この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

サギ科

鳥類

アオサギ
Ardea cinerea Linnaeus

アオサギ
この下アゴにあるものは腫瘍なのか何あのかわかりませんが、
何なのでしょうか。
人間であれば加齢によるイボとかはありますが、サギでも
そんなことがある?
この川は生活廃水が入り込んでいますが、小魚はたくさん棲んで
いてサギ意外にも川鵜も来ますし、カルガモもいます。

(続きがあります)
コメント:1件
投稿者
カラスウリ
撮影場所
 ---
鳥類

アオサギ
Ardea cinerea Linnaeus

アオサギ

何か変な物が着いている

川の脇でカメラを試写していましたらアオサギが飛んできました。
せっかくなので撮ってみたところ何か変なのです。
アゴのあたりに何か着いているような。
コメント:0件
投稿者
カラスウリ
撮影場所
 ---
鳥類

アオサギ
Ardea cinerea

アオサギ

街と緑の境で

アオサギが休耕田で、ゆったりと餌取り&休憩をとっていた。

バックの街中では、人々の日々の生活が営まれている。
ビル、住宅、自動車、電線・・・その忙しいこと。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
三重県津市
鳥類

サンカノゴイ
Botaurus stellaris

サンカノゴイ

爬虫類の動き

円山川河川敷のヨシ原が雪で覆われると、今年もサンカノゴイがノソノソ歩く姿が目撃された。昨シーズン初めて観察したユニークなサギだが、以前から越冬していたのに気付かなかっただけだろうか。
コメント:2件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

サンカノゴイ
Botaurus stellaris

サンカノゴイ

ヨシ原の忍者

円山川ヨシ原でサンカノゴイの越冬個体を観察した。大雪でヨシ原がつぶれてしまい、身を隠す場所が限定されたのが観察者に有利に働いた。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

アオサギ
Ardea cinerea

アオサギ

アオサギの水上コロニー

アオサギのコロニーは大概がケヤキなどの樹冠に形成される。ダイサギ、チュウサギなどの白サギとの混群で集団営巣することも普通である。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

コサギ
Egretta garzetta

コサギ

コサギのねぐら

昔の河川改修で市内に取り残された円山川廃川、そのほとりのケヤキがコサギのねぐらになっている。繁殖期が来るまでの、冬限定の宿である。

(続きがあります)
コメント:2件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県豊岡市
鳥類

アオサギ
Ardea cinerea

アオサギ

安全地帯

護岸工事された水路のような川。
そこに注ぎ込む排水溝がこのアオサギのお気に入りの場所。
ここなら、すぐ上を通る人間からは気づかれずに安心して
獲物へ集中できる。
コメント:2件
投稿者
さかまさ
撮影場所
福岡県北九州市八幡西区
鳥類

アマサギ

アマサギ

トラクターによる餌付け

トラクターが畑の土起こしをすると、シラサギたちがいきなり集まってきた。
エンジン音や動くトラクターを警戒することなく、起こされた土の間からでてくる虫たちをむさぼり食べていた。
この光景こそ、農業現場での「餌付け」なのである。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
沖縄県金武町
鳥類

ダイサギ
Egretta alba

ダイサギ

気取った餌捕り行動

マスの養魚場のある近くの川を、ダイサギがのっしのっしと歩きながら獲物を探していた。
養魚場から、たくさんのマスが逃げ出しているから餌には事欠かないみたいだった。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県安曇野
鳥類

サンカノゴイ
Botaurus stellaris

サンカノゴイ

片目が失明しているサンカノゴイ

枯れ葦のなかに、見事に溶け込んでいたサンカノゴイ。
その目は、片方が失明しているようすだった。
捕食中に、枯れ葦の茎を目に突き刺してしまったのだろうか。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
茨城県霞ヶ浦
鳥類

サンカノゴイ
Botaurus stellaris

サンカノゴイ

見事にカムフラージュするサンカノゴイ

ここまで周囲に溶け込んでしまえば、その姿を見つけ出すことは難しい。
その擬態ぶりは、見事としかいいようがない。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
茨城県霞ヶ浦

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 5人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[サギ科]