この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

自然

自然環境

利根川

利根川

上から下まで

雪深い群馬最北部から322kmの旅をして、太平洋に到達。
川を挟んで向こう側が茨城県神栖市、こちら側が千葉県銚子市。
演歌の似合う、海の男の街である。
これは銚子ポートタワーから見た利根川河口。
さすがにここまで来ると、流れは穏やかだけど、代わりに波が高い。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
千葉県銚子市
自然環境

利根川

利根川

上から下まで

日本一の流域面積を誇る利根川。
越後山脈に降った雪や雨が、永い時間をかけて最初の一滴になり、やがて太平洋へと注ぐ。
最上流部の群馬県みなかみ町は豪雪地帯で、周囲にはダムやスキー場が点在する。
春になり谷川岳の雪解けが始まると、水量が増して激流になり、日本有数のラフティング・スポットになる。
コメント:0件
投稿者
ぴょん
撮影場所
群馬県みなかみ町
自然環境

雑草

雑草

路上の自然

都会の路上で塞がれた土のわずかな隙間から、小さな“自然”が顔を出していた。
自然の種は、地下に埋もれているのだ。
コメント:0件
投稿者
オーロラ
撮影場所
東京都文京区本郷1丁目
自然環境

スギ植林
Cryptomeria japonica

スギ植林

暗い林はパラダイス

枝打ちもされず、伸び放題になった枝が複雑に絡み合うスギ植林。こんな環境を歓迎している鳥がサンコウチョウだ。見るからに派手な南国の鳥といった姿は、スギのジャングルの中では見事に存在感を消し去ってしまう。特徴のある鳴き声を頼る以外に、その姿を見つけることはきわめて難しい。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
たじまもり
撮影場所
兵庫県美方郡
自然環境

誘蛾灯

誘蛾灯

光に誘われて

夏の夜になると、自動販売機の明かりにあつまる虫たちを観察している。
自動販売機が人間の目には普通の風景に設置されているが、周辺に暮らす虫たちには誘惑されてあらがいきれない光なのだろう。
たくさんの虫たちが、やってきていることは確かだ。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
駒ヶ根高原にて
自然環境

探鳥会記録

探鳥会記録

オオタカの出現率

我が県の野鳥の会が発行している会報に
探鳥会で確認出来た鳥の記録が載っている。
面白いのはオオタカの出現率。2006年
3月・4月号を見てみたら、トビの出現率と
ほとんど変わらない。それどころか、全体を
眺めてみてもトップレベルの出現率!
これでも「絶滅が心配される・・・」!?

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
ホンダのS
撮影場所
栃木県河内郡河内町
自然環境

田舎暮らし

田舎暮らし

天ぷらの素材…

昼近くになって、急に「天ぷら」を食べたくなった。
そこで、釣竿をもって、近所の渓流へ。
天ぷらサイズにちょうどいい、イワナとアマゴが釣れた。
草むらでヨモギとフキノトウを摘んで、目的達成。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
長野県伊那谷
自然環境

火炎

火炎

薪窯

焼き物は原始の人類から同じやり方で今にある。土を薪で焼けば水の漏らない器が出来る。焚き火はたかだか800度程度だが、やりようによって窯は1200度を超える。珪酸質はガラスになり硬く焼きしまる。現在は薪窯体験も環境影響で山奥でしか出来ない。
コメント:0件
投稿者
ぶんぶく探検隊
撮影場所
滋賀県
自然環境

魚釣り教室

魚釣り教室

修学旅行の一環での釣り体験

半世紀前までの子供は、遊びの一環で魚釣りを覚えたものだ。
しかし、現代では授業の一環に組み込まれているご時世。
コメント:0件
投稿者
gaku
撮影場所
滋賀県琵琶湖

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 2人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[自然]