この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

鳥類

【五感で観察する WEB自然図鑑】:投稿図鑑 -
鳥類

モズ
Lanius bucephalus

モズ

シロハラを襲った相手

雪が深くなればなるほど、野性動物のサバイバルは難しくなる。行動範囲が狭まり、餌場も限定されるから、食う・食われるの駆け引きがシビアとなるのだ。

(続きがあります)
コメント:3件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

シロハラ
Turdus pallidus

シロハラ

モズの獲物

山際の小さな峠道、雪の路肩でモズが食べていたものはシロハラだった。

雪が深くなり、林床での餌採りが出来なくなった鳥たちは、道路に面した崖面などの雪の付かない場所に出てくる。無心で餌を採っていたシロハラは、待ち構えていたモズにやられてしまった。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

ハシブトガラス
Corvus macrorhynchos

ハシブトガラス

カラスの塒は防犯灯完備

 近所の大学構内にあるハシブトガラスの塒、街路灯でいつも明るく照らされている。
 防犯灯完備の新興住宅地のようだ。
コメント:2件
投稿者
selchie
撮影場所
北海道札幌市
鳥類

ハシボソガラス
Corvus corone

ハシボソガラス

海辺のカラス

波打ち際で、魚を貪るカラスが一羽。
ボラだそうだが頭は既に無い。
脚を使って転がして、時々、反対側から突付く。
エラのあたりと肛門のあたりをつんつんしているので、肝や内蔵を食べているようだ。
じーっと観察してたら、「お前になんかやらねえぞ。」と睨まれた。
コメント:2件
投稿者
ぴょん
撮影場所
千葉県富津市
鳥類

ベニマシコ
Uragus sibiricus

ベニマシコ

声で見つける

支流の対岸から「フィッ・フィッ」と声が聞こえる。特徴的な声でベニマシコがいるとすぐに分かる。

橋を渡って回り込んでみると、期待した赤いオスではなく、地味なメスのほうだった。地鳴きはオスでもメスでも同じように鳴く。

雪から突き出たセイタカアワダチソウに止まって、好物の実を食べていた。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

ツグミ
Turdus naumanni

ツグミ

雪とツグミ

ツグミは冬鳥の代表ともいえる鳥で、どこにでもいる普通種である。多くの冬鳥が北に去ってしまった後でも、けっこう春遅くまで残っていたりする。

年越し寒波の雪景色の中でツグミの写真を撮った。なかなかツグミにはレンズも向かないものだが、こんな風に切り取ってみるとツグミも素敵に見える。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

タゲリ
Vanellus vanellus

タゲリ

タゲリの蹴り

2羽のタゲリが雪の田んぼで争っていた。オス同士だろうか。限られた餌場をめぐっての小競り合いなのかも知れない。

小さくジャンプしては相手に蹴り掛かる。タゲリは冬鳥だが、同じ仲間で夏鳥のケリも同じように蹴りを入れて争う。

(続きがあります)
コメント:2件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

コミミズク/トラフズク
Asio flammeus/Asio otus

コミミズク/トラフズク

飛翔姿の比較

コミミズクの写真にトラフズクの飛翔姿を切り取って合成した。
こうして並べてみると、2種の識別のヒントになると思う。

◆大きさ:トラフズクの方がひとまわり大きい
◆虹彩:コミミズクは黄色、トラフズクは橙色
◆翼下面:コミミズは真っ白、トラフズクは褐色が目立つ

(続きがあります)
コメント:2件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

ヤマシギ
Scolopax rusticola

ヤマシギ

雪で山から出てくる

このあたりでは冬鳥らしいが、夜行性のためこれまで見る機会がなかった。大雪で山で餌が採れず、やむなく里の雪解け湿地にでてきた。

ハト大で、シギとしては大型。頭のストライプが識別ポイント。目がかなり後ろに寄っており、後方の視界も得られる。羽根の枯葉模様は、山の地表に伏していると見つけるのが困難である。
コメント:2件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

キジ
Phasianus versicolor

キジ

想像していない

数日前、近くで植樹祭が開かれ多くの人々が集まった
記念にキジが放鳥されたと聞くが、このキジも足環がついているところを見ると、その時に放されたものだろうと推測する。放鳥時、こんな姿を誰が想像しただろうか・・・。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
北割
撮影場所
駒ヶ根市
鳥類

コハクチョウ
Cygnus columbianus

コハクチョウ

亜種アメリカコハクチョウ

2011年の年明け、6羽の越冬コハクチョウに2羽が加わって一時8羽の群れとなった。飛来した2羽のうち1羽は、くちばしの黒い亜種アメリカコハクチョウと思われた。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

トモエガモ
Anas formosa

トモエガモ

メスの識別ポイント

トモエガモを近くで観察した。オスの顔模様が名前の由来である。幾何学的な美しいデザイン。大きさはコガモと同じくらいの小型のカモだ。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 2人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[鳥類]