この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

ヘテロさんの投稿(新着順)

昆虫

クロホシテントウゴミムシダマシ
Derispia maculipennis

クロホシテントウゴミムシダマシ

テントウムシに擬態?

倒木上に生えた苔などでよく見かけるゴミムシダマシ科の甲虫。
丸い体形や上翅の斑紋がテントウムシにソックリである。
近縁種に、ニセクロホシテントウゴミムシダマシというさらに長い和名のヤツもいる。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
貝類

アフリカマイマイ
Achatina fulica (Ferussac, 1821)

アフリカマイマイ

愛の交歓

名護市北西にある八重岳は、麓から山頂部までアフリカマイマイがやたらと多い。とにかく樹木やコンクリートの杭など沢山のアフリカマイマイが張り付いている。そして車道横の落葉のベッド上では愛の交歓までしていた。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県名護市
昆虫

ナガサキアゲハ
Papilio memnon

ナガサキアゲハ

白い衣装

ナガサキアゲハの♀は、南へ行くほど白くなり、特に沖縄に生息している個体は前翅までも白くなる。翅の付け根の赤紋と相まって、とってもお洒落である。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県名護市
昆虫

イシノミの一種
Machilidae spp.

イシノミの一種

森林に住むエビを連想した・・・

森の中で、落葉の上をソロリソロリと歩いていたイシノミを見つけた。体は鱗片に覆われ、腹端には長い尾がある。いかにも原始的な昆虫を思わせる姿だ。驚かせるとピョンと跳ねて、その場から姿を消してしまった。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

ムシクソハムシ
Chlamisus spilotus

ムシクソハムシ

ムシの糞

体長5mmくらいで、外観がムシの糞のように見える。ほんとに、そっくりですよ。
クリやクヌギの葉で、見つけることがでます。
(写真は交尾個体)
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

タイワンハムシ
Linaeidea formosana

タイワンハムシ

ヤンバルの森でも大発生・・・

今年、沖縄県各地で大発生している台湾原産のハムシ科甲虫であるタイワンハムシが、本島北部ヤンバルの原生林奥地でも大発生していて驚いた。ヤンバル原生林への生態的影響が懸念される虫です。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県国頭村
昆虫

ナナホシテントウ
Coccinella septempunctata

ナナホシテントウ

肉食性

テントウムシって「可愛いキャラクター」で通っていますが、こうやってアリマキをバリバリ捕食している実際の姿を見てみると、「可愛いキャラクター」に違和感を感じるのは、私だけでしょうか?
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県白山町
昆虫

コイチャコガネ
Adoretus tenuimaculatus

コイチャコガネ
体長1cmくらいで、茶色の体に白い短毛が生えているコガネムシ。クリやクヌギなどの楢類の葉によくいる。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県
昆虫

ヒモワタカイガラムシ
Takahashia japonica

ヒモワタカイガラムシ

卵嚢

多くのカイガラムシ類は、植物体に寄生し、変わった形の虫コブを造る種類が多い。これはヒモワタカイガラムシの卵嚢。白い紐状の卵嚢の中に、多数の幼虫がひしめいている
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

オオヒラタゴミムシ
Platynus magnus

オオヒラタゴミムシ

触角

「おいおい、触角だけは勘弁してくれよ。敏感なんだからね。」
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

ウバタマコメツキ
Cryptalaus berus

ウバタマコメツキ
体長が20?30mmと大型のコメツキムシで、平地のマツの倒木や枯れ木の樹皮を剥がすとよく見つかる。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

ヨツボシケシキスイ
Trichogramma papilionis

ヨツボシケシキスイ
樹液に集まる1cm程度の大きさの甲虫。
何処にでもいる普通種だけど、拡大してみると、大顎が発達していて、なかなかカッコイイ虫だ。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 3人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ヘテロさんの投稿