この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

カモメ科

鳥類

ワシカモメ
Larus glaucesc

ワシカモメ

優しく見える

ワシカモメは、シロカモメと同じ、大型のカモメですが虹彩が茶色っぽいので、優しい顔に見えます。

ワシカモメは、セグロカモメに似ていますが、風切羽の色が、雨覆の色と、ほぼ同じであるのが、特徴です。
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
鳥類

シロカモメ
Larus hyperboreus

シロカモメ

ナニ見てんだよ!

カモメの仲間は、目付きが悪く見えるものが、多いですが、このシロカモメもそうで、車で近寄って行ったら、睨まれてしまいました。。

コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
鳥類

ミツユビカモメ
Rissa tridactyla

ミツユビカモメ

期間限定カモメ

ミツユビカモメは、ウミネコよりも一回り小さい、小型のカモメで、翼の先が三角形に黒くなっているのが、特徴です。

オホーツク海側で見られるのは、10月から11月ごろで、見られる時期は限られています。
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
鳥類

キアシセグロカモメ
Larus michahellis

キアシセグロカモメ

水の都で

セグロカモメの脚を黄色くしたら、この種になる。最近まで亜種とされてきた程、よく似ている。

南欧ではよく目に付くカモメで、都市部にも多い。ここ水の都ヴェネチアでもユリカモメと共に多い海鳥であった。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
イタリア ヴェネチア市
鳥類

ズグロカモメ
Larus saundersi

ズグロカモメ

カニ食い

頭黒カモメであるが、冬羽は頭が黒くない。この個体は今年生まれの第1回冬羽。日本には飛来数が少ないカモメである。ユリカモメと似るが、ズグロカモメはくちばしが黒いことで識別できる。

波打ち際に沿ってフワフワ飛んでいたのが、落ちるように急降下。見事にカニを捕まえた。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
京都府京丹後市
鳥類

コアジサシ
Sterna albifrons

コアジサシ

ドッペルゲンガー

東京湾では、アジサシの仲間が激減してしまった。
人間のせいでそうなったのだろうが、どうにかせねばと更に人間のメスが最近入り始めた。
千葉の干潟まで行けばまだ小郡が見られる。
誰もいないはずの干潟で群れを追いかけていたら、長玉を構える男がいた。
ドッペルゲンガーなのかもしれない。
コメント:0件
投稿者
ブリスパ
撮影場所
千葉県
鳥類

カモメ

カモメ

港の餌付け

港にたむろするカモメやカラスたちは、漁船が帰ってくるのを楽しみにして待っている。
それは、商品にならない魚たちが投げられるから、アテにしているからだ。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
北海道羅臼港
鳥類

オオセグロカモメ
Larus schistisagus

オオセグロカモメ

カモメの口は印象的

カモメの仲間は、その食事中をみるといかに意地汚いかがよくわかる。
カモメは、水かきをもった水辺のカラスなので、
自然界のクリーニングにはスカベンジャーとして大切な役割を担っている。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
北海道羅臼港
鳥類

オオセグロカモメ
Slaty?backed cull

オオセグロカモメ

油まみれ

何処で油まみれになったのでしょうか?
何カモメなのか判別も出来ません。頭部に斑点があるのでオオセグロカモメですよね?
こんなにも油まみれになって生きてゆけるのでしょうか?
この日1日だけで あとは見かけませんでした。
コメント:0件
投稿者
花柄クジラ
撮影場所
北海道稚内市
鳥類

カモメ

カモメ

イワシ船に群がるカモメ

毎日大量に水揚げされるイワシを頼りにして
多くのカモメ類がこの地で越冬する。
コメント:0件
投稿者
ホンダのS
撮影場所
茨木県波崎港
鳥類

ウミネコ
Larus crassirostris

ウミネコ

ウミネコの死

水揚げされるイワシを狙って港に群がるカモメ
達の中には警戒心が散漫になっているものがいる。
このウミネコは走ってきた軽トラックに私の目の前
で引かれて命を落とした。
コメント:0件
投稿者
ホンダのS
撮影場所
千葉県銚子港
鳥類

セグロカモメ
Larus argentatus

セグロカモメ

ビーチコーミング

ノルマンディー地方の避暑地。海水浴客が落したり捨てた食物を狙って、セグロカモメが歩いていた。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
フランス ディエップ市

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 4人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[カモメ科]