この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

野山の木

植物

キリ
Paulownia tomentosa

キリ

立派な花

キリ(桐)といえば、箪笥などに使われる高級木材である。

キリの花は初夏の頃に咲く。
薄紫色で大きな花。

だけど、高い所に咲くので、見過ごされがちである。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
植物

イチョウ
Ginkgo biloba

イチョウ

台風一過

川土手の大銀杏。
かなりの老木ですが毎年、たくさんの銀杏を実らせます。
台風が去った後、その下にはおびただしい銀杏が落ちていました。
コメント:2件
投稿者
さかまさ
撮影場所
福岡県遠賀郡
植物

ヤマグワ

ヤマグワ

姿を変えたヤマグワの木

6月28日に投稿した、ヤマグワの木。
この木は、ツキノワグマが実を食べるために付かれ、枝を折られたりして姿を変えてしまった。

ヤマグワは、沢山の実を付けても一度に熟さず、10日間くらいかけて少しずつ熟していく。
時間をかけて、いろいろな鳥や動物たちに種を運ばしている。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
akke
撮影場所
秋田県
植物

ヤマグワ

ヤマグワ

美味しい木の実にツキノワグマ?

ツキノワグマが来てヤマグワの実を食べていた。
真ん中の木が、ヤマグワ。
ツキノワグマは、木の上部の実を食べるため、木に登り枝を折った。

2枚の写真を比べると、木の姿が変わったことが分かる。
コメント:1件
投稿者
akke
撮影場所
秋田県
植物

ヤマグワ

ヤマグワ

美味しい木の実にツキノワグマ

何の魅力もない写真。
山際に生えるヤマグワが写真中央にあり、実が赤から黒く熟してきた。

写真の下には、左右に細長く2haほど水田がある。その内の約6割は、耕作放棄地となってササやススキ、灌木が生え見通しが悪い状態。
ヤマグワもだいぶ太くなった。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
akke
撮影場所
秋田県
植物

ミネヤマザクラ

ミネヤマザクラ

沢山の花を付けたミネヤマザクラ

今年のサクラは、各地でとても多くの花を付けた。
山のミネヤマザクラも例外ではなく、花が多く美しかった。

もう少しすると、これらのヤマザクラはサクランボを多く付けるだろうから、実が熟した頃には鳥やツキノワグマ等の生き物達が来て食料とするだろうと見込んでいた。

コメント:1件
投稿者
akke
撮影場所
秋田市
植物

ゴヨウアケビ

ゴヨウアケビ

裏山にて

「アケビとミツバアケビの雑種と考えられる。」と図鑑にあります。

小葉が5枚なのが分かると思います。
コメント:0件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
長野県 飯田市
植物

ゴヨウアケビ

ゴヨウアケビ

裏山にて

この時期、裏山へアケビの花を見にやって来る人がいます。

お目当てはこの「ゴヨウアケビ」のようです。
この辺りでは「アケビ」の4割ぐらいが「ゴヨウアケビ」でして、
白い花と紫の花を同時に楽しむらしいです。

「アケビとミツバアケビの雑種と考えられる。」と図鑑にあります。
コメント:0件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
長野県 飯田市
植物

アケビ

アケビ

裏山にて

我が家の裏山では、いまアケビが咲いています。
田畑を囲む林には思っていたよりも多くのアケビが咲いています。
コメント:0件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
長野県 飯田市
植物

ハンノキ林
Alnus japonica

ハンノキ林

平地の湿地林

ハンノキ林は、平地や丘陵地の湿地林によく発達する。そしてミドリシジミやハンノキハムシなど、ハンノキ食いの昆虫達の棲家でもある。
しかし、平地や丘陵地の湿地林は開発が容易で、宅地造成やゴルフ場開発などで真っ先に消えていく運命にある。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県
植物

マテバシイ
Lithocarpus edulis

マテバシイ

どんぐりごろごろ

公園に植えられていることが多いマテバシイ。
子供の頃、どんぐり拾いをして楽しんだ方も多いのではないだろうか。
それが房総半島では、公園はもとより、すぐそこの雑木林も神社の裏山も、どこもかしこもマテバシイが我が物顔で生い茂っている。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
千葉県君津市
植物

クスノキ
Cinnamomum camphora

クスノキ

チェーンソーアート

毎年開催される木彫展の会場前、特設テントで公開作品作りが行われていた。クスノキをチェーンソーでカービングしてゆく大きな木彫。誰でも自由にノミを入れて共同作品を彫り上げるという趣向。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県養父市大屋町

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 1人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[野山の木]