この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

ハト科

鳥類

ドバト
Columba livia

ドバト

ヌ・トゥシェ・パ

「鳥の死骸を見つけたら、触らないで」と政府が広報している。
フランス国内では、先月に鳥インフルエンザが発生した。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
フランス パリ市
鳥類

ドバト
Columba livia

ドバト

銭湯

飯は人間が持ってきてくれるし、建物の隙間で造った巣で繁殖している。オマケに共同浴場まである。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
パリ市
鳥類

ドバト
Columba livia

ドバト

飲む

パリ市内では歩道と車道の段差に水を流して、清掃用に使う。
だから水溜りがよく出来ている。ドバトはそれを飲水にしていた。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
パリ市
鳥類

ドバト
Columba livia

ドバト

ナンパ

ニンゲンのカップルの方は既に出来あがっていたが、ハトの雄は忙しくナンパ中であった。メスは逃げながらも後ろを振り返っていたので、まんざらでもない様だ。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
パリ市
鳥類

モリバト

モリバト

フン車

この車の上にモリバトたちが来て、街路樹の花を食べている。そしてウンチを下へ噴射。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
パリ市
鳥類

ドバト
Columba livia

ドバト

一見気楽

ホームレスが公園のベンチで昼寝。周りにはドバトの群。
発達したニンゲン社会では、食料まで世話してくれる人がいる。
一見、気楽な生活だ。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
パリ市
鳥類

モリバト
Columba palumbus

モリバト

近所に壁にフジを這わせている家がある。毎年私たちを楽しませてくれるが、先日やや大きな巣があるのを見つけた。大きさと場所からしてモリバトだと思われる。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
パリ市 14区
鳥類

ドバト
Columba livia

ドバト

スカト鳩

ドバトを「空のドブネズミ」と形容したのは宮崎学氏。
このドバトは犬の落し物を食べようとしていた。実際、嘔吐物に群がっているドバトを見たことがある。

もっとも、極限の飢餓になったら人間も同じ事をやりかねない。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
パリ市 13区
鳥類

アオバト
Treron sieboldii

アオバト

日本緑鳩

英名Japanese
Green
Pigeon
日本で繁殖する和風色の美しいハトで、冬は雪のない南方に移動するらしい。兵庫県北部では夏鳥として観察される。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

モリバト
Columbus palumbus

モリバト

マチバト

「森鳩」とは英名Wood
Pigeonからの直訳であろう。
今や大都市にも適応して、生息地を拡張している。町鳩と呼びたいほど、普通に見られる。

その肉は美味で、レストランなどで高価な料理である。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
フランス パリ市
鳥類

ドバト
Columba livia

ドバト

鳩害

糞や営巣などの「鳩害」の対策として、パリ市が設置した鳩小屋。

手前の説明パネルには、「個体識別や管理を行うために2003年に設置された」と記されている。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
パリ市
鳥類

モリバト
Columbia palumbus

モリバト

狩場 1

フランス南西のランド地方。
松林で見たハトの狩場である。

この小屋から囮を操ってハトを誘き寄せ、大きな網で捕らえる。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
フランス南西 ランド地方

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 2人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[ハト科]