この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

ウサギ科

ほ乳類

ノウサギ

ノウサギ

写った、

タヌキの記録用カメラに、
何か違うものが写るのを期待していたのですが、
ウサギが写ってくれるとは思っていませんでした。
雪の後の、足跡位しか確認できませんでしたから。
コメント:0件
投稿者
杢欣堂
撮影場所
長野県 飯田市
ほ乳類

ナキウサギ
Ochotona hyperborea yesoensis

ナキウサギ

せっせと貯蔵

冬に向けて、ナキウサギが、イワブクロの葉をくわえて、せっせと、巣穴に運び入れていました。
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道上川郡
ほ乳類

ナキウサギ
Ochotona hyperborea yesoensis

ナキウサギ

ピチッと鳴く

十勝岳の麓に、ナキウサギを撮りに行ってきました。

ナキウサギは、日本では北海道の高山帯だけに生息して、その名の通り、鳴きます。

写真は、そのピチッと、鳴いている瞬間を撮る事が出来ました。
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道上川郡
ほ乳類

エゾユキウサギ
Lepus timidus ainu

エゾユキウサギ

にんまり笑う?

アップで撮って見ました。
あくびするときの顔です。
なんか、笑っているようにも見えました。
樹木の皮を剥いて食べるのに適した下歯なんですね。
感心してしまいました。
コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道豊富町
ほ乳類

エゾユキウサギ
Lepus timidus ainu

エゾユキウサギ

可愛い尻尾

よく顔を洗うようなしぐさをするので顔から先に毛代わりしていきます。モヒカン刈りのように白い毛がおでこのあたりに残っています。この毛代わり時期は、個体差があって面白いです。野生動物にしては愛嬌のある尻尾。
コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道豊富町
ほ乳類

エゾユキウサギ
Lepus timidus ainu

エゾユキウサギ

見事な迷彩色

3月の下旬ごろから毛代わりが始まります。この雪解けの頃は雪の上にいても古草の上にいても 気がつかないような見事な迷彩服になっています。
なお、♀の方が毛代わりが早いとも言われています。
これは♀です。

コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道豊富町
ほ乳類

エゾユキウサギ
Lepus timidus ainu

エゾユキウサギ

ウサギのお○ん○ん (2)

伸ばしたら20cmぐらいはあります。
また、するすると丸まって収納されます。
敵に襲われやすいウサギは 交尾の時間も短いので 一瞬のうちにも確実性をの構造になっているのでしょうね
コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道幌延町
ほ乳類

エゾユキウサギ
Lepus timidus ainu

エゾユキウサギ

ウサギのお○ん○ん

蚊取り線香の渦巻きみたいに丸まっています。
あくびしたりリラックスしたりするとき長く伸びるときがあります。
これは伸びる途中。
まるで、吹き戻しみたい(^^)
コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道幌延町
ほ乳類

エゾユキウサギ
Lepus timidus ainu

エゾユキウサギ

ササの葉が好き

北海道のユキウサギの冬毛は真っ白です。
白い雪の中にじっとしているとウサギがいることに気がつきません。雪の上の真新しい足跡を辿ってゆくと 雪の中から出ている笹の葉を食べていました。

コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道幌延町
ほ乳類

ノウサギ
Lepus brachyurus

ノウサギ

人を恐れぬ仔兎

この仔兎との出会いは2度目。最初は、林道から少し歩いて入った湿地で出会った。人の足元をじゃれ付くように跳ねていった。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県美方郡
ほ乳類

アナウサギ
Oryctolagus cuniculus

アナウサギ

交通事故

小さな田舎道で轢殺されていたアナウサギ。体も小さく、今年生まれた幼獣のようだ。ハシボソガラスが早速、腸を引き出していた。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
西フランス ヴァンデ県
ほ乳類

ウサギ
Lepus brachyurus brachyurus  

ウサギ

真っ赤な力強い肉

ノウサギの生肉は、とにかく真っ赤。
どこにも脂がみられないが、肉の繊維内には筋肉の運動をたすけるための脂が滲みこんでいるようだ。
さっぱりしていて、それで濃い味があって、美味しい肉だった。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
東京都

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 4人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[ウサギ科]