この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

たじまもりさんの投稿(新着順)

昆虫

ミヤマクワガタ
Lucanus maculifemoratus

ミヤマクワガタ

朝の樹液バー

林道に沿ってシカの皮剥が目立つ。そんな1本に虫が寄っていて、スズメバチから離れたところにミヤマクワガタのペアを見つけた。

最初は交尾中かと思ってみていたが、どうやら重なったまま樹液を舐めているようだ。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
クモ形類・多足類等

ナガコガネグモ
Argiope bruennichi

ナガコガネグモ

夏蜘蛛の代表格

夏の蜘蛛といえばコガネグモだと思っていたが、このところ、ナガコガネグモの方が優勢になってきたように思える。これもまた、温暖化による環境変化だろうか。

不快指数満開の午後のため池、ニイニイゼミの体液をゆっくり吸っているナガコガネグモに出会った。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
昆虫

アブラゼミ
Graptopsaltria nigrofuscata

アブラゼミ

誕生

真夜中の1時、地中での長い生活を終えたアブラゼミが、地上での短い最後の時間を始めた。アマガエルの子供が、珍しそうに白いアブラゼミを見上げていた。
コメント:2件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

マミジロ
Turdus sibiricus

マミジロ

キョロン・チー

山域の最深部で特徴的な囀りを近くで聞いた。声を頼りに、主をようやく見つけた。ツグミ科のマミジロは漢字で書くと眉白。そのままの姿をした分かりやすい鳥である。

なかなかお目にかかれない鳥で、私自身7年ぶり2度目の観察であった。
コメント:2件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県養父市
両生類・爬虫類

モリアオガエル
Rhacophorus arboreus

モリアオガエル

森の池は賑やか

ガスの掛かった朝の森では、夜行性のモリアオガエルの産卵が続いていた。

一匹のメスに複数のオスが群がって命のリレー。卵のうの下ではアカハライモリがご馳走を待っている。
コメント:3件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県養父市
淡水・海水の魚類と水生生物

トビウオ
Cypselurus agoo agoo

トビウオ

最後の飛翔

沖でミサゴが捕まえたのはトビウオだった。観察状況から察して、海上を滑空中のところを上から掴まれたようだ。

(続きがあります)
コメント:2件
投稿者
たじまもり
撮影場所
京丹後市
鳥類

オジロワシ
Haliaeetus albicilla

オジロワシ

死んだサケを喰った

オジロワシ幼鳥が円山川水系に越冬飛来した。支流の出石川流域で3週間ほど滞在したが、運よく捕食場面を観察できた。

川底から引き上げたのはサケの死骸。このあたりは日本海から溯上するサケの産卵場所になっているが、死骸ながら実際にサケを目撃すると認識も新たになる。

(続きがあります)
コメント:2件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

オオタカ
Accipiter gentilis

オオタカ

横取り

雪の河川敷でオオタカがキジ♂を狩った。ヨシの陰で美味しいところを平らげて飛び去ると、遠巻きに狙っていたトビが残り物にありついた。

ほどなく経って、オオタカが再び自分の獲物に付いた。トビにあらから食い尽くされたキジの残りをオオタカがしゃぶりつくす。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

ハヤブサ
Falco peregrinus

ハヤブサ

少ないツグミを喰う

この冬は鳥がいない。特にツグミ科の鳥がいないのが特徴的で、ツグミ、シロハラをはじめ、庭先のジョウビタキですらめったに見ない状況だった。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

サンカノゴイ
Botaurus stellaris

サンカノゴイ

爬虫類の動き

円山川河川敷のヨシ原が雪で覆われると、今年もサンカノゴイがノソノソ歩く姿が目撃された。昨シーズン初めて観察したユニークなサギだが、以前から越冬していたのに気付かなかっただけだろうか。
コメント:2件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

コハクチョウ
Cygnus columbianus

コハクチョウ

子どもと湛水田と

コハクチョウの季節になった。今年も少数が当地で越冬している。

冬季湛水田とコハクチョウの風景に、子どもたちの歓声がわく。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
昆虫

ショウリョウバッタ
Acrida cinerea

ショウリョウバッタ

やあ!

稲刈りの進む田んぼ道を行けば、キチキチバッタが飛んできてフロントガラスに止まった。この大型バッタは子どもの頃からの遊び相手だ。長い足を持つとコメツキバッタになる。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
京都府京丹後市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 3人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 たじまもりさんの投稿