この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

ネコ科

ほ乳類

ネコ
Felis silvestris catu

ネコ

極楽、極楽

巨大霊園は、野良ネコにとって天国だ。
お供えはあるし、ニンゲンは可愛がってくれるし、餌をくれたりもする。
周りは緑地だから、ネズミやトカゲだっている。
なので毛艶が非常によく、とても健康的だ。
そして、とても人なつっこい。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
神奈川県川崎市
ほ乳類

ネコ
Felis silvestris catus

ネコ

身構えるノネコ

自動撮影のロボットカメラが捉えた「ノネコ」です。
光るストロボに向かって瞬間的に身構えています。
全身の筋肉を一瞬で戦闘態勢に切り替え、あらゆる五感を駆使して状況を読み取っているようです。
まさにスクランブル体勢ですね。
コメント:0件
投稿者
はちべえ
撮影場所
大阪府箕面市
ほ乳類

ネコ
Felis silvestris catus

ネコ

ゴミ袋の破り方 ネコの学習結果

亀岡市では 市指定の生ゴミ用のゴミ袋に生ゴミを入れてごみ収集場所に出して 猫やカラスからゴミ袋を守るために錘付防鳥ネットをかける事に決まっていますが 指定の場所に出さない ましてやネットもかけない 社会生活を行ううえでの義務意識の欠如が ネコに新たな餌場を教える事になる
コメント:0件
投稿者
kaba
撮影場所
京都府亀岡市 市内路上
ほ乳類

ネコ
Felis silvestris catus

ネコ

横断歩道は手を上げて

交通量は多いのに、信号の無い交差点。
なかなか途切れない車の流れに戸惑っていると、反対側から余裕で渡ってきたツワモノがいた。
走る車をスイスイと避けながら、横断歩道を堂々と歩くその姿に、ニンゲンたちはハラハラ。
当の本人にしてみれば、これは日常なんだろう。

(続きがあります)
コメント:4件
投稿者
ぴょん
撮影場所
千葉県銚子市
ほ乳類

ネコ
Felis silvestris catus

ネコ

ホネまで愛して 1

干潟には、時々ホネが打ち上がる。
これはネコの頭骨。
下側が変色しているのは、今までそこが埋まっていたのかも知れない。
潮の干満で出てきたようだ。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
千葉県富津市
ほ乳類

ネコ
Felis silvestris catus

ネコ

樹洞の定点観察(7)

ストロボの光にビックリ!

思いのほかネコたちは、山の「けもの道」を利用している。
小動物にとって、このネコたちの存在は、脅威だろう。
コメント:0件
投稿者
もっち
撮影場所
山梨県西八代郡
ほ乳類

ネコ
Felis silvestris catus

ネコ

樹洞の定点観察(5)

ここの場所には、何匹かのネコたちがやってくる。

こいつは、近所のネコたちに一目おかれている存在。
なにげに風格が漂っているでは、ないか。
コメント:0件
投稿者
もっち
撮影場所
山梨県西八代郡
ほ乳類

ネコ
Felis silvestris catus

ネコ

樹洞の定点観察(4)

ここがお気に入りのヤツは、野生動物ばかりではない。
ピンクの首輪をつけた真っ白な飼い猫がやってきた。

・・・実は、私の家のネコです。
コメント:0件
投稿者
もっち
撮影場所
山梨県西八代郡
ほ乳類

ネコ
Felis silvestris catus

ネコ

樹洞の定点観察(3)

夜、ノラネコが身動きせず、じっと雨の中で樹洞を見つめていた。
かなりの時間ねばっていたが、やがてあきらめてどこかへ行ってしまった。
今日は、ネズミの定休日らしい。
コメント:0件
投稿者
もっち
撮影場所
山梨県西八代郡
ほ乳類

ネコ
Felis silvestris catus

ネコ

ミナミノシマノイエネコ?

竹富島のコンドイビーチといえば、青い海と遠浅の海岸がずーーと続き、観光客が絶え間なく訪れる有名な海岸である。
そのコンドイビーチの入り口に住み着いているネコがいる。

餌は島の人が与えているのか、はたまた観光客が与えているのか、よく判らない。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県竹富島
ほ乳類

ネコ

ネコ

猫食らふ猫

gakuの今日のヒトコマblogの「ノウサギ完全復活宣言」を読んで、
藤原信也氏のメメント・モリを思いました。
「ニンゲンは犬に食われるほど自由だ」というのがありました。
この写真は、さしずめ「ネコは猫を食えるほど自由だ」というところでしょうか。
コメント:3件
投稿者
ミサ郎
撮影場所
茨城県
ほ乳類

イエネコ
Felis catus

イエネコ

捕食者

ここは周りが都市に囲まれたパリ近郊の森。
キツネやムナジロテンより、遥かにネコの足跡が多かった。
地上でも樹上でも行動している姿が足跡から想像できた。オールグランドの捕食者である。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
ムドンの森 (パリ近郊)

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 1人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[ネコ科]