この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら
すべての投稿 > 昆虫 > チョウ・ガ目

チョウ・ガ目

昆虫

コノハチョウ
Kallima inachus eucerca

コノハチョウ
羽根の裏が、葉っぱのようなコノハチョウ。枝葉の上で占有行動をとることが多いため、かえって目立ってしまいます。
コメント:0件
投稿者
YUJI
撮影場所
沖縄県本部町
昆虫

ヤエヤマイチモンジ
Athyma selenophora

ヤエヤマイチモンジ

高栄養

自動車に轢かれたアオカナヘビの死体を吸汁するヤエヤマイチモンジ。
蛋白質の摂取をしているのだろうか?
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島
昆虫

タイワンキマダラ
Cupha erymanthis

タイワンキマダラ

台湾黄斑

従来、日本国内では、台湾や東南アジアからの迷蝶として取り扱われていたが、1980年代以降、八重山諸島に、ほぼ確実に定着しているようだ。
が、しかし、西表島の本種の確実な生息地に、近年、リゾートホテルが建設された。本種の生息地が消えてしまわなければよいが。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県西表島
昆虫

ベニシジミ
Lycaena phlaeas daimio

ベニシジミ

春型

日本からユーラシア大陸の果て、フランスまでおり、北米にも分布している。日本の亜種名は「大名」。
春型と夏型があり、春のほうが色彩がヴィヴィッド。普通種だが、実に美しい模様の蝶である。
もし分布が局部的で、僅かな時期しか出現しなかったら、マニアが追いかけ回すに違いない。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
千葉市
昆虫

ゴマダラチョウ
Diagora japonica

ゴマダラチョウ

前蛹

ゴマダラチョウの終齢幼虫が、エノキの主幹で前蛹(蛹化する前の状態)になっていた。通常、蛹化は枝先や葉裏でするのに、こんな事は珍しい。このような場所では、鳥などの天敵に見つかりやすいだろうに。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県
昆虫

ツマキチョウ
Anthocharis scolymus

ツマキチョウ

迷彩模様

春に一回だけ出現するシロチョウ。里山の雑木林から山地の渓流まで広く生息する。前翅先端が鉤状に尖るので、他のシロチョウ類とすぐ区別できる。前翅裏面先端部分と後翅裏面に暗緑色の斑模様がある。こうやって、枝先にとまると葉っぱと紛らわしい。
幼虫はアブラナ科各種を食べる。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県
昆虫

アオバセセリ
Choaspes benjamini

アオバセセリ

派手な装い

セセリチョウの仲間は、大半が茶色で地味な種類が多いが、このアオバセセリだけは紺色で目立つ派手な色彩をしている。本州?南西諸島に広く分布し、♂は夕刻、一定空間をテリトリー飛翔する。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島
昆虫

ナミアゲハ
Papilio xuthus

ナミアゲハ

南の島では・・・

本土ではごく普通のこのアゲハチョウも、八重山諸島では、それ程多いチョウではない。ニッチェをシロオビアゲハなどと競合する為だろうか?
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島
昆虫

エルタテハ
Nymphalis vaualbum samurai

エルタテハ

越冬をおえて

木曾もと新和スキー場跡地で 今年初めて撮影しました。
帰ってきたら家の前にも 白い蝶と一緒に飛んでいた。
コメント:0件
投稿者
大津の焼物や
撮影場所
長野県木曾
昆虫

イシガケチョウ
Cyrestis thyodamas

イシガケチョウ

石垣模様

本州西部?八重山諸島に分布する。
飛んでいるところを見ると、シロチョウ類と紛らわしいが、翅をピンと広げて止まる事が多く、独特の石垣模様で、すぐに識別できる。
また、驚くと樹木類の葉裏に静止する習性がある。
幼虫は、イチジク、イヌビワ類につく。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島
昆虫

タテハモドキ
Precis almana

タテハモドキ

目玉模様

九州南部以南、南西諸島に生息するタテハチョウ。
荒地や草原などのオープンランドでよく見かける。
翅の目玉模様がよく目立つ。
タテハチョウ科に属するチョウなのに「タテハモドキ」とは変なネーミングだ。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県与那国島
昆虫

リュウキュウムラサキ♂
Hypolimnas bolina

リュウキュウムラサキ♂

テリトリー

道際のクワズイモの葉上で、テリトリーを張るリュウキュウムラサキの♂。
驚いて飛んでも、しばらくすると、また元の場所へ戻ってくる。


コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県竹富町黒島

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 21人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[チョウ・ガ目]