この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら
すべての投稿 > 自然環境

自然環境

【五感で観察する WEB自然図鑑】:投稿図鑑 -
自然環境

田舎暮らし

田舎暮らし

天ぷらの素材…

昼近くになって、急に「天ぷら」を食べたくなった。
そこで、釣竿をもって、近所の渓流へ。
天ぷらサイズにちょうどいい、イワナとアマゴが釣れた。
草むらでヨモギとフキノトウを摘んで、目的達成。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県伊那谷
自然環境

火炎

火炎

薪窯

焼き物は原始の人類から同じやり方で今にある。土を薪で焼けば水の漏らない器が出来る。焚き火はたかだか800度程度だが、やりようによって窯は1200度を超える。珪酸質はガラスになり硬く焼きしまる。現在は薪窯体験も環境影響で山奥でしか出来ない。
コメント:0件
投稿者
ぶんぶく探検隊
撮影場所
滋賀県
自然環境

獣害対策

獣害対策

人と獣との境界

山の斜面に続くフェンスがこの地区の獣害の深刻さを現しているようです
コメント:0件
投稿者
北割
撮影場所
長野県
自然環境

廃車置場

廃車置場

走り行く車の脇で

高速道の脇の斜面にお役御免となった車両が置かれていた、道路の向こうには人家もあり川もある・・・、許可を受けての置き場かは不明。
コメント:0件
投稿者
北割
撮影場所
長野県辰野町
自然環境

水を張った休耕田

水を張った休耕田
 休耕田の池作りもいよいよ 完成に近づきました
このまま水が切れないようにして2.3年ほったからしにしておけば
小さな生き物の良い揺り篭になるでしょうね お役所は休耕田の活性化だとか地域固有の生物を増やすビオトープにしたら良いとか色々な話が出てますが

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
kaba
撮影場所
京都府亀岡市近郊
自然環境

雑木林

雑木林
休耕田脇の雑木林
昔はこの林から 風呂の薪を取り 畑の堆肥に落ち葉を集め 大切な田の水源を守る場所であったけど
今ではその田も稲が植えられることもなく 竹薮に覆い尽くされていく
湧き水は猪のヌタ場となり 木に人知れず背中を掻いてゆく
コメント:0件
投稿者
kaba
撮影場所
京都府亀岡市近郊
自然環境

スズラン群生地

スズラン群生地

護られる観光資源

山梨県芦川村。ここも他の例に漏れずに過疎化が深刻な山里である。
しかし、ここには本州一を誇るといわれるスズランの群生地がある。花の見頃となる休日には、県内外から観光バスを連ねてたくさんの観光客が押し寄せる。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
もっち
撮影場所
山梨県芦川村
自然環境

利尻富士

利尻富士

桜の咲く頃

海に浮かぶ美しい山、利尻山を地元の人たちは愛を込めて「利尻富士」と呼ぶ。対岸のサロベツ側から眺めて暮らす人たちも、どんなにこの山に励まされ‥癒されてきたことか。
エゾヤマザクラが咲くのは5月中旬。まだ雪の白さが残る山が見守る。
コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道 豊富町
自然環境

利尻山

利尻山

頂上のロウソク岩

利尻 マイヌ語で「リイシリ」高い山の島の意。
標高1721m 海抜0から登る山として有名。
最近の百名山ブームで登山者に人気の山。リシリヒナゲシ ボタンキンバイなど固有種も多い花の山でもある。
5時間近くもかけて登った者だけが見ることが出来る頂上の「ローソク岩」 頂上にはハシブトガラスもいた。
コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道 利尻町
自然環境

自然に優しい側溝

自然に優しい側溝

落ちても這い上がれるように…

道路際の側溝にカメや野鳥のヒナが落ちると、這い上がれず、そのまま死をまねく。
このため、環境に配慮した工事が、コレ。
無いよりか、あったほうが効果はあるだろう。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
沖縄県国頭村
自然環境

無人集落

無人集落

とうとう無人化

南アルプス山麓にへばりついた旧南信濃村。
半世紀前までは山林景気に湧き栄華をきわめたこの村も、高齢化が進み過疎化が著しい。
人間の足だけが頼りのこの4軒の集落も、最近とうとう無人化となった。
人が暮らし元気な集落は、畑なども耕されるから、自然との調和も美しい。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県飯田市南信濃
自然環境

化学ゴミ…

化学ゴミ…

陸奥湾の岸辺では

殿崎あたりの海岸だったと思うが、このような石油製品によるゴミがおびただしかった。
陸奥湾の風と潮の流れが、このようなゴミの漂着を許したのだろう。
木材や植物など、自然界に生まれて死んでいく「自然ゴミ」ならば、どんな環境下でも分解者が待っている。
しかし、

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
青森県下北半島

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 2人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[自然環境]