この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら
すべての投稿 > 昆虫 > チョウ・ガ目

チョウ・ガ目

昆虫

リュウキュウムラサキ♂
Hypolimnas bolina

リュウキュウムラサキ♂

遺伝型

国内では迷蝶だが、八重山諸島では通年、見ることが出来る。
♂はナワバリ意識が強く、森林と草地の境界地などで、テリトリーを張る。
♂に翅の斑紋の差異は少ないが、♀は台湾型、フィリピン型、パラオ型などの遺伝型があり、斑紋に差異がある。幼虫はサツマイモにつく。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島
昆虫

ナミアゲハ
Papilio xuthus

ナミアゲハ

アゲハと娘

アゲハの幼虫を指にのせてよろこぶうちの娘。
妻がアゲハが好きで、いつも幼虫を平気で触っているため、子供たちも見つけては触りたがる。私は...あまり触りたくないが...
コメント:0件
投稿者
TAGA
撮影場所
千葉県市原市
昆虫

キアゲハ
Papilio machaon

キアゲハ

縞模様

休耕田に繁茂したセリに、キアゲハの終齢幼虫を見つけた。
この縞模様は何を意味するのか?
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

アカタテハ
Vanessa indica

アカタテハ

アカタテハの幼虫は、食草のカラムシの葉を半分に折り曲げ、巣を造る。幼虫を見つけるには、この巣が目印。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県松阪市
昆虫

スジグロシロチョウ
Pieris melete

スジグロシロチョウ

スジグロシロチョウの交尾拒否

花にとまっているスジグロシロチョウのメス。後ろから飛んできたのはオス。お尻を持ち上げているのは、交尾拒否のサイン。スジグロシロチョウのメスは通常一度しか交尾をしない。交尾済みの場合、オスが近づくと、このような拒否サインを出す。それでも執拗にアタックされると交尾してしまうこともあるらしい。
コメント:0件
投稿者
TAGA
撮影場所
千葉県市原市
昆虫

ルリウラナミシジミ
Jamides bochus ishigakianus

ルリウラナミシジミ

コバルトブルー

沖縄には、ウラナミシジミの仲間の種類数が多いが、正確な同定は慣れないと難しい。本種のオスの翅表面は深いコバルトブルーに輝き、非常に美しい。が、なかなか翅表面を拡げて静止してくれないので、深いコバルトブルーの撮影が困難である。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県波照間島
昆虫

カバマダラ
Anosia chrysippus

カバマダラ

有毒蝶

奄美大島以南に棲息するマダラチョウ科のチョウ。
幼虫が、有毒植物のガガイモ科のトウワタを食べる為、成虫も体内に毒を持ち、鳥が食べない。またこのチョウの棲息域も食草の周囲に限られる傾向がある。メスアカムラサキなど、このチョウに擬態する無毒のチョウがいる。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島
昆虫

キタテハ
Polygonia c-aureum

キタテハ

南西諸島では迷蝶

北海道から八重山諸島まで、日本全土に広く分布するキタテハだけど、八重山諸島のは迷蝶です。台湾あたりから、飛来して来るのでしょう、きっと。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県与那国島
昆虫

ヨーロッパアカタテハ
Vanessa atalanta

ヨーロッパアカタテハ

広く分布

和名はヨーロッパアカタテハだが、この蝶は欧州からインドまで、そして北米にも分布しているという。「北半球アカタテハ」と改名するべきか。
力強く迅速に飛びまわる種類。腐った果実が大好物である。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
パリ市
昆虫

シータテハ(夏型)
Polygonia c-album

シータテハ(夏型)

武人

仏名は
Robert
le
diable「悪魔のロベール」、ノルマンディーの武人である。戦いに明け暮れたロベールの衣服のように翔の縁がボロボロだから、という事らしい。
学名と和名は裏にあるC文字の模様から由来している。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
パリ市
昆虫

ヒメアカタテハ
Cynthia cardui

ヒメアカタテハ

世界蝶

全世界に広く分布するタテハチョウ。
成虫は、秋に多く、郊外のコスモス畑に群れていることがある。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

ヒメアカタテハ
Cynthia cardui

ヒメアカタテハ

幼虫

決まった越冬態を持たないタテハチョウ。
幼虫は、ヨモギ、ハハコグサ、ゴボウなどキク科の植物の葉を綴り、中に潜む。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 3人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[チョウ・ガ目]