この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら
すべての投稿 > 昆虫 > チョウ・ガ目

チョウ・ガ目

昆虫

ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモン
名前がなかなかでてこなかった。メスです。
コメント:0件
投稿者
sazanga39
撮影場所
自宅庭
昆虫

マドガ
Thyris usitata

マドガ

実はワタクシ

お、綺麗なアブがいる!
と思ってよく見たら、

........あれ?

ガだ。
こんなに綺麗なのに、ガだ。
花の蜜が大好き。
それでもガなのだ。

地味だし気持ち悪いし夜行性だし、世の中ガに対してはイメージがあまりよろしくないないけど、中にはこんな可愛らしいのもいるのだ。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
東京都多摩市
昆虫

オビカレハ
Malacosoma neustrium testaceum (Motschulsky, 1861)

オビカレハ

子供の頃の遊び相手

子供時代、小学校の校庭に植えられたサクラの木に、初夏の頃、この幼虫がよく発生した。
見た所、毛むくじゃらの幼虫であるが、無毒な毛虫なのである。
だから、この幼虫を何匹か捕らまえては互いに競争させてよく遊んだ。
サクラの若葉のほの甘い香りと共に、子供の頃の郷愁を誘う毛虫である。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

ホタルガ
Pidorus atratus Butler, 1877.

ホタルガ

派手な色彩の幼虫


マダラガ科の幼虫は地味な色彩の幼虫もいるが、派手な色彩の幼虫も多い。このホタルガの幼虫も黄色と黒のコントラストがハッキリしていて、よく目立つ。
これだけ目立つと鳥などの天敵に見つかりやすいように思うが、たとえ食べられても大変に不味いのである。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
昆虫

カラフトセセリ
Thymelicus lineola

カラフトセセリ

ドンドン増加中?

カラフトセセリは、ロシア原産で、日本では1999年7月に、北海道滝上町で、初めて採取されて以来、生息範囲が近隣町村に広がっているようです。

外国から輸入した牧草に幼虫が入っていたために、北海道にやってきたのでしょうね?

(続きがあります)
コメント:2件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
昆虫

アオバハガタヨトウ
Antivaleria viridimacula

アオバハガタヨトウ

ホワイトラインがキマッてる

桜の木の下でみつけた、キレイなグリーンのイモムシさん。ただいま、変身準備中。しばしのお宿は、シロツメクサの花の下。
コメント:0件
投稿者
オーロラ
撮影場所
東京都八王子市
昆虫

コムラサキ

コムラサキ

汗水を吸い取る

山の公園に脱ぎ忘れられたスニーカー。
染み付いた汗をコムラサキが吸っていました。
汗水吸取る悪い奴、、、?

多分山へ入れば、野グソ、立小便はあたり前、、?
で、いろいろな生物が育ちます。

水虫菌のいるかも知れないこのクツで蝶は育ち、、、
琵琶湖の小魚を食べてバスは育ち、、、

(続きがあります)
コメント:2件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
長野県 駒ヶ根市
昆虫

ヒメシロモンドクガ?

ヒメシロモンドクガ?

ヒメシロモンドクガですか?

去年の10月に見かけた毛虫です。
最初に自分で調べた時には、リンゴドクガっていう蛾の幼虫の少し色の違うものだと思ったのですが
今回再び調べてみるとヒメシロモンドクガかな?とも思っています。
ネット上のヒメシロモンドクガの写真と少し違うようにも思いますので

(続きがあります)
コメント:1件
投稿者
nakayama
撮影場所
長野県松本市
昆虫

ウスバシロチョウ
Parnassius citrinarius

ウスバシロチョウ

初夏、ウスバシロチョウの季節

寒かった今年の冬が明けて、いつの間にか初夏と言える季節になっています。
この辺りでは、ホトトギスの声と共にヒラヒラとウスバシロチョウが飛び回る季節。
家の畑で交尾中の2頭。もうすぐその姿を見かけなくなるのかな。

(続きがあります)
コメント:1件
投稿者
nakayama
撮影場所
長野県松本市
昆虫

ナミアゲハ
papilio xuthus

ナミアゲハ
アゲハの終齢幼虫である。ミカン科の木やサンショウなどについて葉を食べる。
コメント:0件
投稿者
オーロラ
撮影場所
東京都八王子市
昆虫

キマダラルリツバメ
Spindasis takanonis

キマダラルリツバメ

2対の尾状突起が魅力

夕方5時半を過ぎて、キマダラルリツバメの占有行動が始まった。小さなシジミチョウがタニウツギのまわりを高速で飛び回る。

美しい翅裏模様と、なんといっても2対の尾状突起がこのチョウの魅力である。アリと共生することでも知られる。産地が限られる希少種。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県美方郡
昆虫

オオイチモンジ
Nympharis antiopa Linnaeus

オオイチモンジ

裏は派手です。

林道の水たまりの近くで、吸水している、オオイチモンジです。

オオイチモンジは、表は、シックですが、裏はとても派手で綺麗な蝶です。
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 4人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[チョウ・ガ目]