この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

モズ科

鳥類

モズ
Lanius bucephalus

モズ

シロハラを襲った相手

雪が深くなればなるほど、野性動物のサバイバルは難しくなる。行動範囲が狭まり、餌場も限定されるから、食う・食われるの駆け引きがシビアとなるのだ。

(続きがあります)
コメント:3件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

オオカラモズ
Lanius sphenocercus

オオカラモズ

チャイニーズなモズ

この冬、山陰地方の複数箇所でオオカラモズの観察報告があった。移動の群れが日本列島に流れ込んだのだろう。普通のモズにくらべ明らかに大きく、ご覧の通りのシックなグレー基調の鳥。警戒心はあまり強くなかった。11月から翌1月まで滞在したが、春を待たずに姿を消してしまった。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

モズ
Lanius bucephalus

モズ

新建材の巣

モズの巣が薮のなかにあった。
4卵を抱卵中だったが、巣材にはたくさんのビニール系が目立った。
ゴミとして捨てられたものを彼らは「巣材」として利用していたからだ。
新建材を次々に開発しては使っていく人間社会と、モズの心理状態はたぶん同じなのではないかと思った。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
静岡県富士市
鳥類

モズ

モズ

コバネイナゴのはやにえか?

仕事を終え、白鳥の飛翔を撮りに行ったが間に合わなかった。
正直に言うと間に合ったにしても、きれいな写真はなかなか撮れない。

諦めて帰ろうと思ったとき、この「はやにえ」を発見した。
「fresh」のようだ。
仕業は、モズだろうが、どの鳥が食べるのだろう?

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ブリスパ
撮影場所
福島県

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 5人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[モズ科]