この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら
すべての投稿 > 淡水・海水の魚類と水生生物

淡水・海水の魚類と水生生物

【五感で観察する WEB自然図鑑】:投稿図鑑 -
淡水・海水の魚類と水生生物

メダカ
Oryzias latipes

メダカ

メダカの配偶行動

小学校の理科の教科書には、背びれに切れ込みがあって、尻びれが平行四辺形なのがオス、と書かれている。でも、そんなのはすぐに忘れてしまう。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
TAKI
撮影場所
フロッピーケース内
淡水・海水の魚類と水生生物

メダカ
Oryzias latipes

メダカ

メダカの卵

小田原メダカ、誕生直前の様子。
卵の中では心臓が最も早く作られていくのに対して、目が完成するのはかなり後のほうだ。
それだけ複雑な作りをしているのだろう。
条件にもよるが、目が銀色に輝くようになると2日目ぐらいに誕生する。
コメント:0件
投稿者
TAKI
撮影場所
神奈川県小田原市
淡水・海水の魚類と水生生物

ムツゴロウ

ムツゴロウ

以外と安価?

有明海のシンボル・ムツゴロウもごく普通に漁業の対象。一匹一匹ひっかけて獲るにもかかわらず、以外に安価・・・。一度焼いたのを煮ているようで、元の姿の判別はつかず、味はほろ苦。本来の味がどんなのか今ひとつわかりませんでした。
コメント:0件
投稿者
さかまさ
撮影場所
佐賀県 道の駅・鹿島
淡水・海水の魚類と水生生物

ミズウオ

ミズウオ

ミズウオと胃内容

ミズウオは深場の魚ですが、
沖出しの風が吹くと湧昇流にのって
浅場にもやってきます。

悪食なので人工物を食べている事も多いですが、
この時は沖合いのフグなどを食べていました。
コメント:0件
投稿者
masa
撮影場所
神奈川県横須賀市
淡水・海水の魚類と水生生物

マンボウ
Mola mola

マンボウ

マンボウの串焼き

三重県紀伊長島町の道の駅で売られていた「マンボウ串焼き」です。
一番先端は、串焼きに最も適しているマンボウの腸、それ以外はマンボウの身、私が食べたのは塩コショウで味付けされたもの。一串300円!
味は焼き鳥(塩)のような感じで、とても美味!
紀伊長島町の道の駅の屋台で売られています。
コメント:0件
投稿者
はちべえ
撮影場所
三重県 紀伊長島町
淡水・海水の魚類と水生生物

マンボウ
Mola mola

マンボウ

マンボウ串焼き

三重県紀伊長島町の道の駅で売られていた「マンボウ串焼き」の看板です。

マンボウの仲間は確認されているもので5種類とされています。
マンボウ科マンボウ属の「マンボウ」「ゴウシュウマンボウ」。
マンボウ科ヤリマンボウ属の「ヤリマンボウ」「トンガリヤリマンボウ」。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
はちべえ
撮影場所
三重県 紀伊長島町
淡水・海水の魚類と水生生物

クロマグロ
Thunnus thynnus

クロマグロ

タイトルは「寒椿」

「峡泉」という割烹料理旅館の料理を毎月写真に撮っているが、
クロマグロを欠かさない板さんの腕に感服。
2月のお題は、「寒椿」。
クロマグロ、カンパチ、モンゴウイカが、寒中を見事に表現。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県天竜峡
淡水・海水の魚類と水生生物

ボラ
Mugil cephalus cephalus

ボラ

ウロコが白化して壊死…

体長15cmほどのボラの群れが随所にみられた。
それらの群れを見ていると、ウロコが白くなって壊死しているものがたくさんいた。
水質がかなり悪いためではないかと思われる現象だったが、全くニュースにもならなかった。
それは、おびただしい数のボラだったのに、

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
愛知県三河湾
淡水・海水の魚類と水生生物

ボラ
Mugil sp

ボラ

カラスミ

ボラのタマゴを塩に漬け、乾燥させて蝋で包んだもの。
地中海地方で古くから生産されていた。発祥は、例によって「食い倒れ民族」古代ローマ人だという。アジアでは台湾が名産地である。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
パリ市
淡水・海水の魚類と水生生物

ホッケ
Pleurogrammus azonus Jordan et Metz

ホッケ

ホッケの干物

ホッケの干物が人気がいいそうな。以前なら見向きもされないはず。
時に高級魚となる。漁獲が減少なのか漁師が居なくなったのか。
味は縞があると旨いとか。料理方法は七輪に限る。ポイントは皮からしっかり焼き、次いで身側を焼く。
コメント:0件
投稿者
ぶんぶく探検隊
撮影場所
滋賀県
淡水・海水の魚類と水生生物

ホッケ
Pleurogrammus azonus

ホッケ

食欲の春

港で釣ったこのホッケは、体長が約25cmで、胃からはマハゼ1匹とシャコの尻尾、ハゼ系の小魚(稚魚?)1匹が出てきた。図鑑から推定すると、このホッケは、おそらくハルボッケと呼ばれる1歳魚に相当すると思われる。3月ごろから釣れ始め、港は釣り人で賑わう。
コメント:0件
投稿者
selchie
撮影場所
北海道
淡水・海水の魚類と水生生物

ホウボウ
Chelidonichthys spinosus

ホウボウ
ヒラメの外道として釣れたホウボウは睨みをきかして恐いくらい。
ところがお刺身・お煮付け・お味噌汁ともに美味しい。
美しいエメラルドグリーンに鮮やかな青の斑点と縁取りをした胸びれの下にある遊離棘条で、海底を探り回りながら餌を捉えるのだそうだ。
コメント:0件
投稿者
よこ
撮影場所
千葉県

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 2人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[淡水・海水の魚類と水生生物]