この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

さかまささんの投稿(新着順)

自然環境

漂着物

漂着物

テレビは浮かぶ

日本海に面したこの海岸には様々なものが漂着する。
このテレビもどこからか流れ着いて半分以上砂に埋もれている。
この日は、同型のテレビがほかにも数個流れ着いていたので、
何者かが意図的に海洋投棄をしたもののように思える。

ネームプレートを見ると中国製だが、南米コロンビアの電機メーカの物のようだった。
コメント:0件
投稿者
さかまさ
撮影場所
福岡県三里松原
流行・人間社会

かかし

かかし

鳥より人間の方が驚く

カット練習用のマネキンだろうか。
竹竿に頭の部分だけが乗っかっている。
鳥たちに対する効果の程は不明だが、人間に対してはかなりのインパクトを与える。
特に、夜中にこんな物を見たときは泣きそうになるくらいだ。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
さかまさ
撮影場所
福岡県遠賀郡
鳥類

アオサギ
Ardea cinerea

アオサギ

安全地帯

護岸工事された水路のような川。
そこに注ぎ込む排水溝がこのアオサギのお気に入りの場所。
ここなら、すぐ上を通る人間からは気づかれずに安心して
獲物へ集中できる。
コメント:2件
投稿者
さかまさ
撮影場所
福岡県北九州市八幡西区
淡水・海水の魚類と水生生物

ムツゴロウ

ムツゴロウ

以外と安価?

有明海のシンボル・ムツゴロウもごく普通に漁業の対象。一匹一匹ひっかけて獲るにもかかわらず、以外に安価・・・。一度焼いたのを煮ているようで、元の姿の判別はつかず、味はほろ苦。本来の味がどんなのか今ひとつわかりませんでした。
コメント:0件
投稿者
さかまさ
撮影場所
佐賀県 道の駅・鹿島
菌類

ウスキキヌガサタケ

ウスキキヌガサタケ

黄色いシャトルコック

バトミントンのシャトルコックのようなキヌガサタケ。
その中でも黄色いのがウスキキヌガサタケ。
早朝伸び始めて、昼前には崩れてしまうので、
綺麗な姿を見るには朝のうちに探しに行かなければなりません。
登山道の脇を固めている丸太から生えていました。
コメント:0件
投稿者
さかまさ
撮影場所
福岡県
植物

スダジイ

スダジイ

食べられるドングリ

シイといえば、ブナ科シイノキ属の総称。日本ではスダジイとツブラジイがあり、マテバシイ属のマテバシイを含めて食べられるドングリとして知られている。フライパンで軽く炒ればなかなか美味しいものであるが、地域によっては写真のようにギンナンと一緒に露店で売られていることもある。ただ、冷め

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
さかまさ
撮影場所
福岡県
流行・人間社会

稲荷ようかん

稲荷ようかん

ダイナマイト?

佐賀県祐徳稲荷土産の稲荷ようかん。
竹筒に入った水ようかんはよく見かけますが、普通のようかんはあまりないのではないでしょうか?

フタを外し、底から指で押し上げて適当な長さで、縁に取り付けられた糸を一巻きして切り取ります。
筒が長すぎて指では最後まで押し出せないのが残念です。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
さかまさ
撮影場所
佐賀県
流行・人間社会

お土産カレー

お土産カレー

具材で勝負

最近、レトルトや缶詰のご当地カレーがお土産として目に付くようになってきたように思う。特に北海道のは具材が個性的でトドにエゾシカ、熊とバラエティーにも富んでおり、今、流行っている札幌発祥のスープカレーよりもお土産的価値は高い。それにしても、ジンギスカンカレーというのは、いったい・

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
さかまさ
撮影場所
北海道 道の駅「望羊中山」
甲殻類等

カブトエビ

カブトエビ

近所の生きた化石

田植えが終わった頃、どこからともなく現れるカブトエビ。
太古の姿を残している生きた化石とも言われているが、雑誌の付録や飼育セットなどで入手することもできる。
コメント:0件
投稿者
さかまさ
撮影場所
福岡県芦屋町
植物

ツクシ
Equisetum arvense

ツクシ

スギナの胞子茎

春になると川の土手やあぜ道などに顔を出すツクシ。
ほろ苦い味は春が来たことを実感させてくれます。
ツクシ好きの友人は自分の家でツクシの収穫ができるように、庭に胞子をまいたそうですが、スギナばかりがはびこって肝心のツクシは生えてこなかったそうです。
コメント:0件
投稿者
さかまさ
撮影場所
福岡県遠賀郡
植物

ハマユウ
Crinum asiaticum var. japonica

ハマユウ

九州の自生北限

福岡県芦屋町の夏井ヶ浜は九州におけるハマユウの自生地の北限です。7月下旬から8月上旬にかけて開花します。この周辺には他には何もないので、開花シーズンになってもそれほど大勢の見物客は来ないところです。
コメント:0件
投稿者
さかまさ
撮影場所
福岡県遠賀郡

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 2人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 さかまささんの投稿