この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら
すべての投稿 > 淡水・海水の魚類と水生生物

淡水・海水の魚類と水生生物

【五感で観察する WEB自然図鑑】:投稿図鑑 -
淡水・海水の魚類と水生生物

ニジマス
Oncorhynchus mykiss

ニジマス

歯、大丈夫ですか

塩焼き定食を頼んだら、口の中に列をなして並んでいた歯に見とれてしまいました。
釣りをしない人間にとっては、口の中の構造の事までは分かりません。
このような状態になって、初めて分かったことでした。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
東京都奥多摩町
淡水・海水の魚類と水生生物

サケ
Oncorhynchus keta

サケ

Game Fishing

田舎における一部の年寄りたちの楽しみ。
ギャング針を投げれば、面白いように掛かる。
この感覚を一度味わったら簡単にはやめられない。
コメント:0件
投稿者
ミサ郎
撮影場所
茨城県常陸大宮町
淡水・海水の魚類と水生生物

サケ

サケ

眼は口ほどに物を言う

娯楽で釣り上げられたサケたち。
無言だが何かを訴えようしているかに・・私には見えた。
コメント:0件
投稿者
ミサ郎
撮影場所
茨城県常陸大宮町
淡水・海水の魚類と水生生物

ヒメタロウ
Oncorhynchus nerka Walbaum

ヒメタロウ

ヒメマスとニジマスのハーフ

十和田湖の旅館に泊まったら「ヒメタロウ」の刺身がでた。
聞けば、ヒメマスとニジマスとのハーフだ、そうだ。
ヒメマスは「ベニザケ」の陸封型なので、肉身が赤いのは理解できたが、それにしても「ヒメタロウ」のこれは毒々しい赤さ。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
青森県十和田湖
淡水・海水の魚類と水生生物

イワナ
Salvelinus leucomaenis

イワナ

刺身でどうぞ!!

いきつけの居酒屋で、イワナの刺身がでた。
もちろん、養殖イワナだが、一切れだけ食べた。
やわらかくてまったりとした味で、美味しかった。
だが、これらの刺身だけは、ボクはあまり好まない。
寄生虫を心配しているからである。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県
淡水・海水の魚類と水生生物

ヤコウチュウ
Noctiluca scintillans

ヤコウチュウ

海のナイト・ブルー

いつもの年なら4月後半に見られる夜光虫。春の天候不順の影響か、今年は見られなかった。梅雨に入り、7月の声が聞こえる時期になって、突如として夜光虫が現れた。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
淡水・海水の魚類と水生生物

宗谷のタコ漁

宗谷のタコ漁

タコ箱

この箱はタコ漁に使うものです。タコは穴に入りたがる習性を利用して作られたもののようです。この中に小さな板に針が4本ついていて、針の懐にはタコの餌になる魚がつけられています。錘には石、長い綱もつけられています。綱の長さは海の深さに合わせて調節できるようになっています。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道 稚内市
淡水・海水の魚類と水生生物

バチ

バチ

イソメ類の生殖器

波の静かな英虞湾の入り江で、ミズスマシのように水面を走り回る妙な生き物を見つけた。時間は深夜、満月の大潮・満潮。
釣師にはお馴染みなのだろうが、これがバチ抜けなのだそうだ。
ゴカイやイソメの仲間は成熟してくると、身体の前方1/3がちぎれ、精子や卵子を満載して海面を泳ぎだす。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
TAKI
撮影場所
三重県英虞湾

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 6人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[淡水・海水の魚類と水生生物]