この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

たじまもりさんの投稿(新着順)

鳥類

トモエガモ
Anas formosa

トモエガモ

メスの識別ポイント

トモエガモを近くで観察した。オスの顔模様が名前の由来である。幾何学的な美しいデザイン。大きさはコガモと同じくらいの小型のカモだ。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

ツクシガモ
Tadorna tadorna

ツクシガモ

湛水田利用者

冬季湛水田が始まってから、飛来する野鳥が格段に増えた。以前なら珍の部類だったツクシガモも、その利用者である。

年末に飛来した3羽のツクシガモがコハクチョウと一緒に過ごしていた。見慣れない顔だなあと、野良ネコが横目で畦を通り過ぎてゆく。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
ほ乳類

ヌートリア
Myocastor coypus

ヌートリア

ヌートリアの交尾

ちょうど始めようとしたときにお邪魔したようで、バシャバシャと少し逃げて離れたあと、行為の続きを短い時間で終えた。長年この動物を見てきたが、交尾シーンは初めて観察したので新鮮だった。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

トラフズク
Asio otus

トラフズク

ネコ科か?

化けているつもりのトラフズク、ちょっと場所が悪すぎた。めざとい鳥見のおっちゃんに見つけられて、しばしモデルにさせられてしまった。

(続きがあります)
コメント:2件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

クイナ
Rallus aquaticus

クイナ

クイナの飛翔

謎の鳥クイナが、カモ観察中にふいに現れた。大雪の後で腹を減らしているらしい。

雪の上を歩いて、短い距離を羽ばたいて飛び移った。その瞬間にシャッターを切ったのだが、ご覧の通りのブレ・ボケである。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
クモ形類・多足類等

ヌサオニグモ
Araneus ejusmodi

ヌサオニグモ

交接

神社の幣(ぬさ)に腹模様を見立ててヌサオニグモである。

珍しく交接の場面に出会った。クモは交尾とは言わない。右の貧弱なのがオスである。メスの生殖器は腹部の前方にあって、オスは一旦外に出した精子を触肢と呼ばれる特殊器官で吸い上げ、それをメスの生殖器に入れて受精する。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
クモ形類・多足類等

コゲチャオニグモ
Neoscona punctigera

コゲチャオニグモ

晩夏の夜の主役

8月後半になり夜風が涼しくなる頃、夜のフィールドで一番の存在感を見せるクモがコゲチャオニグモである。場所にもよるだろうが、マイフィールドではコゲチャだらけといった風である。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
クモ形類・多足類等

ワキグロサツマノミダマシ
Neoscona mellotteei

ワキグロサツマノミダマシ

脇黒

名前の通りである。類似種サツマノミダマシの脇が黒い版。サツマノミダマシより普通に見られ、体も一回り大きい。


サツマノミ系を見たら、まず腹部の周囲が黒いかどうかで2種を識別してみよう。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
クモ形類・多足類等

サツマノミダマシ
Neoscona scylloides

サツマノミダマシ

薩摩の実騙し

薩摩の実というのはハゼノキの実の方言らしい。その実に似ていることからの命名。

美しい夏蜘蛛で昼間でも観察できるが、基本的に夜行性である。写真はカメムシを捕食しているところ。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
クモ形類・多足類等

ゲホウグモ
Poltys illepidus

ゲホウグモ

卵のう

サザンカの葉の裏に産みつけられたこの不思議な物体が、ゲホウグモの卵のうである。なんとかフラッペのてっぺんに小さな花火を散らしたような。

白い卵のうの上に被せるオレンジ色のベールは、なんのオマジナイなのだろう。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
クモ形類・多足類等

ゲホウグモ
Poltys illepidus

ゲホウグモ

髑髏

ゲホウグモの網については別に投稿してあるので、このクモの形体をここでは紹介する。

180度反転させてみると、腹模様が人面に見えるだろう。外法=髑髏(ドクロ)の由来である。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

コハクチョウ
Cygnus columbianus

コハクチョウ

越冬定着

コウノトリ放鳥事業が始まって5年が経過した。コウノトリのために準備された冬季湛水田は、コハクチョウの新たな越冬環境を創出し、とてもクリアにその効果を表してくれた。

5年目の越冬コハクチョウは6羽。薄氷の張った湛水田をゆっくり畦道から遠ざかって行った。水面と白鳥の冬の田んぼ風景は美しい。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 3人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 たじまもりさんの投稿