この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら
すべての投稿 > 両生類・爬虫類

両生類・爬虫類

【五感で観察する WEB自然図鑑】:投稿図鑑 -
両生類・爬虫類

ジムグリ
Elaphe conspicillata

ジムグリ

赤い幼蛇

ビオトープ田の畦でジムグリの幼蛇を見つけた。たちまち田んぼの学校で集まった子供たちの人気ものに。

成長すると縞の無いシマヘビのような地味な姿になるが、子供の頃はこのように美しいデザインだ。英名Japanese
burrowing
rat

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
両生類・爬虫類

ニホントカゲ
Eumeces latiscutatus

ニホントカゲ

青二才

ニホントカゲとニホンカナヘビは、よく混同されます。
さらにニホントカゲの幼体は、成体とは色が全く違うので、よけい混乱します。
そこで、簡単な見分け方。
ニホンカナヘビは、小型で肌(鱗)に光沢がありません。色は茶色。
ニホントカゲは、メタリックで滑らかなボディをしています。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
東京都八王子市
両生類・爬虫類

ニホントカゲ
Eumeces latiscutatus

ニホントカゲ

日向ぼっこ

カナヘビと思って撮ったけれど、体の金属光沢が気になった。
ニホントカゲはコバルトブルーだったのにと思って調べたら、
幼体の尻尾がメタリックなブルーだそうだ。これは成体。
これまで見た記憶がない。
ニホンカナヘビと思って見ていたのだろうか。
コメント:0件
投稿者
amitake
撮影場所
神奈川県大船
両生類・爬虫類

ミシシッピアカミミガメ
Trachemys scripta elegans

ミシシッピアカミミガメ

日光浴

広い池の片隅に浮いていた倒木の上で日光浴をしていた。結構、敏感で、人の姿を感知するとすぐに水の中へドボンする。
なので、草葉の影から望遠レンズでそっと撮影した。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
両生類・爬虫類

ヒキガエル
Bufo japonicus formosus

ヒキガエル

皮になって貢献…

那覇市の国際通りの市場街を歩いていたら、みやげ物店でカエルのポシェットを売っていた。
小銭入れによさそうだったが、つい買いそびれてしまった。
カエルは「返る」というから、小銭いれにすれば、銭がどんどん返ってきそうだ。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
沖縄県那覇市
両生類・爬虫類

ニホンカナヘビ
Takydromus tachydromoides

ニホンカナヘビ

とけこむ

木の枝に、なりきっているようです。
鱗が、がさついているのでカナヘビでした。
コメント:0件
投稿者
KS
撮影場所
埼玉県熊谷市
両生類・爬虫類

カエル

カエル
ある軍研究所の近くで見つかった四本足のカエルです。軍の兵器の実験などのせいとこうなったのかどうかは私にはわかりません。
コメント:0件
投稿者
ばいかだ
撮影場所
某州立大学
両生類・爬虫類

ニホンアカガエル
Rana japonica

ニホンアカガエル

ニホンアカガエル孵化

ニホンアカガエルの卵は孵化するころにはこのように藻に覆われて緑色になっていることが多い。オタマジャクシはこの藻が生えた殻を食べているように見える。まだ寒い時期に生み落とすため、藻を生やすことでオタマジャクシの餌を確保しているのかもしれない。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
TAGA
撮影場所
千葉県市原市
両生類・爬虫類

オオヒキガエル
Bufo marinus

オオヒキガエル

食物連鎖

台風一過の翌日、水辺にオオヒキガエルの死体を見つけた。早速、キンバエ類が集まってきていた。食物連鎖の始まりだ。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島
両生類・爬虫類

バンナ公園

バンナ公園

ハブに注意!

石垣島の市街地に近いバンナ岳(標高230mm)の裾野を取り巻くように併設されている公園。
熱帯花木が生い茂り、本土からの観光客はもとより、石垣市民の憩いの場となっている。
園内はよく整備されていて、「ハブに注意」のたて看板も見られるが、私は、まだハブ(サキシマハブ)を見たことはない。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島
両生類・爬虫類

アカミミガメ
Trachemys scripta elegans

アカミミガメ

小亀が結婚式祝いにプレゼント

知り合いの結婚式にでかけたら、受付にこんなカメがいた。
なんと、「ミドリガメ」。
大きく成長すればアカミミガメとなるこのカメは、アメリカからの移入動物。
今日では、日本中いたるところでこのカメが野生化しているが、「亀は萬年鶴は千年」。
結婚式の仲間も気の利いたことをするものだと、苦笑してしまった。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県伊那谷
両生類・爬虫類

マムシ
Gloydius blomhoffii

マムシ

集団見合い中

真夏になると毎年この石垣にマムシが集まってくる。
その数は、多い年で16匹まで数えた。
最低でも10匹は集まってくるから、この石垣に大切な何かがあるのだろう。
この時期がマムシの交尾期だというから、集団見合いにきているのかもしれない。
とにかく、2?3週間、日中はこうして石の下でとぐろを巻いている。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県伊那谷

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 11人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[両生類・爬虫類]