この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

ぴょんさんの投稿(新着順)

ほ乳類

イヌ
Canis lupus familiaris

イヌ

ホネまで愛して 2

干潟には、時々ホネが打ち上がる。
これはイヌの頭骨。
ネコに比べて随分長細い。

ホネに気付いたホソウミニナが寄ってきている。
彼らにとって、ホネはご馳走なのだ。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
千葉県富津市
ほ乳類

ネコ
Felis silvestris catus

ネコ

ホネまで愛して 1

干潟には、時々ホネが打ち上がる。
これはネコの頭骨。
下側が変色しているのは、今までそこが埋まっていたのかも知れない。
潮の干満で出てきたようだ。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
千葉県富津市
昆虫

ハサミツノカメムシ
Acanthosoma labiduroides Jakovlev

ハサミツノカメムシ

だって、女の子だもん♪

行き交う人で賑わう参道のお土産屋さん。
とある店の脇にあったゴールドクレストに、ハサミツノカメムシのメスがいた。
女性は店を見てまわるのが好きなのだ。
カメムシだって、それは同じ。
やっぱり気になるんだろう。

ちなみにオスは、お尻に立派な赤い角が二本生えている。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
山梨県身延町
流行・人間社会

神社

神社

世界の国からこんにちは

近所の神社に初詣に行ったら、賽銭箱の上に黒い衝立のようなものが乗っていた。
見てみると、英・中・韓で参拝の仕方が書かれている。
日本人でも時々分からなくなるから、ちょっと有難い。
普段は無人の小さな神社も、国際化の波が押し寄せてきているらしい。

(続きがあります)
コメント:8件
投稿者
ぴょん
撮影場所
千葉県
淡水・海水の魚類と水生生物

コウイカ
Sepia (Platysepia) esculenta

コウイカ

命をつなぐ

産卵という使命を果たし、力尽き、ひっそりと砂浜に打ち上げられていた。
海開き前の海岸で寛ぐ人々は、その存在さえも気づくことはない。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
千葉県富津市
淡水・海水の魚類と水生生物

ナマズ
Silurus asotus

ナマズ

君を離さない

魚の求愛は、とても情熱的。
一匹のメスをめぐり、複数のオスが猛烈にプロポーズ。
逃げるメスをひたすら追いかけて、アプローチをします。
そのうちの一匹だけが、ようやく受け入れてもらえます。

ナマズの場合、オスがメスに巻き付くように交尾をします。
まるでプロレスの締め技のようです。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
東京都調布市
流行・人間社会

廃ホテル

廃ホテル

ジャングル風呂

古い温泉街にある、廃ホテルの大浴場。
かつては目の前を流れる川を眺めながら、温泉を楽しめたことだろう。
今では草が生い茂り、野趣溢れる半露天風呂になっている。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
栃木県日光市
淡水・海水の魚類と水生生物

キアンコウ
Lophius litulon

キアンコウ

ほの暗い水の底から

アンコウと言ったら思い浮かぶのが、チョウチンアンコウ。
でも私達のお腹に入るのは、キアンコウ。
体型も、膨らんだ提灯ではなくぺったんこ。
砂に隠れたまま、トレードマークの擬似餌を使って狩をします。
そしてこの歯でがぶっ!

こんな顔してますが、コラーゲンもたっぷり。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
茨城県ひたちなか市
昆虫

ムラサキトビムシ
Hypogastrura communis

ムラサキトビムシ

花より団子

その名のとおり、小さい体で砂の上をぴょんぴょん飛び回り、なかなか撮れなかった生き物の一つ。
打ち上がったミズクラゲを食べるのに夢中だったおかげで、やっとゆっくり撮影出来た。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
千葉県富津市
淡水・海水の魚類と水生生物

ニジマス
Oncorhynchus mykiss

ニジマス

歯、大丈夫ですか

塩焼き定食を頼んだら、口の中に列をなして並んでいた歯に見とれてしまいました。
釣りをしない人間にとっては、口の中の構造の事までは分かりません。
このような状態になって、初めて分かったことでした。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
東京都奥多摩町
植物

コウボウシバ
Carex pumila Thunb. ex Murray

コウボウシバ

そっくりさん

コウボシウバとコウボウムギは、ぱっと見そっくり。
一年中花が咲いていてくれれば何の問題もないんだけど、そうニンゲンに都合よくしてくれないので、こっちとしては困る。
コウボウムギと違って雌雄同株で、茶色いふさふさが雄花、下のムギ状の緑のが雌花。
葉も細目な感じ。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
千葉県富津市
植物

コウボウムギ
Carex kobomugi

コウボウムギ

天と地と

モーターパラグライダーが飛び交う海岸。
空から見たら、さぞかし綺麗で気持ちいいだろう。
でも、地上は意外とばっちい。
漂着ゴミはもちろん、ゴミのポイ捨ても目立つ。
コウボウムギの雌株の足元には、タバコの吸殻が落ちていた。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
千葉県富津市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 9人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ぴょんさんの投稿