この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら
すべての投稿 > クモ形類・多足類等

クモ形類・多足類等

【五感で観察する WEB自然図鑑】:投稿図鑑 -
クモ形類・多足類等

コケオニグモ
Araneus seminiger

コケオニグモ

珍しい造網シーン

蜘蛛屋憧れのコケオニグモ。8年前、地元の知人から届けられた瀕死体の観察以来の大物と出会った。それも自宅からの散歩中に見つけた。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
クモ形類・多足類等

ジョロウクモ
Nephila clavata

ジョロウクモ
鹿沼市北半田の大芦川の河川内において作業中、一瞬ほっぺたを横に張られた糸に行く手を遮られた。顔に蜘蛛の巣がかかってしまったのだ。
幸いにも外周部の糸であったため、粘り気はなかったが、張っていた蜘蛛の巣を壊してしまった。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
Jet
撮影場所
栃木県鹿沼市
クモ形類・多足類等

ネコハエトリ
Calrhotus xanthogramma

ネコハエトリ

体色変異も擬態効果?

これ以上ない好天気に誘われ、新潟県十日町の近くまで行ってみた。
約3週間前、時ならぬ大雪で一面真っ白になった山里も、もうすっかり春だ。
お決まりの川横に車を止め、標的の「サシバ」を待っていると、目の前の橋の模様が微妙に動く。
近づいてよく見ると小さなクモだった。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ブリスパ
撮影場所
新潟県
クモ形類・多足類等

ヤマシロオニグモ
Neoscona scylla

ヤマシロオニグモ

個体による色彩変異

体長♀12?15mm ♂8?10mm
腹部の色彩斑紋には変異が多く、背中の白いセジロ型 後部が黒いアトグロ型などが見られる。
私はこの種のセジロ型 アトグロ型はまだ見たことがない。今後も観察を続けたい。
この寒い地で、けっこう秋も遅くなっても見られた。
コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道稚内市
クモ形類・多足類等

メガネドヨウグモ
Metleucauge yunohamensis

メガネドヨウグモ

歩脚が長い

体長♀10?15mm ♂8?10mm
渓流や河原の樹草間に大型(最大2m)の水平円網を張る。
頭部後方斑がメガネ状になっている点が命名の由来。体長に比べ歩脚が長い。
コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道稚内市
クモ形類・多足類等

ヤマオニグモ
Araneus uyemurai

ヤマオニグモ

地味な色

体長♀17?20mm ♂11?13mm
オニグモに似ているがオニグモより小型。そして腹部が細長い。両肩の間や葉状斑の周辺に沿って白い模様が鮮やかに出ている。
冬季 樹の虫孔内部などで、静止して越冬。
コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道稚内市
クモ形類・多足類等

オニグモ
Araneus ventricosus

オニグモ

軒下などで普通にみられる

体長♀20?30mm ♂15?20mm
大型のクモ。人家付近から山地にいたるまで広範囲に棲息する身近なクモ。
色彩 斑紋の変化に富む。

最北の地にもセオヨウオオマルハナバチが現れて驚いていたが、巣にかかったこのハチを見事にラッピングして 約2時間かけて食べてしまった。オニグモはスゴイ!
コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道稚内市
クモ形類・多足類等

アカオニグモ
Araneus pinguis

アカオニグモ

♀は秋には真っ赤になる

幼体と成体になったばかりの頃は黄色だが、だんだんと橙色になり秋にはこんなにも真っ赤になる。♂は赤くならない。
産卵期は10月?11月。地中のくぼみに卵のうを作る。
コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道稚内市
クモ形類・多足類等

キバナオニグモ
Araneus marmoreus

キバナオニグモ

アトグロ型

キバナオニグモの中には、腹背の斑紋を欠き黄色の地に、後部中央に黒斑を持つものもいる。これをカワリキバナオニグモと称されていたが、キバナオニグモのアトグロ型である。この傾向はヤマシロオニグモなど数種に見られる。幼体のときは黄色い部分が白色。
コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道稚内市
クモ形類・多足類等

ニワオニグモ
Araneus diadematus.

ニワオニグモ

ヨーロッパにまで分布

体長♀11mm ♂9mm
北海道の寒冷地に多く棲息。日本では本州北部、中部山地にも見られるが記録は少ない。ヨーロッパにまでも分布し、あちらでは普通種だそうです。
スカイラブで、無重力地帯で造網実験に用いられたクモは本種。
コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道 稚内市
クモ形類・多足類等

イシサワオニグモ
Araneus ishisawai

イシサワオニグモ

大型の垂直円網を張る

体長♀18?20mm ♂7?8mm
山地の樹間、草間に多く棲む。湿度の高い森林を好む。冬季 石の裏についた大きな卵のうは本種のものである。
コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道天塩町
クモ形類・多足類等

キバナオニグモ
Araneus marmoreus

キバナオニグモ

円網を張る

北方系のクモ。木や草の間に円網を張る。
幼体から成体になるまで背甲は、かなりの変化があるが、歩脚は黄色と橙色の環斑があるところは、あまり変わらない。

体長♀10-20mm ♂6-12mm
コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道稚内市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 3人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[クモ形類・多足類等]