この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

ヘテロさんの投稿(新着順)

昆虫

ホタルガ
Pidorus atratus Butler, 1877.

ホタルガ

派手な色彩の幼虫


マダラガ科の幼虫は地味な色彩の幼虫もいるが、派手な色彩の幼虫も多い。このホタルガの幼虫も黄色と黒のコントラストがハッキリしていて、よく目立つ。
これだけ目立つと鳥などの天敵に見つかりやすいように思うが、たとえ食べられても大変に不味いのである。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
植物

ハルジオン
Erigeron philadelphicus

ハルジオン

コンクリートの隙間から・・・


ハルジオンといえば、北米原産の帰化植物で、春の身近な山野を彩る可憐なキク科商物である。
ある真冬の寒い日、街中を歩いていて、駐車場のコンクリートの割れ目に生えた株から咲いている花を見つけた。
さすがにまだ寒いのか、花茎は伸ばしていず、株元からちょこっと花の顔を覗かせている程度だった。

コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

オオゴマダラ
Idea leuconoe

オオゴマダラ

石垣市のチョウ

オオゴマダラは、石垣市の市のチョウに指定されている。
石垣市街から少し離れたところにあるバンナ公園内に蝶園がある。
蝶園ではオオゴマダラの食草であるホウライカガミが栽培され、オオゴマダラも多数飼育されている。

石垣市の街中を歩いていたら、歩道上に敷かれたタイルにオオゴマダラがいた。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島
昆虫

ムラサキシジミ
Narathura japonica

ムラサキシジミ

新芽で吸蜜?

イヌビワの新芽に口吻を伸ばして、何かを吸っているムラサキシジミ。イヌビワの新芽から蜜でも出ているのだろうか?よく判らない行動である。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

アオバアリガタハネカクシ
Paederus fuscipes (Curtis)

アオバアリガタハネカクシ

毒虫

主に草地や畑地などの地表面で生活しているが、夏の夜など、人家の灯火によく飛来する。
野外での農作業時や人家に進入した本種が、人の体表面に触れた時、手で払ったりして刺激するとペデリンという毒物質を分泌し、人体に皮膚炎や水泡などの炎症を起こす。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

マルキバネサルハムシ
Pagria ussuriensis Moseyko et Medvedev

マルキバネサルハムシ

小さなハムシ

クズやシロツメクサなどマメ科の植物によくいる普通のハムシだけど、小さいので、大きく写すのはちょいと面倒だ。

※従来、ヒメキバネサルハムシという和名で知られていたが、最近の研究では4種類に分けられたようだ。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

ジャコウアゲハ
Atrophaneura alcinous

ジャコウアゲハ

共食い

ジャコウアゲハの幼虫の食草はウマノスズクサである。ウマノスズクサは河川敷などに生えていることが多く、そういった場所ではジャコウアゲハの個体数もまた多い。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

ヒラタハナムグリ
Nipponovalgus angusticollis angusticollis

ヒラタハナムグリ

黒いゴマ粒のような・・・

春先から初夏にかけて、いろいろな花に集まる体長5mm程の小さなハナムグリ。花に集まるのは♂のみで、♀は発生木の朽木から離れないらしい。
画像はトベラの花に食事に来た♂個体。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
植物

スナヅル
Cassytha filiformis

スナヅル

寄生植物

海岸の砂浜を覆うようにラーメン状の茶色のツルが縦横無尽に伸び、グンバイヒルガオなどに覆いかぶさり寄生する。白い小さな玉状の花が咲き、実は小さなブドウのようだ。
外見の良く似た植物にヒルガオ科のネナシカズラがある。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島白保海岸
植物

ヒハツモドキ
Piper retrofractum

ヒハツモドキ

島胡椒

東南アジア原産のコショウ科のツル性植物。
沖縄では人家の庭で栽培され、実を香辛料として用いる。
八重山の石垣島では(ピーハチ)、竹富島では(ピーヤシ)と呼ばれ、
八重山ソバには欠かせない香辛料である。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島
植物

セイヨウタンポポ
T. officinale

セイヨウタンポポ

壁の花

ヨーロッパ原産の帰化植物で、その強い繁茂力で在来種タンポポの生存を脅かしている。このセイヨウタンポポは地面だけではあき足らず、コンクリートの壁面へも進出していた。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

ヒトスジシマカ
Stegomyia albopicta

ヒトスジシマカ

小さな吸血鬼

夏の間、雑木林でじっとしているとコイツが沢山やってきて、吸血される。小さいので刺されてもそんなに痛くないし、吸血後の腫れも大したことはない。しかし、知らない間に刺されているし、沢山寄ってくるので、とにかくウザい。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 5人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ヘテロさんの投稿