この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

トカゲ

両生類・爬虫類

シクラカベカナヘビ
Podarcis sicula

シクラカベカナヘビ

渓谷を見下ろす

トスカーナ地方には、14世紀から農民が黒土を運び込んで農耕地に変えていったオルチャ渓谷がある。そこに位置するピエンツァは、当時の法王が理想の都市を目指して造り出された村。

南側にある小道からはオルチャ渓谷をパノラマで見渡せて、車は入れないため気持ちよく散策できる。

(続きがあります)
コメント:3件
投稿者
クワ
撮影場所
イタリア ピエンツァ村
両生類・爬虫類

ニホンカナヘビ

ニホンカナヘビ

地を這うミニミニ恐竜

身体は小さくとも、よく見れば、かたちはワニや恐竜などと同じである。この個体は、交尾を終えたばかりのメス。動かずにじっとしていて、カメラのレンズを近づけても一向に逃げようとしなかった。交尾時にオスに咬まれたのが、よっほど応えたのだろうか?
コメント:0件
投稿者
オーロラ
撮影場所
東京都八王子市
両生類・爬虫類

ニホンカナヘビ

ニホンカナヘビ

噛み付き押さえて交尾

自宅玄関前のデッキの上で、なにやら絡まっているモノを発見! 何だろう?と思って見たら、それはカナヘビの交尾シーンであった。

オスがメスの胴体にかぶりつき、押さえつけて交尾をしていた。なんとも恐ろしいような、野生を感じさせるシーンであった。
コメント:2件
投稿者
オーロラ
撮影場所
東京都八王子市
両生類・爬虫類

トカゲ?

トカゲ?

お食事


公園の遊歩道で見かけました。
ミミズを捕らえて飲み込むまで3?4分の格闘でした。
友人とバスガイドさん7人で観察する間見物人には
目もくれず懸命にお食事中でした。
お腹がみるみるふくらん完食のあとは
おもむろに藪の中へ。
コメント:0件
投稿者
C-NA
撮影場所
静岡県浜松市フラワーパーク
両生類・爬虫類

ニホントカゲ
Eumeces latiscutatus

ニホントカゲ

青二才

ニホントカゲとニホンカナヘビは、よく混同されます。
さらにニホントカゲの幼体は、成体とは色が全く違うので、よけい混乱します。
そこで、簡単な見分け方。
ニホンカナヘビは、小型で肌(鱗)に光沢がありません。色は茶色。
ニホントカゲは、メタリックで滑らかなボディをしています。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
東京都八王子市
両生類・爬虫類

ニホントカゲ
Eumeces latiscutatus

ニホントカゲ

日向ぼっこ

カナヘビと思って撮ったけれど、体の金属光沢が気になった。
ニホントカゲはコバルトブルーだったのにと思って調べたら、
幼体の尻尾がメタリックなブルーだそうだ。これは成体。
これまで見た記憶がない。
ニホンカナヘビと思って見ていたのだろうか。
コメント:0件
投稿者
amitake
撮影場所
神奈川県大船
両生類・爬虫類

サキシマキノボリトカゲ
Japalura polygonata ishigakiensis

サキシマキノボリトカゲ
キノボリトカゲは、琉球列島以南に分布するアガマ科のトカゲで、サキシマキノボリトカゲは宮古・八重山諸島(石垣島、西表島)の亜種。
樹上性で、驚かすと、素早く樹の枝の裏側に回り込み、身を隠す。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県石垣島
両生類・爬虫類

アノールトカゲの一種
Anolis marmoratus

アノールトカゲの一種

原住民

南米のフランス領地、ギアナ。アリアンヌ発射基地があるクルー市でよく見られる緑色のトカゲ、アノールの一種。

てっきりギアナの原住民かと思っていたが、カリブ海のグアドループ島から「密入国」し、定着した
Anolis
marmoratus
であった。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
仏領ギアナ クルー市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 1人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[トカゲ]