この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら
すべての投稿 > 甲殻類等

甲殻類等

【五感で観察する WEB自然図鑑】:投稿図鑑 -
甲殻類等

フジツボノープリウス

フジツボノープリウス

フジツボの子ども時代

磯にくっついているフジツボ。潮が引いた状態では、その正体がなかなか想像できないが、エビやカニの仲間の甲殻類だ。
幼生時代はミジンコのように浮遊生活を送っている。漁港でもプランクトンネットを引けば、結構な確率で入ってくる。
コメント:0件
投稿者
TAKI
撮影場所
神奈川県小田原早川漁港採集
甲殻類等

カメノテ
Capitulum mitella

カメノテ

亀の手のようなフジツボ…?

岩礁地帯にへばりついているカメノテだが、
これを茹でて食べると、けっこう美味しいのだ。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
京都府丹後半島
甲殻類等

イセエビ
Panulirus japonicus

イセエビ

海底では保護色…

赤色が美しいイセエビだが、海底の岩場では赤色も消えて保護色になっているにちがいない。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
神奈川県真鶴岬
甲殻類等

イセエビ
Panulirus japonicus

イセエビ

捕りたてを豪快に炭火焼…

超高価な国産イセエビ。
まだ、生きているエビをそのまま炭火で焼く。
浜辺のBQは、最高な贅沢。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
神奈川県真鶴岬
甲殻類等

エボシガイ
Lepas anatifera

エボシガイ

サンダルを履きたがっている…

海岸に打ち上げられたサンダルに、エボシガイが付着。
こうして旅をするのだろうが、サンダルが楽しそうだった。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
奄美大島
甲殻類等

アメリカザリガニ
Procambarus clarkii

アメリカザリガニ

犯人は誰だ!

毎年ここでは、アメリカザリガニのバラバラ死体が発見されます。
犯人は、食べやすいように脚をもぎ取っているのでしょうか。
ぜひとも現場を押さえてみたいものです。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
東京都調布市
甲殻類等

オカヤドカリ
Coenobita perlatus

オカヤドカリ

オカヤドカリの幼体

日中、海岸へ行くと、オカヤドカリの幼体なら無数に見つかります。
でも、採集してはいけませんよ、「天然記念物」ですからね。。。

昼間、大きな成体は、アダンの林に隠れていて、なかなか見つかりません。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島
甲殻類等

オカヤドカリ
Coenobita perlatus

オカヤドカリ

貝殻がないのかな?

沖縄本島のある場所。夜になると。オカヤドカリがわらわらと活動をはじめる。その大型個体が背負っているのは、外来種のアフリカマイマイばかり。住宅も輸入住宅が主流のようだ。
コメント:0件
投稿者
YUJI
撮影場所
沖縄県沖縄本島
甲殻類等

ヤマトオサガニ

ヤマトオサガニ

ヤマトオサガニと巣穴

分布:青森県以南、朝鮮半島、中国、台湾、シンガポールなど
汽水域の砂地に巣穴を掘る。巣穴の深さは1mくらいまで。
穴を掘る際に穴から扇形に泥を運び出した後の筋模様ができる。
メスのハサミはオスよりもかなり小さい。
コメント:0件
投稿者
はちべえ
撮影場所
大阪府大阪市淀川区
甲殻類等

ヤマトオサガニ

ヤマトオサガニ

淀川河口のヤマトオサガニ

分布:青森県以南、朝鮮半島、中国、台湾、シンガポールなど
汽水域の砂地に巣穴を掘る。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
はちべえ
撮影場所
大阪府大阪市淀川区
甲殻類等

モクズガニ
Eriocheir japonicus

モクズガニ

産卵シーズン

川ガニとして知られるモクズガニは、秋になると産卵のために海に下降する。
河口近くの岩場には沢山のモクズガニが集まる。同じ仲間の上海ガニも、河口に集まったカニを食用にしている。ミソの濃厚な味はクセになる。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
京都府京丹後市
甲殻類等

サワガニ
Geotelphusa dehaani

サワガニ

淡水への適応

サワガニは、淡水域で一生を過ごします。他のカニ類が、ゾエア期などを海で過ごすのにくらべ、これらの時期は親ガニのお腹に抱えられた卵の中で過ごします。そして稚ガニとして卵から生まれてきます。卵の粒が他の淡水産のカニ類より大きく、大きな卵を少し産む繁殖戦略をとっています。
コメント:0件
投稿者
YUJI
撮影場所
大阪府

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 2人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[甲殻類等]