヌートリア。彼等にとってこの田圃は格好のえさ場となっている。
夕暮れ前に信号待ちで停車するとこんな風景が広がっていた。
コメント:1件
投稿者
Paragus
撮影場所
岡山県総社市
ほ乳類

ヌートリア

ヌートリア

ヌートリアの棲む清流

ホタル撮影で訪れたとある河川にて。
澄んだ流れ、カジカガエルの声、ゲンジボタルの大乱舞…何もかも文句のつけようが無い清流だが、こんなところにもヌートリアが棲息していた。
コメント:0件
投稿者
Paragus
撮影場所
岡山県新見市
ほ乳類

ヌートリア

ヌートリア

子どものヌートリア

ホタル撮影で訪れたとある河川にて。
こぶし大ほどのちっちゃな兄弟がスイスイと泳ぐ。成獣は何度も見たが子どもは初めて。
川岸には巣穴が幾つも見える(矢印)。
コメント:2件
投稿者
Paragus
撮影場所
岡山県吉備中央町
ほ乳類

ヌートリア

ヌートリア

カワセミとヌートリア

岡山県北の美しい清流で見かけた光景。
カワセミにとって棲みやすい環境はヌートリアにとっても棲みやすい環境。
コメント:1件
投稿者
Paragus
撮影場所
岡山県新見市
昆虫

ゲンジボタル

ゲンジボタル

終齢幼虫の上陸

ホタルといえば初夏の風物詩ではあるが、幼虫の上陸は4月の雨の日に見ることができる。
薄暮終了を待っていたかのようにほのかな光が水際に現れ、ゆっくりと時間をかけながら岸を登ってゆく。
成虫に見られるような光の明滅は無く、およそ1分間隔で発光と不発光を繰り返す。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
Paragus
撮影場所
岡山県井原市
ほ乳類

ヌートリア

ヌートリア

電車もゴミもヘッチャラ

用水路には踏み切り待ちの車から投げ捨てられた空き缶、ペットボトルやその他のゴミが浮かび、目を覆いたくなるような景観。
すぐ傍の山陽本線では列車が10〜20分間隔で通過するので騒音もかなりのもの。
そんな環境をものともせずヌートリアは強かに生き抜いている。
コメント:0件
投稿者
Paragus
撮影場所
岡山県倉敷市(六間川)
貝類

スクミリンゴガイ

スクミリンゴガイ

水門に見つけた卵塊

山陽本線沿いの六間川で見つけたジャンボタニシの卵塊。
干からびているので稚貝が生まれることは無いと思いますが、この辺りは広大な水田地帯でもあり用水路が網の目のようにあちこち繋がっていますので勢力拡大はた易いと思われます。
コメント:0件
投稿者
Paragus
撮影場所
岡山県倉敷市(六間川)
ほ乳類

ツキノワグマ

ツキノワグマ

民家近くの熊棚

2010年、岡山県美作市ではクマの出没が相次いだ。
田畑の脇や民家の傍にはクリの木が植えられており、その殆どの木に熊棚が形成されていた。
岡山県の公式発表では県内に棲息するクマはわずか10頭とされているが、至る所に存在するクマの痕跡を見れば実際に棲息する頭数はかなりのものとうかがえる。
コメント:1件
投稿者
Paragus
撮影場所
岡山県美作市
ほ乳類

ツキノワグマ

ツキノワグマ

雪上の足跡

12月になり初雪が降ったのでクマは冬眠したものとばかり思っていたけれど、集落はずれの田圃にクマの足跡が残されていた。
大きさの目安になるゲージを持ち合わせていなかったので自分の足を一緒に撮影した。
コメント:0件
投稿者
Paragus
撮影場所
岡山県新見市
ほ乳類

ツキノワグマ

ツキノワグマ

集落内の放棄田にフン

山間の地域では集落内の田畑が耕作されずススキがぼうぼうに生い茂っている。
そんな場所でツキノワグマの糞を見つけた。
荒れ放題の田畑はクマが身を潜めるのに好都合になっている。
コメント:0件
投稿者
Paragus
撮影場所
岡山県美作市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 13人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Paragusさんの投稿