この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

たじまもりさんの投稿(新着順)

昆虫

アオマツムシ
Truljlia hibinonis

アオマツムシ

正体見たり

いつのまにか、秋の虫のメインボーカルを乗っ取った帰化種。「リーリーリーリー」と単調な大声は風情がない。

うるさいほど鳴きまくるバッタなのに、その姿を見つけるのはとても難しい。ようやく葉の上に見つけたアオマツムシは、かなりのコワモテだった。
コメント:2件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
クモ形類・多足類等

スズミグモ
Cyrtophora moluccensis

スズミグモ

ドームで暮らす

南方系のスズミグモが北への分布を広げている。巨大なドーム網を吊るして獲物を待つ。成熟したメスの赤い模様が美しい。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

コウノトリ
Ciconia boyciana

コウノトリ

稲刈りの頃

稲刈りの進む田んぼにコウノトリが降り立ち、この時期の彼らの主食はバッタに変わる。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

コチドリ
Charadrius dubius

コチドリ

誕生

コチドリはパイオニア。新しい工事現場ができると、好んでそこで繁殖する。

土砂の一時置場に小さな湿地が出来た。地面に作った簡素な巣から3羽のヒナが生まれ、すぐに自分で歩き出した。生後3日目のヒナは大人の親指ほどの大きさ。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
昆虫

ヤマトタマムシ
Chrysochroa fulgidissima

ヤマトタマムシ

タマムシ色の飛翔

エノキの樹冠あたりを、数匹のタマムシが飛び回っている。飛んでいるのはオスで、メスを探しているのらしい。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
昆虫

キアシナガバチ
Polistes rothneyi

キアシナガバチ

食われる自分が見える

玄関先の階段でキアシナガバチがカマキリの仔を狩っている場面に出会った。

ハチはまずカマキリの頭を切断し、相手の攻撃を封じた。それからゆっくりと腹を牙で割いてゆく。頭を失った仔カマキリはまだ身もだえしている。自分の体が食われてゆく様を、転がった頭から見えていたのかもしれない。
コメント:3件
投稿者
たじまもり
撮影場所
 ---
昆虫

キマダラルリツバメ
Spindasis takanonis

キマダラルリツバメ

2対の尾状突起が魅力

夕方5時半を過ぎて、キマダラルリツバメの占有行動が始まった。小さなシジミチョウがタニウツギのまわりを高速で飛び回る。

美しい翅裏模様と、なんといっても2対の尾状突起がこのチョウの魅力である。アリと共生することでも知られる。産地が限られる希少種。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県美方郡
植物

バイカモ
Ranunculus nipponicum

バイカモ

海辺の清流に咲く

高地の清流に見られるバイカモが、河口からわずか4kmの川に群生することで有名な田君川の保護区。

平野を殆ど持たない但馬海岸ならではの、山と海の連続性について実感できる場所のひとつである。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県美方郡新温泉町
植物

ユウスゲ
Hemerocallis thunbergii

ユウスゲ

夕陽の海を見て咲く

高原のニッコウキスゲは有名だが、同じ仲間で海辺に咲くのがユウスゲである。名の通り、夕刻になると開花する。

この写真を撮影したのは16時過ぎ。閉じていた花があちこちでポツポツ開きだした。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
京丹後市
鳥類

サンコウチョウ
Terpsiphone atrocaudata

サンコウチョウ

口の中までトロピカル

サンコウチョウはすっかり夏鳥のレギュラーメンバーとなった。10年ほど前にはとても珍しい鳥だったのに、今ではあちこちの森の中からホイ・ホイ・ホイの声が聞こえてくる。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

キビタキ
Ficedula narcissina

キビタキ

里山を代表する夏鳥

人里でもっともポピュラーな夏鳥がツバメなら、キビタキは里山の夏鳥代表である。注意して耳をすませば、もうどこからでも声が聞こえてくるほどだ。ピッコロ・ピッコロと聞こえる鳴き方や、ツクツクボウシに似たさえずり、多様な歌声の持ち主である。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県美方郡
昆虫

フタモンウバタマコメツキ
Cryptalaus larvatus

フタモンウバタマコメツキ

大型のコメツキ

体長3センチ近くある大きなコメツキがサッシの網戸に止まっていた。記念写真を撮ろうと庭のアジサイの葉の上に移動。コキコキと、コメツキのクリック感が指から伝わる。

上翅に左右対称の大きな黒斑、胸の左右にも小さな黒斑がある。地味な甲虫であるが、アップで迫るとなかなか魅力的だ。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
 ---

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 3人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 たじまもりさんの投稿