この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら
すべての投稿 > 鳥類 > ハヤブサ科

ハヤブサ科

鳥類

チョウゲンボウ
Falco tinnunculus

チョウゲンボウ

空中制動

地上のトノサマバッタを捕まえたチョウゲンボウが、垂直上昇して電線の食卓に着こうとする直前。翼前縁の小翼羽と呼ばれる小さな部分を立てて、減速時の失速を防いでいる。飛行機の主翼に付いているスラットは、この原理を応用している。
コメント:2件
投稿者
たじまもり
撮影場所
京丹後市
鳥類

ハヤブサ
Falco peregrinus

ハヤブサ

少ないツグミを喰う

この冬は鳥がいない。特にツグミ科の鳥がいないのが特徴的で、ツグミ、シロハラをはじめ、庭先のジョウビタキですらめったに見ない状況だった。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

ハヤブサ
Falco peregrinus

ハヤブサ

カワラヒワを食べる

カワラヒワの群れを散らしてハヤブサが現れ、目の前の電柱に止まった。腹ペコだったのか、眼下の観察者にお構いなしにその場で獲物を食べ始めた。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

アカアシチョウゲンボウ
Falco amurensis

アカアシチョウゲンボウ

小さいチゴハヤブサ?

最初見た時、チゴハヤブサだと思って、撮っていたのですが、やけに小さい事に気付き、撮った写真を拡大してみたら、脚と嘴の蝋膜がオレンジ色をしている事に気が付きました。

オホーツク圏内では、初確認となるアカアシチョウゲンボウの♀でした。
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
鳥類

チョウゲンボウ
Falco tinnunculus

チョウゲンボウ

おべんと付けてどこ行くの♪

顔のドアップはチョウゲンボウのメスタイプ。ハヤブサの黄色く隈取られた目は威圧感があるが、同じハヤブサ科のチョウゲンボウのまん丸お目目はクリっと可愛い。

秋はバッタをよく食べるが、虫のいなくなった冬の間はもっぱら小鳥を餌にする。このくちばしがナイフの代わりだ。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

コチョウゲンボウ
Falco columbarius

コチョウゲンボウ

可愛い顔して・・・

コムケ湖の海岸付近でコチョウゲンボウの♀が、ヒバリらしき鳥を捕まえて食べていました。

自分の体の半分以上の大きさのヒバリを捕まえるなんて、可愛い顔していますが、さすがに猛禽類ですね。
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別市
鳥類

チョウゲンボウ
Falco tinnunculus

チョウゲンボウ

カワラヒワの知恵

ハヤブサvsセグロセキレイに次ぐ「知恵」シリーズ第2弾。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

ハヤブサ
Falco peregrinus

ハヤブサ

ハヤブサの お・し・り

どんな顔をしていても、
普段どんな行いをしていようとも、
「おしり」だけは可愛く見えちゃいます。
コメント:0件
投稿者
TAKI
撮影場所
神奈川県小田原市
鳥類

ハヤブサ
Falco peregrinus

ハヤブサ

ハヤブサ幼鳥

河川沿いのサギのコロニーで生まれたゴイサギやコサギの幼鳥を狙って、やはりその年生まれのオオタカやハヤブサが狩りの練習のために毎日やって来る。この日もハヤブサが来たが、ハヤブサの幼鳥にとっては障害物が多いコロニー周りでは狩りの技術が伴わず、思うようにはいかない様子で飛び回るばかり

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ミサ郎
撮影場所
茨城県
鳥類

ハヤブサ
Falco peregrinus

ハヤブサ

大聖堂が岩崖

ブリュッセル市の中心地にる大聖堂で繁殖しているハヤブサ。今年は五羽のヒナを孵したそうだ。

これはオスが運んできたドバトの羽をむしるメス。この後、ヒナが待つ巣へ持っていく。
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
ベルギー ブリュッセル市
鳥類

ハヤブサ
Falco peregrinus

ハヤブサ

ハヤブサの交尾

本来、ハヤブサが営巣する場所は、天敵が近寄ることができない断崖絶壁。しかし、日本国中見渡してみても、天敵がいないなんていう場所は数少ない。なぜなら、天敵のひとつは我々「人間」なのだから。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ミサ郎
撮影場所
 ---
鳥類

ハヤブサ
Falco peregrinus

ハヤブサ

ハヤブサの求愛給餌

求愛時、男から女にプレゼントを贈る習慣があるのは人も鳥もいっしょ。
雄が捕らえてきたレース鳩を雌に手渡し、めでたくカップル成立。
コメント:0件
投稿者
ミサ郎
撮影場所
 ---

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 4人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[ハヤブサ科]