この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

植物

【五感で観察する WEB自然図鑑】:投稿図鑑 -
植物

オドリコソウ
Lamium album var. barbatum

オドリコソウ

見てはいけないもの

可憐に咲くオドリコソウの顔を見てみようと、マクロで下から覗いてみた。




け、毛深い......。

見てはいけないものとは、こういうことを言うんだな。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
東京都調布市
植物

ゴマ
Sesamum indicum

ゴマ

思いを込めて

ゴマは、日本では殆んどが輸入されているそうだ
だったら、地元で作ってみようと始まったようである
コメント:0件
投稿者
北割
撮影場所
駒ヶ根市
植物

アケボノソウ
Swertia bimaculata

アケボノソウ

林道に曙のごとく

薄暗い林道を歩いていくとこの花の周りだけモワ〜ッと輝いていました。名前のごとく曙を連想させてくれます。
コメント:0件
投稿者
北割
撮影場所
愛知県北設楽郡
植物

ヤマユリ
Lilium auratum

ヤマユリ

かつて欧州を席巻した東洋のユリ

高尾山周辺に自生しているヤマユリは、八王子市の市の花でもある。毎年7月になると、大輪を咲かせ、周辺に強い芳香を放つ。

国内では、東北から関西に分布。

(続きがあります)
コメント:2件
投稿者
オーロラ
撮影場所
東京都八王子市
植物

ハンノキ林
Alnus japonica

ハンノキ林

平地の湿地林

ハンノキ林は、平地や丘陵地の湿地林によく発達する。そしてミドリシジミやハンノキハムシなど、ハンノキ食いの昆虫達の棲家でもある。
しかし、平地や丘陵地の湿地林は開発が容易で、宅地造成やゴルフ場開発などで真っ先に消えていく運命にある。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県
植物

ヤツデ
Fatsia japonica

ヤツデ

花芽

初冬に花が咲くヤツデの花芽です。
一見、食べれそうだけど、調べてみたらヤツデの葉には、ヤツデサポニンという物質が含まれ、昔は蛆用の殺虫剤として使われていたそうだから、ダメですね、食べるの。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
植物

ツバキ
Camellia japonica

ツバキ

侘助

ツバキはモノトーンの冬を彩る花として、日本では古くは室町時代より栽培、鑑賞され、江戸時代には多くの品種が誕生した。
侘助椿は、太郎冠者という品種から作られた椿で、花は小振りで猪口(ラッパ型)咲きで、葯が退化している。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
植物

クワズイモ
Alocasia odora

クワズイモ

有毒

沖縄では、森林の林床部や人里でも日影地などではごく普通に見られる植物。その大きな葉が特徴的でよく目立つ。
茎が芋状となり、食べられそうであるが、植物中にシュウ酸カルシウムが含まれ、出汁に触れると痒くなり、もちろん食べられない。
クワズイモとはよく言ったものである。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島
植物

ギンリョウソウ
Monotropastrum humile

ギンリョウソウ

幽霊のような植物

暗い林床で白い花を咲かせるギンリョウソウ
透明感のあるその白さはこの世の物ではないような不気味さを持っている。
コメント:0件
投稿者
さかまさ
撮影場所
福岡県
植物

ブルーベリー
Vaccinium corymbosum

ブルーベリー

栽培で美味しく品種改良

近年はブルーベリーがほんとうにたくさん栽培されるようになってきた。
聞けばいろんな品種もあり、なかなかに改良が進んでいるようだ。
大型で美味しい完熟の実の撮影を農家から依頼されたので、ちょっと楽しみながら写してみた。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県伊那谷
植物

ヘベズ

ヘベズ

まろやかな幻の柑橘酢

宮崎県は日向市周辺で生産されているヘベズ。
聞き慣れない名前だが、江戸時代末期に「平兵衛」さんが庭で育てていた柑橘酢を地域の人たちが細々と守ってきたそうだ。
日向市の知人から贈られたが、粒が大きくて風味もよく、ほんとうにすばらしい柑橘酢だった。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県駒ヶ根市
植物

ハリギリ
Kalopanax pictus (Thunb.) Nakai

ハリギリ

針で武装中

若芽は山菜として珍重されることもあるが、幼木ほど針が多いのには閉口する。
幹にも葉にも、トゲだらけ。
このトゲを敬遠するのか、ニホンジカも食べてなかった。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県美ヶ原高原

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 14人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[植物]