この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら
すべての投稿 > 淡水・海水の魚類と水生生物

淡水・海水の魚類と水生生物

【五感で観察する WEB自然図鑑】:投稿図鑑 -
淡水・海水の魚類と水生生物

ホウボウ
Chelidonichthys spinosus

ホウボウ

鮮やかな胸鰭…

真鶴港の海洋レストランの水槽にホウボウが泳いでいた。
けっこう元気で、あっちにいったりこっちに来たり。
水中でも使えるカメラを持っていたので、ボチャンと水にいれて撮影。
胸鰭の美しさは、いったい誰に見せるためにあるのだろう、か?
それにしても、美しい。造化の神は、不思議なことをするものだ。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
神奈川県真鶴港
淡水・海水の魚類と水生生物

ブルーギル
Lepomis macrochirus

ブルーギル
定置網にかかったブルーギルも、資源活用にまわされていた。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
滋賀県琵琶湖
淡水・海水の魚類と水生生物

イナダ
Seriola quinqueradiata

イナダ

コアジをくわえたイナダ

イナダは、ブリになるまでの途中名。
福井県の敦賀市の市場でみかけたイナダは、小さなアジをくわえていた。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
福井県敦賀市
淡水・海水の魚類と水生生物

アオブダイ
Scarus ovifrons

アオブダイ

イラブチャー

ブルーバケットに入っていて判りづらいが、ほんとうに青い青い魚。おでこが出ているが、雌雄に関係なく大型個体はこうなる。
沖縄ではスーパーなどでよく売っている。
刺身は、白身であっさりとしていて好みである。

石垣島の魚市場にて撮影。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島
淡水・海水の魚類と水生生物

ヒイラギ
Leiognathus nuchalis

ヒイラギ

手ごわい獲物

湾内のカワウがくわえていたのはヒイラギという魚。すぐに飲み込むものと思ってみていたが、なかなかそれをしない。くわえ直したり、すでに弱っている魚をいったん海に落としてから拾いなおしたり。飲み込み体制に入っては、躊躇を繰り返していた。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
京丹後市
淡水・海水の魚類と水生生物

ハリセンボン
Diodon holocanthus

ハリセンボン

回遊の果て

ハリセンボンは死滅回遊と呼ばれる一方通行の回遊を行う。南の海に生まれ、夏の間に北に向かったハリセンボンは、故郷に帰ることなく厳冬の日本海で果てる。死骸が累々と打ちあがった海岸は、彼らの墓場としてはあまりに殺伐としたものだった。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
京都府京丹後市
淡水・海水の魚類と水生生物

ナマズ
Silurus asotus

ナマズ

君を離さない

魚の求愛は、とても情熱的。
一匹のメスをめぐり、複数のオスが猛烈にプロポーズ。
逃げるメスをひたすら追いかけて、アプローチをします。
そのうちの一匹だけが、ようやく受け入れてもらえます。

ナマズの場合、オスがメスに巻き付くように交尾をします。
まるでプロレスの締め技のようです。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
東京都調布市
淡水・海水の魚類と水生生物

トクビレ
Podotbecus sacbi

トクビレ

超美味なハッカク

ハッカクという魚は、正面からみると八角形をしているところからついた地方名のようだ。
正式にはトクビレというらしいが、これまでボクはずっと「ハッカク」が和名だと思っていた。
水揚げ量が少なく貴重品らしいが、小樽港で挑戦していればなんとか出会えると思う。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
北海道小樽市
淡水・海水の魚類と水生生物

マダラ
Gadus macrocep halus Tilesius

マダラ

棒鱈(納屋掛け)

稚内近海で獲れるマダラの納屋掛けが厳冬期の風物詩となっている。年々漁獲量は減少しているらしいが、1本5000円から10000円となかなか高値。これは地元の人の口には入らず主に関西方面に出荷される。高級京料理「芋棒」は京野菜の海老芋と棒鱈との言わばコラボレーション。北の寒風で数ヶ

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道稚内市
淡水・海水の魚類と水生生物

スケトウダラ
Theragra chalcogramma

スケトウダラ

道の駅で売られていたスケトウダラ

日本海側は山口県以北、太平洋側は宮城県以北?オホーツク海、ベーリング海、北太平洋に生息しています。
一般にはスケソウダラの俗名で呼ばれることが多いですが、正式名は「スケトウダラ」。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
はちべえ
撮影場所
北海道羅臼町
淡水・海水の魚類と水生生物

マダラ
Gadus macrocep halus Tilesius

マダラ

棒鱈の生産

国内に流通する棒タラは約9割が稚内市内の5社で生産。
今年は原料が少ないと言われていたが、マダラの質がよく例年以上にいい出来だそうです。
天日干しで旨みを膨らます作業も終盤に入りました。

やっぱり地元民も京都の海老芋を手に入れて、高級料理「芋棒」を食べてみたいです。
コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道 稚内市
淡水・海水の魚類と水生生物

タラの仲間
Gadus sp

タラの仲間

ポルトガル

フランスでもポピュラーな干し鱈はポルトガルでは国民的料理である。
世界の海を制覇していたポルトガル船にとって、重要な保存食であった。
今でも家庭料理として受け継がれており、干し鱈を使ったレシピが幾つもある。

原料はタイセイヨウダラ
Gadus
morrhua
かと思われる。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
パリ市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 3人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[淡水・海水の魚類と水生生物]