この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

歴史

流行・人間社会

アイロン

アイロン
電気がまだなかった時代では、炭火をいれたアイロンがあった。
ちゃんと煙突までついており、これで、木綿などの生地にアイロン掛けをしていたのだった。
かすかではあるが、50年前でもたしかに使っていたのを覚えている。
懐かしき、よき時代だったような気がする。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県白馬村
流行・人間社会

素掘りトンネル

素掘りトンネル

そこまでやるか

10メートルは超えるんじゃないかという高さと、トンネルらしからぬ形。
これだけ高さがあるのに、「頭上注意」の看板もある。
注意しながら上を見ると、遙か彼方にある天井にも、掘った跡が波のように刻まれている。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
千葉県
流行・人間社会

素掘り穴

素掘り穴

封印された記憶

房総南部には穴が多い。
とにかく、いろんな所に穴が開いている。
それも、素掘り(手掘り)だ!
その使い道は穴それぞれで、トンネルだったり神様を祀ってあったり、かと思うと放ったらかしにされてたり。
これはスチール製の扉で封印されていた。

(続きがあります)
コメント:2件
投稿者
ぴょん
撮影場所
千葉県大多喜町
流行・人間社会

余部鉄橋

余部鉄橋

新旧交代

JR山陰本線余部鉄橋、正式には余部橋梁という。旧橋梁はまさに鉄橋であり、同じ構造では日本一の高さを誇った。

老朽化でコンクリート橋に架け替えられ、もう鉄橋とは呼べなくなった。新しい橋の横に古い鉄橋がモニュメントとして残され、時代を語り継ぐ。
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県美方郡香美町
流行・人間社会

廃ホテル

廃ホテル

ジャングル風呂

古い温泉街にある、廃ホテルの大浴場。
かつては目の前を流れる川を眺めながら、温泉を楽しめたことだろう。
今では草が生い茂り、野趣溢れる半露天風呂になっている。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
栃木県日光市
流行・人間社会

王の卓

王の卓

いけにえ

林道を歩いていたら「王の卓、この先200メーター」とあったので、見に行ってみた。

狭い空地に、幅2メーター程の岩があった。
王の卓と言うには、王族がこんなところまでピクニックに来ていたのかと思ったが、説明のパネルでは全然違うことが書かれていた。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
クワ
撮影場所
ジュラ山脈 モルトー市
流行・人間社会

石岩當

石岩當

魔除け

沖縄では、道路の辻や玄関先などの石垣によく設置されている御札があり、それらを石岩當(いしがんとう)といいます。
集落の狭い路地なでも見かけますが、家の赤瓦屋根に設置されているシーサーと共に魔除けとされています。

こういうのって、琉球王朝時代の名残りなのかな?

コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県与那国島
流行・人間社会

亀甲墓

亀甲墓

防空壕?

与那国島の祖内集落の外れに、亀甲墓の集まっている場所がある。
亀甲墓とは沖縄に多いお墓で、亀の甲羅状の大きくてりっぱな造りになっている。この墓は母親の胎内を象徴しているらしい。また、沖縄が大陸の影響を受けた証拠ともいえる。
コメント:0件
投稿者
ヘテロ
撮影場所
沖縄県与那国島
流行・人間社会

共同託児所

共同託児所

50年ほど前の子供

昭和30年頃の農繁期、地域で共同託児所を開設し子供の面倒を見ておりました。クリクリ頭にオカッパ頭、貧しくともみんな元気!
コメント:0件
投稿者
北割
撮影場所
伊那谷

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 1人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[歴史]