この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

ハト科

鳥類

ドバト
Columba livia var. domestica

ドバト

ドバトです、おじゃまします。

ここは淀川河川敷。

「あれ?ここのおじさんどこいったのかな?荷物だけいっぱいあるよ。ちょっとお邪魔しま〜す!なにか美味しいもの無いかな〜?」

コメント:0件
投稿者
はちべえ
撮影場所
大阪市東淀川区
鳥類

ドバト
Columba livia

ドバト

裏の顔

ちょっとした憩いの場がある川辺。
何かくれと寄ってくるドバトは、老若男女問わず人間のアイドルだ。
平和な風景が、そこにある。

何もあげないで写真だけ撮っていたら、こんな顔で凄まれてしまった。
まるで、ショバ代を払えと脅されているようだ。
平和の象徴の裏の顔が、そこにあった。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
千葉県君津市
鳥類

キジバト
Streptopelia orientalis

キジバト

キジバトのねぐら糞

冬になると、キジバトは決まったねぐらを林に持つ。
その下へいくと、このように糞が落ちている。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県駒ヶ根高原
鳥類

キジバト
Streptopelia orientalis

キジバト

虫干しをするキジバト

雨上がりの翌日に気温が上がると、キジバトはよく日光浴をする。
体についたダニなどにダメージを与えるためである。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県駒ヶ根高原
鳥類

ドバト
Columba livia

ドバト

昔の名前で出ています

JR新宿駅東口脇が開発される前は、自転車置き場の広場ができていた。
そこが、ドバトたちにとっては憩いの場所。
ロードショーの看板が立ち、ここは時代と流行を確認する絶好なポイントだった。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
東京都新宿区
鳥類

ドバト
Columba livia

ドバト

待ち人来たらず

東京に大雪が降った日。「いつも餌をくれるおじさん来ないしー」駅前のハト達も心なしか寂しそうだった。
コメント:0件
投稿者
ケイト
撮影場所
東京都池袋駅東口
鳥類

ドバト
Columba livia

ドバト

パリに死す

歩道でドバトが死んでいた。
近所で見るドバトの死体は轢死が圧倒的に多いのだが、この個体は病死なのだろうか、静かに事切れていた。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
パリ市
鳥類

ドバト
Columba livia

ドバト

ドバト

餌を食べている処・・おじゃました、・・羽がきれいだった。
コメント:0件
投稿者
はな
撮影場所
東京
鳥類

アオバト
Sphenurus sieboldii

アオバト

真夏、塩辛い海水を飲む

夏の間、群れをつくって磯へ海水を飲みに
舞い降りる。
そういえば、伝書バトにも「塩土」っていう
塩の塊を与えるよな?。
だけど、キジバトが海水を飲むとこは見たこと
ないし、聞いたこともないな????
コメント:0件
投稿者
ホンダのS
撮影場所
静岡県浜松市
鳥類

リュウキュウキジバト
Streptopelia orientalis stimpsoni

リュウキュウキジバト

都市への進出

昔は田畑の近くや林縁で生息していたキジバトも今や都会の街路樹などに巣を造り、すっかり都会っ子になりました。公園などに行くと人の近くまで来て餌をとる始末です。

キジバトの亜種 リュウキュウキジバトです。
コメント:0件
投稿者
mii-yan
撮影場所
鹿児島県奄美大島
鳥類

キジバト
Strepotopelia orientalis

キジバト

年中無休

自宅2階の戸袋の上でキジバトが繁殖しています。ゴソゴソしているので塒かと思っていましたが、昼間でもいるので覗いてみると巣材の上に座って抱卵していました。この鳥はドバト同様ピジョンミルクのおかげで繁殖期が長く、時々今回のように人工物にも巣をかけます。
コメント:0件
投稿者
くぼけん
撮影場所
岐阜県岐阜市
鳥類

キジバト
Streptoperia orientalis

キジバト

キジバトだって跳ぶ…

ヤマガラやカケスが使うのなら、ぼくだって…
キジバトがそう思ったかは知らないが、モデルになりたかったよう、だ。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
中央アルプス山麓にて

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 4人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[ハト科]