この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

杢欣堂さんの投稿(新着順)

ほ乳類

ノウサギ

ノウサギ

写った、

タヌキの記録用カメラに、
何か違うものが写るのを期待していたのですが、
ウサギが写ってくれるとは思っていませんでした。
雪の後の、足跡位しか確認できませんでしたから。
コメント:0件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
長野県 飯田市
ほ乳類

ホンドタヌキ

ホンドタヌキ

伊那谷白タヌキ

白いタヌキは、多分全国で目撃されていると思います。
それでも、伊那谷には白いタヌキが多いと感じています。
30年近く、毎年見て来ましたから、、、。
コメント:0件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
長野県 飯田市
昆虫

スケバハゴロモ

スケバハゴロモ

フレーム付き

この小ささでフレーム付きのスケスケの羽根が、
何とも可愛らしい。
コメント:0件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
長野県 飯田市
流行・人間社会

自転車

自転車

ツーリング

どこまで行くのでしょう、、、?
この道を真直ぐ行くと、軽井沢。
碓氷峠という難所が待っています。
コメント:4件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
 ---
流行・人間社会

イヌ

イヌ

車椅子

後足が不自由らしい、
それでも散歩に出掛けられる。

とても可愛がられているに違いない。
それはきっと幸せな事。
コメント:2件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
長野県 飯田市
植物

ニラ

ニラ

以外ときれい

意外ときれい。
コメント:2件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
長野県 飯田市
昆虫

ヤマトタマムシ

ヤマトタマムシ

やっと撮れた

今年は、タマムシがよく飛んでいるように感じていました。
たまたま、今の仕事場所がそういう場所だったのかも知れませんが、、、

タマムシの飛んでいる姿は独特で、常に着陸態勢で飛んでいるように見えます。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
長野県 飯田市
鳥類

ハシボソガラス

ハシボソガラス

巣作り

高速道路のインターチェンジは、結構広い敷地が緑地になっていまして、降雨時の、排水用のトンネル、側溝が整備されています。
動物達はねぐらや移動によく使っているようです。

インター脇の道路でタヌキが死んでいました。
カラスがこれからの子育てのため、巣の材料になるタヌキの毛を集めていました。
コメント:0件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
長野県 飯田市
ほ乳類

ホンドタヌキ

ホンドタヌキ

もう、えらい

もう大分、お年を召された白タヌキさま。
日向の移動は辛いようで、一休み。
コメント:0件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
長野県 飯田市
ほ乳類

ハクビシン

ハクビシン

動物御用達の土管

側溝に潜り込んだのが見えました。
顔を出したのは、この半年で3回ほど会っているはずのハクビシン。
懐中電灯の光の輪の中に浮かぶ「独眼竜」がずっと気になっていました。

もし名前があれば「正宗」に違いない。
コメント:2件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
長野県 飯田市
自然環境

カカシ

カカシ

ジャンヌ・ダルク

写真の撮影は2004年夏。

それまで獣害は「畑」と思っていました。
獣避けのフェンスやネットは畑にあるものと思っていました。

「シカが稲を食べる。」と知ったのはこの頃でした。
そして、田んぼがネットに囲まれた景色は衝撃でした。

(続きがあります)
コメント:2件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
長野県 豊丘村
昆虫

コムラサキ

コムラサキ

汗水を吸い取る

山の公園に脱ぎ忘れられたスニーカー。
染み付いた汗をコムラサキが吸っていました。
汗水吸取る悪い奴、、、?

多分山へ入れば、野グソ、立小便はあたり前、、?
で、いろいろな生物が育ちます。

水虫菌のいるかも知れないこのクツで蝶は育ち、、、
琵琶湖の小魚を食べてバスは育ち、、、

(続きがあります)
コメント:2件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
長野県 駒ヶ根市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 3人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 杢欣堂さんの投稿