この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

昆虫

【五感で観察する WEB自然図鑑】:投稿図鑑 -
昆虫

マガリケムシヒキ
Neoitamus angusticornis

マガリケムシヒキ

執事喫茶

「お帰りなさいませ、お嬢様。」

旧多摩聖蹟記念館にある喫茶室。
外に展示してあるメニューの上で、マガリケムシヒキ♂がお出迎え。
ムシヒキアブの仲間は、モフモフとした立派な髭にグラサンという、アブの中でも屈指のイケメン揃い。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
東京都多摩市
昆虫

マガリケムシヒキ
Neoitamus angusticornis

マガリケムシヒキ

足元注意

もそもそと足元を横切る、黒っぽい謎の物体。
死んだマガリケムシヒキを、クロヤマアリが運んでいるのだ。
細長く伸びた産卵管が見えることから、これは♀。
マガリケムシヒキの特徴である脚の黄色い部分が色褪せているのは、死んでしまって少し時間が経っているのだろう。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
千葉県富津市
昆虫

ハンミョウ
Cicindela japonica

ハンミョウ

シャキーン!

ハンミョウは虹色の美しい翅を持っている。タマムシと同じように、キラキラ物を敬遠する鳥からの防御だろうか。毒虫ではないが、その顔つきは凶悪系。巨大な顎でほかの虫を捕まえて食べる。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
昆虫

オニグルミノキモンカミキリ
Menesia flavotecta

オニグルミノキモンカミキリ

オニグルミの葉裏

峠道の路肩のオニグルミの木。葉裏をそっと覗いてみれば、黄色に黒い斑紋の1cmほどの美しいカミキリがいた。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
昆虫

ヨツキボシカミキリ
Epiglenea comes

ヨツキボシカミキリ

ヌルデに付く

高原の散策道の脇にヌルデの幼木がある。その葉裏に静かに潜んでいた体長1cmほどのカミキリ。黒いボディに黄色い斑が特徴的。梅雨時期にこんな美しいカミキリがいることを、これまで知らずにいた。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
昆虫

ヨコヅナサシガメ
Agriosphodrus dohrni

ヨコヅナサシガメ

クルミハムシを吸う

市内の城山を散策する。オニグルミの低い枝をチェックしていると、クルミハムシがヨコヅナサシガメに体液を吸われているのに出くわした。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
昆虫

オオトビサシガメ
syndus obscurus

オオトビサシガメ
日向ぼっこ中。
コメント:0件
投稿者
kurihama
撮影場所
横須賀市久里浜「花の国」
昆虫

スケバハゴロモ

スケバハゴロモ

フレーム付き

この小ささでフレーム付きのスケスケの羽根が、
何とも可愛らしい。
コメント:0件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
長野県 飯田市
昆虫

ヒメカマキリ
Acromantis japonica Westwood, 1849

ヒメカマキリ

森の忍者

本州以南に分布する小型のカマキリ。
画像はヒメカマキリの幼生で、植物の葉上にピタッと伏せる様な姿勢をとっている。
こうすると枯葉そっくりに見え、鳥などの天敵から姿を隠せる。
まるで森の忍者だ。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

ヤツボシハンミョウ
Cicindela aurulenta

ヤツボシハンミョウ

新顔


原産地は台湾だが、日本国内では2000年代になって、沖縄県西表島で初めて生息が確認されたハンミョウ。人為的な移入種ではないかと言われている。
西表島での生息地もどんどん広がっているようだ。
こんな綺麗な甲虫が日本で見れらるようになるのは歓迎かな?
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県西表島
昆虫

オビカレハ
Malacosoma neustrium testaceum (Motschulsky, 1861)

オビカレハ

子供の頃の遊び相手

子供時代、小学校の校庭に植えられたサクラの木に、初夏の頃、この幼虫がよく発生した。
見た所、毛むくじゃらの幼虫であるが、無毒な毛虫なのである。
だから、この幼虫を何匹か捕らまえては互いに競争させてよく遊んだ。
サクラの若葉のほの甘い香りと共に、子供の頃の郷愁を誘う毛虫である。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

ホタルガ
Pidorus atratus Butler, 1877.

ホタルガ

派手な色彩の幼虫


マダラガ科の幼虫は地味な色彩の幼虫もいるが、派手な色彩の幼虫も多い。このホタルガの幼虫も黄色と黒のコントラストがハッキリしていて、よく目立つ。
これだけ目立つと鳥などの天敵に見つかりやすいように思うが、たとえ食べられても大変に不味いのである。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 7人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[昆虫]