この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

ヘテロさんの投稿(新着順)

昆虫

ヤブキリ
Tettigonia orientalis

ヤブキリ

樹上性

キリギリスの仲間だけど、樹上性で肉食性が強く、セミなどをよく襲う。
写真は、捕らえたツマグロヨコバイを摂食しているヤブキリのオス。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

カマキリタマゴカツオブシムシ
Thaumaglossa rufocapillata Redtenbacher

カマキリタマゴカツオブシムシ

カマキリの天敵


カツオブシムシ科の甲虫は、家屋内の穀物、乾燥食品、衣類などを食害する害虫としてよく知られる。

しかし、本種の成虫は秋、野外のカマキリの卵嚢に産みつけられ、幼虫はカマキリの卵を食べて育つ、変わった生態をしている。。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

ヒメマルカツオブシムシ
Anthrenus verbasci

ヒメマルカツオブシムシ

大害虫

初夏の頃、庭先のマーガレットやハルジオンなど、キク科の花に集まっているのをよく見かける。
一見、カワイイ虫に見えるが、幼虫は冬の間、家屋内で動物乾燥標本、動物乾燥食品、毛織物などをむさぼり食う大害虫である。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

アカハネムシ
Pseudopyrochroa vestiflua

アカハネムシ

赤羽根虫

名前のとおり、上翅が赤い色をしている。軟鞘類といって、触ってみると体が柔らかい甲虫の仲間である。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
北海道層雲峡
昆虫

ツチイナゴ
Patanga japonica

ツチイナゴ

成虫越冬

イナゴと名前はついてるけど、体長が4?5cmもある大型のバッタです。
バッタの仲間では珍しく、成虫で越冬します。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

ショウリョウバッタモドキ
Gonista bicolor (de Haan

ショウリョウバッタモドキ

なかなかの忍者でござる

やや草丈のある草原に住むバッタ。ショウリョウバッタに似るが、より小型で脚も短い。チガヤなどのイネ科植物を好み、体を葉と平行にしてとまっている。身の危険を感じると、葉の裏側にコソコソと回りこむ。これは♂で、♀は♂より大きい。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

ヒシモンナガタマムシ
Agrilus discalis

ヒシモンナガタマムシ

三角関係

おいおい、君達、一度、関係を整理しなさい!
どうなってるの?

ヒシモンナガタマムシは、ナガタマムシの仲間では、個体数が多い種類。
平地?低山地に普通に見られる。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

シロコブゾウムシ
Episomus turritus

シロコブゾウムシ

擬死

クズ、ニセアカシアなどマメ科植物の葉上でよく見かけるゾウムシ。
刺激を受けると、静止位置から転がり落ちて、死んだふりをする。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県
昆虫

ヤマトセンブリ
Sialis yamatoensis

ヤマトセンブリ

希少種

春に成虫が出現する水生昆虫であるが、全国的にも生息地は限られる。
ヘビトンボの小型版といったところ、かな。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県伊賀市
昆虫

イワサキクサゼミ
Mogannia minuta

イワサキクサゼミ
沖縄本島以西の南西諸島に分布する日本最小のセミ。
春から夏の間、サトウキビ畑などの草地で「ジー、ジー」と鳴きます。

和名は、長年、石垣島測候所に勤務しながら、八重山の自然・文化を研究した岩崎卓爾氏(1937年・没)に献名されています。 
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島
昆虫

イワサキゼミ
Meimuna iwasakii

イワサキゼミ
八重山諸島にのみ棲息するツクツクボウシの仲間です。

和名・学名は、長年、石垣島測候所に勤務しながら、八重山の自然・文化を研究した岩崎卓爾氏(1937年・没)に献名されています。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島
昆虫

ニイニイゼミ
Platypleura kaempferi

ニイニイゼミ

抜け殻

ニイニイゼミの抜け殻(羽化殻)には、土が付着しているので、他のセミの抜け殻とすぐ区別できる。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 4人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ヘテロさんの投稿