この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

全件を新着順に表示

鳥類

ハリオアマツバメ
Hirundapus caudacutus

ハリオアマツバメ

上空を飛び交う

秋になると、上空を飛び交うアマツバメの群れが、見られるようになります。

普段は上空高いところを飛んでいて、雨燕の名の通り、曇った日や雨の日になると、低い位置まで降りてきて、飛び交うのが見られるようになります。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
鳥類

ヨーロッパ・フラミンゴ
Phoenicopterus ruber roseus

ヨーロッパ・フラミンゴ

脱走フラミンゴ

旭山動物園から逃げ出して、紋別市にあるコムケ湖にスッカリ居着いてしまったヨーロッパ・フラミンゴです。

アオサギなどと行動を共にしていましたが、10月28日の目撃を最後に、行方がわからなくなったそうです?果たして、今度は何処に現れるのでしょうか?
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別市
鳥類

ツツドリ
Cuculus saturatus

ツツドリ

桜とツツドリ

見た目は、カッコウそっくりですが、筒を吹いたような、ポッ・ポ・ポ・ポッ・・・と言う鳴き声で鳴くツツドリが、桜の木に止まったので、桜の花をバックに撮ってみました。

カッコウよりも、胸の縞模様が、少し太いようです。
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
鳥類

カッコウ
Cuculus canorus

カッコウ

育ての親ごと食われそう。。

自分の体の何倍もある、カッコウの雛に、コヨシキリが餌を次々と運んで与えていました。

しかも、このコヨシキリは、尾羽が無くなっていたので、余計に小さく見えて、育ての親ごと食われそうでした。。
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
鳥類

エナガ
Aegithalos caudatus

エナガ

小鳥界のアイドル

北海道に居る亜種シマエナガは、顔が真っ白で、雪だるまのようで、とても可愛くて、まるで野鳥界のアイドルのようです。

このエナガは、ネコヤナギを食べに来ていたようでした。
コメント:1件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
鳥類

オオマシコ
Carpodacus roseus

オオマシコ

道路脇で採食

オスは、赤くて綺麗なオオマシコが、
雪が解け始めたばかりの、道路脇で採食していました。

コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
鳥類

ビロードキンクロ
Melanitta fusca

ビロードキンクロ

面白い顔

ビロードキンクロは、普段は沖の方にいて、なかなか近くで見られない海ガモですが、吹雪の日に、地元の漁港内に居るのを見つけて、近距離から撮ることが出来ました。

クチバシには突起があって、大きな鼻の穴が開いていていて、目の下には、白い模様がはいっていて、歌舞伎役者のようで、面白い顔をしていますね。
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
鳥類

ベニマシコ
Uragus sibiricus

ベニマシコ

白いベニマシコ

道内のとある原生花園で、アルビノと思われる、白いベニマシコが居ました、白いベニマシコはメスで、真っ赤なオスと一緒に巣材運びをしていました。

残念ながら、真っ赤なオスとの紅白2ショットは撮れませんでした・・・
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道
鳥類

ギンザンマシコ
Pinicola enucleator

ギンザンマシコ

魅惑の赤い鳥

ギンザンマシコは、日本では、北海道のみで見られる鳥で、夏は大雪山などの高山で繁殖しますが、冬になると低地に降りて来ることがあります。

このギンザンマシコも、自宅近くの低い山で見ることが出来ました。

オスの成長は真っ赤で、とても綺麗な鳥で、青空バックに映えていました。
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
鳥類

チョウゲンボウ
Falco tinnunculus

チョウゲンボウ

空中制動

地上のトノサマバッタを捕まえたチョウゲンボウが、垂直上昇して電線の食卓に着こうとする直前。翼前縁の小翼羽と呼ばれる小さな部分を立てて、減速時の失速を防いでいる。飛行機の主翼に付いているスラットは、この原理を応用している。
コメント:2件
投稿者
たじまもり
撮影場所
京丹後市
鳥類

ツバメ
Hirundo rustica

ツバメ

小競り合い

おそらく南への旅の途中だろう。ツバメのグループが大豆畑を飛び回っていた。フェロモントラップの支柱が格好の休憩場所となっており、場所を巡って今年生まれの子供ツバメ同士が争っていた。
コメント:2件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

ヤマドリ
Syrmaticus soemmerringii

ヤマドリ

森林化でどこにも普通種

近年の森林化は、ヤマドリにとってはとても棲みやすい環境となっている。
ちょっとした森や林には、必ずいるのだけれど、ヤブ化で見にくいところもあるからヤマドリの存在に気づかないことも多い。
秋の今の時期、山中では低くそっと「ホロ」を打つから、姿が見えなくても存在確認はできる。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
中央アルプス山麓

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 4人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[全件を新着順に表示]