この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

よこさんの投稿(新着順)

淡水・海水の魚類と水生生物

ホウボウ
Chelidonichthys spinosus

ホウボウ
ヒラメの外道として釣れたホウボウは睨みをきかして恐いくらい。
ところがお刺身・お煮付け・お味噌汁ともに美味しい。
美しいエメラルドグリーンに鮮やかな青の斑点と縁取りをした胸びれの下にある遊離棘条で、海底を探り回りながら餌を捉えるのだそうだ。
コメント:0件
投稿者
よこ
撮影場所
千葉県
淡水・海水の魚類と水生生物

カワハギ
Stephanolepis cirrhifer

カワハギ
おちょぼ口で餌とり名人といわれるカワハギはアサリのむき身を餌に釣る。
そのピンクの口もとがなんとも色っぽいのに驚いた。
旬は冬、その肝あえは絶品といわれ、お刺身、鍋と美味しい。

コメント:0件
投稿者
よこ
撮影場所
千葉県
淡水・海水の魚類と水生生物

ユメカサゴ
Helicolenus hilgendorfi

ユメカサゴ

ノドグロ

水深150mから釣りあげたユメカサゴ。喉が黒いことから千葉ではノドグロと呼んでいるが、他にもそう呼んでいる地方もあるようだ。
煮付けでとても美味しいし、小さいものは唐揚げにすれば骨までも食べることが出来る。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
よこ
撮影場所
千葉県習志野市
淡水・海水の魚類と水生生物

ウッカリカサゴ
Sebastiscus tertius

ウッカリカサゴ

カンコ

千葉県飯岡沖で水深150mから釣り上げたウッカリカサゴ。千葉ではカンコと呼ばれている。
重さは2.5キロあり、体長は測らなかったが浮き袋は口から飛び出していた。

カサゴと区別がつきにくく胸鰭軟条数はカサゴは18が多く、ウッカリカサゴは19が多いという。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
よこ
撮影場所
千葉県習志野市
植物

ハクサイ
Brassica campestris

ハクサイ

チヒリ70

知人からいただいた野菜。白菜に似てるけど兎に角長い。「たけのこはくさい」といい、タキイ種苗から「チヒリ70」の名で販売されている。歯切れがよく煮崩れせず甘味があり中華料理や鍋物、漬物に向くらしい。
<チヒリ(chihili)について>

(続きがあります)
コメント:1件
投稿者
よこ
撮影場所
鹿児島県
流行・人間社会

焼きエビをつくる風景-4

焼きエビをつくる風景-4

暮れの風物詩

干しあがった焼き海老はお雑煮の材料としてデパートや乾物屋さんの店先に並びます。この光景は小さい頃から見慣れた暮れの風物詩です。

この手作りされた焼き海老、とても高価ですが、このお店ではもうほとんど売れて残り少なくなっていました。
コメント:0件
投稿者
よこ
撮影場所
鹿児島県鹿児島市
流行・人間社会

焼きエビをつくる風景-3

焼きエビをつくる風景-3

天日に干す

炭火で焼いて終わりではありません。
焼きあがった海老をきれいに藁で編みこみ天日で1週間干します。
白い雲が流れて青空が見えてきて、カモメも飛んでくれました。

この藁の編み方も産地によって違うそうです。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
よこ
撮影場所
鹿児島県出水市
流行・人間社会

焼きエビをつくる風景-2

焼きエビをつくる風景-2

焼き具合を見る

パンを焼く釜のようなものに入れて炭火で焼きます。
お店のご主人が焼き具合を見て串をずらしたりします。

まだ実家にいる頃、暮れになるとニュースで出水の焼き海老つくりの様子が紹介されていました。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
よこ
撮影場所
鹿児島県出水市
流行・人間社会

焼きエビをつくる風景-1

焼きエビをつくる風景-1

串に刺す

鹿児島にはお雑煮に焼き海老を使う文化があります。
車えびはケタ打たせ漁と言う漁法で捕ります。
ケタ打たせ漁とは
不知火海で大きな白い帆を張った漁船を風まかせに流して、熊手のような鉄のついた「ケタ」で海底をかきだし、驚いた海老が飛び出したところを捕るという漁法なのだそうです。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
よこ
撮影場所
鹿児島県出水市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 1人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 よこさんの投稿