この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら
すべての投稿 > 流行・人間社会

流行・人間社会

【五感で観察する WEB自然図鑑】:投稿図鑑 -
流行・人間社会

買い物

買い物

やさしくして

男一人の買い物を見掛けると、その人の生活背景を想像してしまいます。
きっと、ごく普通の幸せな暮らしをしていると思うので、よけいなお節介だと言われそうですが、

「やさしくして、小柳ルミ子」
コメント:0件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
東京都
流行・人間社会

ワカモノ

ワカモノ

尾崎 豊

世間の壁に当たった時、自分の無力感を感じる時があります。
何かにただ夢中になっていたときもあります。
きっと皆、経験していくのだと思います。

眠れない夜に書き続けたのかも知れません。
コメント:5件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
長野県 茅野市
流行・人間社会


鍵

鍵を

最近、「○○畑で愛を叫ぶ」のような、告白のイベントが流行っているらしい。
多分、繋がっている事の確認なのだと思う。

同じように、全国で鍵が掛けられている。
「○○を結ぶ鍵」?「○○を結ぶ錠」だと思うのですが。

でも、錠は掛けたり閉めたりするもので、、、

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
長野県 駒ヶ根市
流行・人間社会

獣害対策

獣害対策

使えるモノは何でも…

この畑のおじいさんに何がきているのか、聞いてみた。

「何がきているのか、わかりません。
 怖くて、見にでかけられませんのや。
 だけど、こうやって守らなければあきません。」

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
兵庫県温泉町
流行・人間社会

獣害対策

獣害対策

憎き野生動物

畑を漁網で囲って、ついでに「イカ釣り針」まで設置。
度重なるイノシシ、シカ害で怒り心頭にたっしているようだ。

コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
兵庫県温泉町
流行・人間社会

獣害対策

獣害対策

材料費はタダ

とにかく、金をかけずに獣害対策。
材料費は、すべてタダではないか、と思う。
海岸線だったので、漂着物でまかなえているようだった。
こんなことができるのは、時間に余裕のある年寄りだろう。

コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
福井県敦賀市
流行・人間社会

獣害対策

獣害対策

人間が檻のなか

野生動物たちに負けて、
人間がとうとう檻のなかで暮らすハメに。
コメント:3件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県伊那市
流行・人間社会

リス

リス

リスに注意

危ないよ、あぶない!
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県茅野市
流行・人間社会

鳥害対策

鳥害対策

ジャガイモでスズメ脅し

二年ほど前から田んぼの周囲に、ジャガイモを配置してある妙な光景がみられるようになった。
ジャガイモのニオイをスズメが嫌う、ということらしい。
真意のほどはよく分からないが、年々このような光景が増えつづけている。
はたしてスズメは、嗅覚がほんとうにいいのだろうか?
コメント:2件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県喬木村
流行・人間社会

獣害対策

獣害対策

ビール缶のイノシシ脅し

全国的に獣害に苦慮する時代となった。
各地での獣害対策をみると、地域色文化がみられてオモシロイ。
たぶん、ひとりの発案者がいて、それが伝播していっていることがわかる。
これは、ビールの空き缶が風に揺れる音でイノシシに迫ろうというもの。
はたして、効果はいかに。

コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
三重県四日市市
流行・人間社会

限界集落

限界集落

ひとり暮らしの女性

高齢化社会となって、全国的に限界集落が増えている。
家の前にこのような洗濯物を見ると、暗い気持ちになる。
これは、婆さんのひとり暮らしにちがいない。
コメント:4件
投稿者
gaku
撮影場所
佐賀県伊万里
流行・人間社会

アイロン

アイロン
電気がまだなかった時代では、炭火をいれたアイロンがあった。
ちゃんと煙突までついており、これで、木綿などの生地にアイロン掛けをしていたのだった。
かすかではあるが、50年前でもたしかに使っていたのを覚えている。
懐かしき、よき時代だったような気がする。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県白馬村

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 4人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[流行・人間社会]