この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

gakuさんの投稿(新着順)

ほ乳類

アカネズミ
Apodemus speciosus

アカネズミ

アカネズミもこんなに細い蔓を登れるのだった

山中には、ノネズミの仲間がたくさんいるから撮影も楽しい。
アカネズミが、こんなに細い蔓をすいすい登っているのには一つの発見だった。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
中央アルプス山中
ほ乳類

ヒメネズミ
Apodemus argenteus

ヒメネズミ

巣穴から顔を出すヒメネズミ

林床に小さな穴を見つけたので、観察していたらヒメネズミが顔を出してきた。
左耳をよく見れば先端が欠けていた。これは仲間内での喧嘩によるキズだろう。ノネズミには、このような個体がよくみられる。

コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
中央アルプス山中
ほ乳類

ジネズミ
Crocidura dsinezumi

ジネズミ

ジネズミ

はじめて出会ったときは、いったい何?って思ったけれど。
こういうモグラの仲間がいるものだ、と納得。
モグラ、ヒミズ、ジネズミ…土中ではそれぞれに適応対応した生物の多様性に改めて感動した。
丁寧に観察すれば、出会いも可能なのにも気づいた。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
中央アルプス山麓
ほ乳類

ヒミズ
Urotrichus talpoides

ヒミズ

ヒミズの目と鼻

ヒミズの撮影は難しいと思ったので挑戦してみた。
どこが難しいといえば、小さな目を表現することだった。
その目を表現するにはロボットカメラが有効だった。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
中央アルプス山中
鳥類

ヤマドリ
Syrmaticus soemmerringii

ヤマドリ

森林化でどこにも普通種

近年の森林化は、ヤマドリにとってはとても棲みやすい環境となっている。
ちょっとした森や林には、必ずいるのだけれど、ヤブ化で見にくいところもあるからヤマドリの存在に気づかないことも多い。
秋の今の時期、山中では低くそっと「ホロ」を打つから、姿が見えなくても存在確認はできる。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
中央アルプス山麓
ほ乳類

ムササビ
Petaurista leucogenys

ムササビ

あと少しの余命…

ムササビがある工場敷地内の手を伸ばせば触れるほどの木の股で寝ていた。
脚も左目も不自由なようすで、かなり衰弱していた。
今年の春に生まれた若い個体だったが、空中滑空の失敗で事故ってしまったのかもしれない。
野生の生命には福祉も病院もないので、このように事故ればすぐに淘汰しかないのが現実、だ。
コメント:2件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県中央アルプス山麓
ほ乳類

ツキノワグマ
Ursus thibetanus

ツキノワグマ

ツメを大切にする

ツキノワグマの最大の武器は牙と爪。
なかでも、爪は武器でもあり生活道具でもある。
このため、爪はカミソリのように鋭くいつも磨かれている。それ故に、ふだん行動するときは「爪」を大切に保護しながら歩く。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県中央アルプス山中
ほ乳類

ニホンノウサギ
Lepus brachyurus

ニホンノウサギ

ノウサギ復活

長野県中央アルプス山麓では、1985年くらいからノウサギが極端にいなくなった。
以来、絶滅してしまったのではないかと思うくらい、足跡すらも目撃できなかった。

それが、2〜3年前から雪上に足跡がちらほら見られるものの、定着が危ぶまれた。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県中央アルプス山麓
鳥類

ガビチョウの営巣環境
Garrulax canorus

ガビチョウの営巣環境

スズタケ(?)林の中にひっそりと巣

ガビチョウの地上巣が発見されて、驚いた。
この巣は、竹藪にあったので、どちらが営巣環境としてはガビチョウの好みだろうか?
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
山梨県甲府市下向山町
流行・人間社会

東京

東京

光と陰

誘うものと、萎えるもの。

コメント:2件
投稿者
gaku
撮影場所
新宿歌舞伎町
流行・人間社会

宅急便

宅急便

クロネコの正体ここにあり…

荷物があるまで、寝ていよう、っと。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
沖縄県金武町
流行・人間社会

火の用心

火の用心

どんなに水があっても火の用心

海岸線に真面目に立つ「火の用心」幟に、ここでもし火がでたらどうなるんだろうか、とすごく考え込んでみた。
たぶん、すぐに消えるんではないか、、、

コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
沖縄県名護市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 5人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 gakuさんの投稿