この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

貝類

【五感で観察する WEB自然図鑑】:投稿図鑑 -
貝類

ヒメリンゴマイマイ
Helix aspersa

ヒメリンゴマイマイ

エスカルゴ

別名、プチグリと呼ばれる食用のカタツムリだが、食べられる前に踏み潰されてしまった。
とは言え、今やフランスでもエスカルゴは冷凍ものを買う時代である。

ヒメリンゴマイマイは林や野原に生息する普通種。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
パリ市
貝類

ウチムラサキ
Saxidomus purpuratus

ウチムラサキ

オオアサリとも呼ばれる大きな貝

愛知県伊良湖岬に行くと、浜辺のみやげもの店で、この貝を焼いて食わせてくれる。
貝柱がえらく堅くて、歯茎に挟まるが、物珍しさもあって「美味い」としている。
しかし、味は、なかなかに大味。
でも、忘れたころに食べたくなるから不思議。
伊良湖漁港では、黒いタイツ様な網に入ってセリにだされていた。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
愛知県伊良湖岬
貝類

タイラギ
Atrina pectinata japonica

タイラギ

美味しい巨大な貝

刺身でこの貝を食べたが、唸るほどに美味しかった。
いろんな料理で食べてみたいが、あまりにも高価すぎて…。
タイラギといえば、
潜水してこれを採捕中に漁師がサメに襲われ死亡するニュースが相次いだ記憶も新しい。
生命を犠牲にしてまでも食べさせてくれるのだから、高価でいいのだ。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
愛知県伊良湖岬
貝類

タイセイヨウサクラ
Tellina tenuis

タイセイヨウサクラ

カレイが捕食

朝市で買ったツノガレイを煮付にして、内臓を食べていたらジャリジャリしたものが。。。
正体は、仏語でテリーヌという小型の貝であった。幅が2?3センチほど。カレイの腹にタップリ詰まっていた。
和名は「大西洋桜」、この貝自体も食用になる。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
パリ市
貝類

カキ
Crassostrea gigas

カキ

生牡蠣は最高…

厚岸湾では、カキづくし。
とにかく、いろんなカキ料理がでてきたが、シンプルなのはやっぱり生食。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
北海道厚岸湾
貝類

カキ

カキ

カキの卵とじ

北海道の厚岸湾は、カキの産地。
ここのレストランで食べた「卵とじ」は美味しかった。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
北海道厚岸町
貝類

ヒオウギガイ
Chlamys nobilis

ヒオウギガイ

美しい貝殻の数々

海底で生き残る戦略なのだろうが、
ヒオウギガイの貝殻はほんとうに美しい。
そして、美味しい。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
島根県隠岐
貝類

アサリ
Ruditapes philippinarum

アサリ

北海道のアサリは色ちがい…

アサリといえば三角形の小さな模様があるが、北海道産のものにはない。
主に、厚岸湾や野付湾で採れているが、貝も若干大型。
現地のマーケットでも容易に入手できるし、味噌汁、酒蒸しが、美味しい。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
北海道帯広市
貝類

マガキ
Crassostrea gigas

マガキ

タイヤの新興住宅

三河湾の泥土にタイヤが打ち捨てられていた。
人間からみれば不法投棄だが、カキからみれば立派な住宅地。
自然は、たくましい。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
愛知県三河湾
貝類

スクミリンゴガイ
Pomacea canaliculata

スクミリンゴガイ

美味しそう…

色といい、形といい、筋子にそっくり。
なぜか、このくらいの塊を見ると美味しそうにみえてしまう。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
愛知県一色町
貝類

スクミリンゴガイ
Pomacea canaliculata

スクミリンゴガイ

産卵適地

卵塊はコンクリート護岸などにも産み付けられているが、特にこの石は、よほど産卵に適した場所なのだろう、多数の卵塊が産み付けられていた。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島
貝類

スクミリンゴガイ
Pomacea canaliculata

スクミリンゴガイ

卵塊

石垣島の溜め池で、枯れ草に産み付けられたスクミリンゴガイの卵塊を確認した。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 13人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[貝類]