この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

菌類

【五感で観察する WEB自然図鑑】:投稿図鑑 -
菌類

カワリハツ
Russula cyanoxantha

カワリハツ

いろんな色そろえてます

いろんな色をしていても同じ種類、というのは植物の花だとよくあることだけど、キノコにはめずらしい。

カワリハツはそういうキノコ。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
torii
撮影場所
奈良県橿原市
菌類

ウスヒラタケ
Pleurotus pulmonarius (Fr.) Quél.

ウスヒラタケ

薄っぺらい?

広葉樹(ミズナラかな?)の立ち木に、ウスヒラタケが出ていました、名前の通り、薄いヒラタケの仲間ですが、味噌汁に入れて食べたら、さっぱりして、なかなか美味しいキノコでした。
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
菌類

シャグマアミガサタケ
Gyromitra esculenta

シャグマアミガサタケ

見るからに不気味

大きなシャグマアミガサタケが出ていたので、手に取って撮ってみました。

あまりにも不気味で、これを最初に食べようとした人は、ある意味凄いです。。。
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
菌類

シャグマアミガサタケ
Gyromitra esculenta

シャグマアミガサタケ

黒いカリフラワー

トドマツ林内にある林道わきに、シャグマアミガサタケが出ていました。

見た目も毒々しくて、生で食べると猛毒らしいですが、湯でこぼして、毒抜きして食べる方も居るらしいです?

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
菌類

ウラグロニガイグチ
Tylopilus eximius (Peck) Sing.

ウラグロニガイグチ

裏黒

林道の脇に、黒くて立派なキノコが生えていました。

傘の裏側が、その名の通り、黒っぽくて、あまりおいしそうには見えませんね?

僕は食べた事はありませんが、しっかり加熱して食べると、美味しいキノコらしいです、ただ、ちゃん中まで火が通らないと、大変な目に遭うらしいです??
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
菌類

ムラサキホウキタケ
Clavulina zollingerii Lev. emend v.Over.

ムラサキホウキタケ

小さいが派手なキノコ

夏のトドマツ林内に、紫色の派手なキノコが出ていました。

見た目は、毒っぽいですが、図鑑を見ると、食となっていますが、食べる価値は無いかと思います?
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
菌類

カレエダタケモドキ
Clavulina rugosa

カレエダタケモドキ

にょろにょろ

梅雨時になるとぞろぞろ生えてくる不定形キノコ。

基本的に棍棒状で枝分かれはあんまりしない。色は白からクリーム色。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
torii
撮影場所
滋賀県草津市
菌類

トガリアミガサタケ
Morchella conica

トガリアミガサタケ

春のあやしいキノコ・黒

春先に生えてくるあやしい形のキノコ。

時に公園や庭先にも生えてくるので驚く人も多いが、ヨーロッパではすぐれた食菌として扱われる。頭の黒いトガリアミガサタケは、白っぽいアミガサタケよりこころもち早く発生し、量的にも多い。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
torii
撮影場所
三重県いなべ市
菌類

オオホウライタケ
Marasmius maximus

オオホウライタケ

落ち葉のマットにゾロっと並ぶ

林や竹やぶなどの地上に積もった落ち葉から生えてくるキノコで梅雨時の常連。

傘の直径は5センチから大きいものは10センチくらい。放射状の溝が目立ち、裏のひだは少なくまばら。落ち葉にマット状の菌糸を広げ、条件がそろえばうじゃうじゃ生えてくる。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
torii
撮影場所
京都市
菌類

カレバキツネタケ
Laccaria vinaceoavellanea

カレバキツネタケ

雑木林の常連

梅雨時を中心にきわめてよく見かける普通種。

傘は直径5センチほど。真ん中がくぼみ、ふちは波打ち、放射状のすじが目立つ。傘の裏のひだは粗い。
湿っているときは写真のようになめらかな肌色をしているが、乾くと真っ白でゴワゴワとした紙のようになり、全く印象が変わる。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
torii
撮影場所
滋賀県草津市
菌類

カンゾウタケ
Fistulina hepatica

カンゾウタケ

森のレバー?牛タン?

知る人ぞ知るゲテ物系キノコ。

サルノコシカケ型をしており、色は真っ赤。ナイフで切ってみると中も真っ赤で、きれいな霜降り模様が見られる。形としては名の通り、肝臓に近いけど、その表面の質感や肉の霜降り具合は、動物の舌と瓜二つ。まったく意味不明、神様のイタズラとしか思えない。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
torii
撮影場所
三重県鈴鹿市
菌類

キクラゲ
Auricularia auricula

キクラゲ

ぷるぷるキクラゲ

ぷるぷるとしていて透明感のあるキクラゲ。

肉が薄くて透明感がなく肉質のコリコリしているアラゲキクラゲとともに、野外で普通に見られる。ただ、どちらかといえばアラゲさんの方が普通。市販品も大半がアラゲだ。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
torii
撮影場所
三重県鈴鹿市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 7人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[菌類]