この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら
すべての投稿 > 昆虫 > チョウ・ガ目

チョウ・ガ目

昆虫

オオミノガ
Eumeta japonica

オオミノガ

このオオミノガ縮小画像では見難いのですが、卵塊をおおっている毛の栓状のトンネルがミノの下、外に出てます。
コメント:0件
投稿者
はな
撮影場所
千葉県成田市
昆虫

キオビゴマダラエダシャク
Biston panterinaria

キオビゴマダラエダシャク

シダとデュエット

開張6センチ、シャクガとしては大型らしい。食草はリンゴ、アブラギリ、サワグルミ、ヌルデ(なんだか脈絡ないな、普通そういうもんか?)
私の専門はキノコだが、エダシャク君がぜひにと言うので撮影することとなった。姿勢を正して、はい、チーズ。
コメント:0件
投稿者
鳥居
撮影場所
名古屋市
昆虫

ジョウザンヒトリ
Pericallia matronula helena

ジョウザンヒトリ

定山火取蛾

本州中部以北、北海道に生息する大型のヒトリガ。北海道定山渓が和名の由来である。それほど高山にいかなくても、夏の夜、山間部にあるダムの水銀灯などに飛来しているのをよく見かける。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
北海道層雲峡
昆虫

ニジュウシトリバガ
Alucita sp.

ニジュウシトリバガ

鳥の羽

朝食を終え、民宿の部屋に戻って歯磨きをしていたら、「蛾」が窓にへばりついていた。
カメラを用意するまでに30秒とはかからない。

写真左手には「福島第二原子力発電所」が1km先にあり、私が目覚める7:20ぐらいが国道6号線のピークである。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ブリスパ
撮影場所
福島県富岡町
昆虫

チャドクガ
Arna pseudoconspersa (Strand

チャドクガ

園芸家の大敵

幼虫はチャ、ツバキ、サザンカに発生する毛虫で、毛虫は集合して葉を食害する。
おまけに毒針毛を持ち、毒針毛が人の皮膚に触れると、湿疹、痒みを起こすやっかいな毛虫である。
幼虫の脱皮殻や蛹にも毒針毛が付着していて、触れると危ない。

発見したら、枝ごと切り取って、焼却するのが望ましい。
コメント:1件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

シャチホコガ
Stauropus fagi persimilis

シャチホコガ

シャチホコガでした

暑い駐車場に停めた車に戻ってみると、この蛾がフロントグラスにへばりついていた。
写真を撮って車を走らせればどこかに飛ぶだろうと思っていたが、2km先のコンビニに止まったときにはまだいた。

2?3分後、買い物を済ませた後にはいなかった。
コメント:0件
投稿者
ブリスパ
撮影場所
福島県富岡町
昆虫

フクラスズメ

フクラスズメ
伊吹山ではアカソ(イラクサ科)が
繁茂して群落を広げてイシモツケソウやクガイソウなどの
花が減少しつつあります。
広がり続けるアカソ対策が模索されていますが
数年に一度このフクラスズメが大発生してなぜかアカソの葉だけを

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
C-NA
撮影場所
滋賀県伊吹山
昆虫

アカエグリバ
Oraesia excavata (Butler

アカエグリバ

枯葉に似せている・・・?

翅のエグレ具合がなんとも絶妙である。
カキの実やミカンなどに口吻を突き刺して、果汁を吸う農業害虫。
成虫越冬。

幼虫はアオツヅラフジなどにつく。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

イワサキカレハ
Kunugia undans iwasakii

イワサキカレハ

ヤマンギ

カレハガ科の大型種、イワサキカレハの幼虫である。
全長が12cm程もあり、木の枝や幹に張り付いている。全身に毒刺毛があり、コイツがとまっている木の枝をうっかり握ってしまったりすると、幼虫に手が接触して刺されてしまう。刺されると、激痛が走り、痒いやら腫れるやらで大変な事になる。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島
昆虫

スカシカギバ
Macrauzata maxima.

スカシカギバ

どう見ても鳥の糞

郊外での夜間観察中のこと。LEDライトに照らし出された葉の上に鳥の糞が落ちていた。

さらによく見てみると、こいつは糞ではなくトグロを巻いた芋虫であることが分かった。形といい、色といい、粘着光沢といい、実にリアルなスカシカギバ幼虫の擬態。見事というしかない。
コメント:2件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
昆虫

シャチホコガ
Stauropus fagi persimilis

シャチホコガ

エイリアン

初めて見るものを必ず驚かすのが、シャチホコガの幼虫。大きな芋虫がこのようなグロテスクな形をして、威嚇のポーズをするのだからビビってしまう。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
昆虫

コシロシタバ
Catocala actaea

コシロシタバ

樹皮と同化

夏のクヌギ林へ行くと、割と普通に見られるヤガであるが、日中、クヌギの幹にジッと止まっていると、翅の色彩模様が樹皮と同化して、なかなか見つけにくい。
驚かすと、フワッと飛び立ち、他のクヌギの木の幹へ移動する。その時に後翅の白い斑紋がよく目立つ。
夜間、クヌギの樹液によく集まる。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 6人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[チョウ・ガ目]