この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

たじまもりさんの投稿(新着順)

鳥類

ミサゴ
Pandion haliaetus

ミサゴ

川でサンマを採る

地元仲間で話題になった写真。円山川中流域にサンマがいた!?
ミサゴの採ったサンマは誰かが死体を川に投棄したものと話が落ち着いた。ミサゴは生きた魚しか食べないと思っていたそれまでの認識が覆った。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

ミサゴ
Pandion haliaetus

ミサゴ

バブリーリゾートを飛ぶ

湾内を見晴らす高層リゾートマンション。バブルがはじけて、完成直前に見捨てられたまま今も建っている。山と湾を行き来するミサゴが、ビルをかすめて今日も飛んでいる。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
京都府京丹後市
鳥類

キレンジャク
Bombycilla garrulus

キレンジャク

すずなり

海岸の防砂林にヒレンジャクとキレンジャクの混群を観察した。この写真はキレンジャクが殆どであるが、ヒレンジャクも少数混じっている。ヒレンジャクはすぐに移動していなくなってしまったが、キレンジャクは一ヶ月以上に渡って観察できた。チリリンと鈴を鳴らすような声が美しい魅惑的な渡り鳥だ。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
京都府京丹後市
鳥類

ハイイロチュウヒ
Circus cyaneus

ハイイロチュウヒ

後ろ姿であなたが分かる

冬の猛禽類の中でも希少種の一つであるハイイロチュウヒのオス。メスの目撃はたびたびあるが、オスの観察は何年かに一度といったものだ。
グレー基調の羽根が美しく、飛んだときの尾羽の付根(上尾筒)の白が識別ポイント。黄色い虹彩も魅力的なシックなタカ。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

ノスリ
Buteo buteo

ノスリ

撹乱の地で越す冬

前年10月20日の大洪水は、円山川河川敷の自然環境に大きな撹乱をもたらした。ヤナギやクルミの大木はことごとく根こそぎ流され、膨大なビニールゴミが枝に引っ掛かったままだ。地面は厚い泥で覆われ、河川敷で暮らすネズミやモグラは果たして生き延びたのだろうか。そんな荒野にも時々ノスリがや

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

キレンジャク
Bombycilla garrulus

キレンジャク

砂浜の水場

ニセアカシアやクロマツが植えられた防砂林の中にハイネズの群落がある。ハイネズの熟した黒い実が移動中のキレンジャクの餌となる。

ヒレンジャクの群れが目の前の枯れ枝に止まった。しばらく観察しているうちに、その根元にあったプラスチックの廃棄容器に一斉に下りた。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
京都府
鳥類

オオヨシキリ
Acrocephalus arundinaceus

オオヨシキリ

環境変化に敏感

夏鳥のオオヨシキリは円山川流域では普通種で、これが兵庫県版レッドデータブックBランク種という認識はまったく無かった。それが2005年のシーズンには極端に飛来数を減らした。前年10月に襲った台風水害で河川環境が大きく破壊され、オオヨシキリはそれに敏感に反応して別地に繁殖の場を求めたらしい。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

オオヨシキリ
Acrocephalus arundinaceus

オオヨシキリ

賑やかさ再び

この円山川堤外農地は特に台風洪水の被害が大きかった場所。重機が入り、整地され、1年以上をかけてようやく元の状況に戻りつつある。セイヨイウカラシナの一帯には、2年ぶりにオオヨシキリの賑やかな声があちこちから聞こえてきた。環境が戻れば、鳥も戻ってくる。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

ヤツガシラ
Upupa epops

ヤツガシラ

希少な旅鳥

かつては珍鳥扱いのヤツガシラも、毎春どこかで観察されるようになった。当地が彼らの移動ルート上にあるのは確かなようだ。ただし目撃数は極めて少ない。
この時は車の通行する簡易舗装の農道の脇を、餌を探しながらトコトコ歩いて移動していた。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

オオカラモズ
Lanius sphenocercus

オオカラモズ

チャイニーズなモズ

この冬、山陰地方の複数箇所でオオカラモズの観察報告があった。移動の群れが日本列島に流れ込んだのだろう。普通のモズにくらべ明らかに大きく、ご覧の通りのシックなグレー基調の鳥。警戒心はあまり強くなかった。11月から翌1月まで滞在したが、春を待たずに姿を消してしまった。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

ヤブサメ
Urosphena squameiceps

ヤブサメ

囀りが聞えますか?

ウグイス科の夏鳥。藪の中で「シシシシシ…」と非常に高周波で囀る。この声を「藪の雨」に見立ててヤブサメの名がついた。山に入れば声はよく聞くが、姿を見る機会は殆どない。初めて目の前で見たヤブサメは、10cmほどの尾の短いウグイスといった感じだった。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

ヤツガシラ
Upupa epops

ヤツガシラ

今やレギュラー

春先の海辺、昨年の目撃情報のあった場所を張っていたら、運よく観察する機会に恵まれた。コンクリートの舗道の上にいたところで目が合い、レンズを向けたらあっというまに飛んでしまった。

偶然撮れた珍しいアングル。後ピン&ブレ写真ではあるが、ヤツガシラの羽根模様がこれでよくわかる。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
京都府京丹後市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 11人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 たじまもりさんの投稿