この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

菌類

【五感で観察する WEB自然図鑑】:投稿図鑑 -
菌類

コテングタケモドキ
Amanita pseudoporphyria Hongo

コテングタケモドキ

ヘルメットの横で

一瞬オニフスベかと思って、近づいていったら、放置されたヘルメットでした・・・そしてその横に、たぶんコテングタケモドキと思われるキノコが出ていました。

ヘルメットはたぶん、間伐の作業をした人が、落としたものでしょうか?

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
菌類

ニセイロガワリ
Boletus badius

ニセイロガワリ

ナメクジ

ニセイロガワリは美味しいキノコだが、この個体を採るのはさすがにためらわれた。先客のナメクジがほとんど食い尽くしていたのだ。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
フランス フォンテヌブロー
菌類

カラカサタケ
Lepiota procera

カラカサタケ

かたい

空き地や林道など明るい環境を好み、寸法も大きいので目立つキノコである。
これは、まだ傘が開いていない若い個体。
茎がかたいので、充分煮込まないと食べられない。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
フランス フォンテヌブローの森
菌類

ムラサキフウセンタケ
Cortinarius violaceus

ムラサキフウセンタケ

不明

美しいとも、毒々しいとも形容出来るキノコ。コナラ類やブナの林床に生える。
ヨーロッパの多くの本には「食用にはなるが美味しくはない」とある。しかも「食用には適さない」という著者もいるから、無理して食べる程の種類ではないのだろう。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
フランス フォンテヌブローの森
菌類

ハツタケの仲間
Lactarius deliciosus

ハツタケの仲間

乳液

日本の図鑑を見る限り、ハツタケやアカモミタケに似ている。
チチタケ科のキノコだから、傘の裏を傷つけると「乳液」が出てくる。本種のは橙色。また、ちょっとした傷でも身が緑色に変色する。

コリコリした感触で、フランス人が好む種類。スーパーや八百屋などでも売っている。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
フランス フォンテヌブロ―の森
菌類

カワラタケ
Trametes (又はCoriolus) versicolor

カワラタケ

普通種

イグチ類を探しに行ったのだが、食用になるか判らない種類ばかりで丸ボーズ。しかし、普通種であるカワラタケが倒木にキレイに生えていた。じっくり見ると絵になる光景だった。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
パリ近郊 ムドンの森
菌類

マグソヒトヨタケの仲間
Panaeolus sp

マグソヒトヨタケの仲間

馬糞

山地に猛禽を観察しにいったら、牛糞に生えているキノコを見つけた。
何の種類かわからず、キノコに詳しいてっちゃん(gaku塾生)に聞いてみたら、マグソヒトヨタケの仲間と判明。糞の上に生えるキノコの仲間である。

高さは10センチ弱。
Panaeolus
semiovatus

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
フランス ピレネー山脈
菌類

アカカゴタケの仲間
Clathrus archeri

アカカゴタケの仲間

オーストラリア

林道で見つけた異様なキノコ。
形状、色彩、臭いとユニークな存在である。何科に属するかも判らないので、詳しい方の掲示板で教えていただいた。
赤籠茸、とは的を得た表現である。

本種はオーストラリア原産だそうだ。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
フランス ランド地方
菌類

ニセショウロ
Scleroderma citrinum

ニセショウロ

不食

夏から秋にかけて林床に多く見られるが、残念ながら食用には適さない。
少しショウロ(トリュフ)には似ているが、地上に生えているのだから混同しようがない。

欧州から日本にまで分布している。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
フォンテヌブロ―の森 (パリ地方)
菌類

ヤマイグチの仲間
Leccinum sp

ヤマイグチの仲間

帰り道

地元に住む友人に案内されて、いろいろ見せてもらった後の帰り道。
林道にイグチの類が生えていた。ヤマイグチの仲間と思ったが、自然に詳しい友人は同定できないと言う。フランス人には珍しく、キノコにはあまり興味がないのだった。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
フォンテヌブローの森
菌類

ニセイロガワリ
Boletus badius

ニセイロガワリ

キノコご飯

近郊の森で拾ってきたキノコと栗で夕食にした。
それと、中華食品店で買った大根を酢漬けにしてビタミン補給。
異国でも醤油と味噌さえあれば、和食は楽しめる。他の調味料や材料は適当に調達すれば良い。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
パリ市
菌類

マツタケ
Tricholoma matsutake(S.Ito et Imai)Sing.

マツタケ

手打ちそばに国産マツタケ

四国にマツタケの産地があった。
知人たちに案内されて出かけた山里のお蕎麦屋さん。
ばあちゃんが手打ちにした蕎麦は、太くて、短くて、それはそれは蕎麦の濃い味がした。
そこに、裏山で取れた天然マツタケが、よいっしょと、乗っている。
スープまで、一滴も残さずに、すべてを平らげてきたのは、言うまでもない。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
徳島県池田町

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 1人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[菌類]