この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

昆虫

【五感で観察する WEB自然図鑑】:投稿図鑑 -
昆虫

ナナホシテントウ
Coccinella septempunctata

ナナホシテントウ

あなたの温もりを

梅の花が咲く頃になると、冬眠から覚めて活動を始めるナナホシテントウ。
暖かい土手や石の上などで、日向ぼっこしている姿を見かけるようになります。
しかし中には、ワタシの太ももの上で暖を取るツワモノも。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
東京都調布市
昆虫

ナミテントウ
Harmonia axyridis

ナミテントウ

正しい日向ぼっこ

テントウムシの仲間は、越冬中でも小春日和のぽかぽかとした時などは、温まった電柱や石の上などで暖を取ることがあります。
写真でしか見たことが無かったこの光景。
思いがけなく生で見ることができて、ひとり感動していたワタシ。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
静岡県河津町
昆虫

ナナホシテントウ
Coccinella septempuntaca

ナナホシテントウ

神の虫

フランスでは幸運を呼ぶ虫、別名「神の虫」と呼ばれる七星天道。
葉上で交尾していた。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
パリ市
昆虫

ナミテントウ
Harmonia axyridis

ナミテントウ

交尾中

ナミテントウは羽の色や斑紋の異なるタイプが何種類も存在して、このように違うタイプの♂♀が交尾する。このカップルから生まれる子供たちの模様には何か遺伝学的な規則性があるのだろうか?
コメント:0件
投稿者
池さん
撮影場所
京都府京都市
昆虫

ナナホシテントウ
Coccinella septempunctata

ナナホシテントウ

羽化直後

羽化直後のナナホシテントウの前羽(上羽)は黄色だった。
うっすら見える斑紋の配置を昆虫図鑑と照合して、ナナホシテントウだと判断した。
コメント:0件
投稿者
池さん
撮影場所
京都府京都市
昆虫

マエグロヒメフタオカゲロウ・亜成虫♀
Ameletus costalis Matsumura

マエグロヒメフタオカゲロウ・亜成虫♀

渓流釣り解禁の時期に羽化

3月の日中、ポカポカ陽気になると
幼虫たちが石をよじ登る姿を見ることが出来る。
年に一度の羽化のためだ。

陸上羽化はカゲロウにとって最も安全な羽化方法だが、
翅のしっかりしていないダン(亜成虫)は、
時折吹く風により川の流れに落ちてしまう...。

渓流魚にとってはこの上もないご馳走だ。
コメント:0件
投稿者
けんぢ
撮影場所
山梨県丹波山村
昆虫

マエグロヒメフタオカゲロウ・幼虫
Ameletus costalis Matsumura

マエグロヒメフタオカゲロウ・幼虫

釣り師にとってはピンチョロだ

渓流釣り師にとってはピンチョロ虫と呼ばれ、釣り餌として重宝されている。

ピンチョロという名前から連想できるようにぴょんぴょんとまるでエビのように泳ぎ回る泳ぎの上手な川虫だ。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
けんぢ
撮影場所
東京都あきる野市
昆虫

ウスバカゲロウ
Hagenomyia micans

ウスバカゲロウ

幼虫の巣:ご存知アリジゴク

フクロウの営巣を確認に行った時、
敷地の納屋の軒下にたくさんの
アリジゴクを見つけた。
コメント:0件
投稿者
ホンダのS
撮影場所
栃木県芳賀郡芳賀町
昆虫

ウスバカゲロウ
Hagenomyia micans

ウスバカゲロウ

アリジゴクのアップ

たくさんあったアリジゴクの中から
特に形の良い巣をアップで撮ってみた。
見事なすり鉢形である。
コメント:0件
投稿者
ホンダのS
撮影場所
栃木県芳賀郡芳賀町
昆虫

ウスバカゲロウ
Hagenomyia micans

ウスバカゲロウ

アリジゴク:ウスバカゲロウの幼虫

新しく入手したレンズでアリジゴクの
アップの撮影を試みた。
このレンズ1本で風景から大きさわずか
1センチメートルあまりのアリジゴクの
撮影までできてしまう。
まさに万能レンズである。
コメント:0件
投稿者
ホンダのS
撮影場所
栃木県芳賀郡芳賀町
昆虫

アリジゴク

アリジゴク

アリジゴクのある場所

アリジゴクといえばウスバカゲロウ(薄羽蜉蝣、薄馬鹿下郎にあらず)の幼虫であるが、子供の頃、初めて見たのは神社の縁の下だった。アリジゴクが巣を作るには、雨のあたらないサラサラの砂の場所が必要で、それ以来、自然の中ではどんな場所に巣を作るのだろう?と思っていた。それから30年ほどた

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
TAGA
撮影場所
千葉県市原市
昆虫

オオセンチコガネ
Geotrupes auratus

オオセンチコガネ

美しい糞虫

雑木林の朽木に潜むオオセンチコガネを見つけた。濃いメタリックグリーンが糞虫とは思えないほど美しい。

雪隠(せんち・せっちん)は西浄(せいちん)から転じた言葉で、便所・厠(かわや)の意味。
コメント:0件
投稿者
池さん
撮影場所
京都府北区

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 4人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[昆虫]