この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

鳥類

【五感で観察する WEB自然図鑑】:投稿図鑑 -
鳥類

ヤマドリ
Syrmaticus soemmerringii

ヤマドリ

ほろ打ち

早朝、渓流沿いの杉林を走ると目の前にヤマドリが出ていた。車を止めると、大きく空気をはらんで、ドドドドとほろ打ちをみせた。

英語でドラミングのこの行動は、ゴリラのドラミングと共通的なものを感じる。ヤマドリの場合翼を強く震わせて、ふくらませた腹腔で音を共鳴させる。縄張り宣言、威嚇、求愛の表現方法。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

コゲラ
Dendrocopos kizuki

コゲラ

日本の小さなキツツキ

英名Japanese
Pygmy
Woodpecker、極東エリアの限られた地域に分布するキツツキの中では最小の鳥。日本の森には普通に見られる。

冬は餌を求めて山から平地に下りてくるので観察しやすい。ギーと鳴いて幹をすばしっこく駆け回る。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

アオゲラ
Picus awokera Temminck

アオゲラ

日本の緑のキツツキ

Japanese
green
woodpecker、アオゲラの英名である。
日本固有種で学名にもawokeraと和名が記されている。

いつも木をつついて虫を食べているように思われるが、雑食性で季節ごとに餌を変えている。秋の終わりには、こうして熟したハゼの実を食べにやってくる。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

アヒル
Anas platyrhynchos var.domesuticus

アヒル

みにくいアヒルの子

諏訪湖のアヒルは人馴れしているので、かなり近寄っても逃げたりしない。
でも、愛想は無い。
観光客に愛されている大きな白鳥を見つめながら、「ちくしょう、いじめなきゃ良かった....。」なんて思っているのカモ。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
長野県諏訪市
鳥類

ミミカイツブリ
Podiceps auritus

ミミカイツブリ

ハジロカイツブリに似る

ミミカイツブリはハジロカイツブリによく似る。どちらも赤い目が魅力の小さな冬の水鳥である。

ハジロカイツブリのくちばしが少し上反りなのに対し、ミミカイツブリのくちばしはまっすぐ出て先端が白い。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
京都府京丹後市
鳥類

ハジロカイツブリ
Podiceps nigricollis

ハジロカイツブリ

赤い目の鳰

おもに湾内や汽水域で観察される冬鳥。小さな水鳥は潜り専門で魚を採る。類似種のミミカイツブリとはくちばしに違いがある。

この時は内陸の用水路に入ってきており、近い距離から観察を許してくれた。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

ズグロカモメ
Larus saundersi

ズグロカモメ

カニ食い

頭黒カモメであるが、冬羽は頭が黒くない。この個体は今年生まれの第1回冬羽。日本には飛来数が少ないカモメである。ユリカモメと似るが、ズグロカモメはくちばしが黒いことで識別できる。

波打ち際に沿ってフワフワ飛んでいたのが、落ちるように急降下。見事にカニを捕まえた。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
京都府京丹後市
鳥類

クマゲラ
Dryocopus martius

クマゲラ

鳴きながら飛ぶ

木々を次々と、飛び移るクマゲラです、飛ぶ時は騒がしくキュルキュルキュルル・・・と鳴きながら飛ぶ事が多いので、姿が見えなくとも、存在が分かる事があります。

顔が翼の先で隠れてしまったのが残念です。
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
鳥類

クマゲラ
Dryocopus martius

クマゲラ

赤い頭

伐採されて、かなり開けた場所で、まばらに残っている木々を次々と、飛びかって、突いている、クマゲラに会いました、逆光で赤い頭が光って、とても目立っていましたが、このクマゲラは、メスで、オスよりも赤い部分が少なくて、ちょっと残念でした。

コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
鳥類

ケアシノスリ
Buteo lagopus

ケアシノスリ

ルーズソックス

ケアシノスリを見たという情報が、シーズン中に何度かある。大概の情報はノスリを見てケアシノスリと思ってしまう間違いである。ノスリでもかなり白っぽい個体がいて、ケアシノスリに見えることがある。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

アカアシチョウゲンボウ
Falco amurensis

アカアシチョウゲンボウ

小さいチゴハヤブサ?

最初見た時、チゴハヤブサだと思って、撮っていたのですが、やけに小さい事に気付き、撮った写真を拡大してみたら、脚と嘴の蝋膜がオレンジ色をしている事に気が付きました。

オホーツク圏内では、初確認となるアカアシチョウゲンボウの♀でした。
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
鳥類

チョウゲンボウ
Falco tinnunculus

チョウゲンボウ

おべんと付けてどこ行くの♪

顔のドアップはチョウゲンボウのメスタイプ。ハヤブサの黄色く隈取られた目は威圧感があるが、同じハヤブサ科のチョウゲンボウのまん丸お目目はクリっと可愛い。

秋はバッタをよく食べるが、虫のいなくなった冬の間はもっぱら小鳥を餌にする。このくちばしがナイフの代わりだ。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 2人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[鳥類]