この図鑑(データベース)の意図は、単なる「○○の写真」ではなくて、その○○に対する、環境などを含めたあらゆる角度からの、いろんな人の視点を集めていきたいというもので、誰でも投稿できるようになっています。 動物そのものの写真でなくても、周辺環境・ペリットや糞、足跡、死体など、その生物を判定できるものの写真が撮れた場合にも投稿してください。 同じ種類でも生息場所や時期、雌雄、成or若などいろんな状況での写真を投稿ください。>会員登録はこちら

キノコ

菌類

キヒラタケ

キヒラタケ

初冬のキノコ

コメント:1件
投稿者
gigi
撮影場所
愛知県瀬戸市海上の森
菌類

ハナビラタケ
Sparassis crispa

ハナビラタケ

花びらのようなキノコ

カラマツの根から、ハナビラタケが出ていました。

見た通り、花びらがたくさん集まったような、形をしている、綺麗なキノコです。

食べることができて、キノコ自体は、それほど味がしませんが、肉などと一緒に焚いて食べると、コリコリとした、歯ごたえがあって、なかなか美味しいキノコです。
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
菌類

ホシアンズタケ
Rhodotus palmatus

ホシアンズタケ

桃色のキノコ

腐った倒木からピンク色のキノコが出ていました、調べてみると、ホシアンズタケと言って、北海道と、東北の一部、そして栃木県など、限られた地域でしか見つかっていないキノコのようです?

茎やヒダには、赤い液体が、たくさん付いていました。

食べられるキノコのようです。
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡
菌類

シロテングタケ
Amanita neoovoidea

シロテングタケ

オバケキノコ

まるでお化けの手のように傘から垂れ下がったツバが印象的なシロテングタケ。

大雨の次の日に行くと一つの谷で大発生しておりその中でも特大級でした。
コメント:0件
投稿者
ジーク
撮影場所
東京都
菌類

ニセアシベニイグチ
Boletus pseudocalopus

ニセアシベニイグチ

大関クラス

大きいものは直径20センチに達する大型イグチ。

夏、雑木林に発生する。持つとずしりと重く、食べられたらいいな、と思うのだが、かなりの確率で下痢を起こすので、チャレンジャーと腹痛マニア以外は禁止。

傘は褐色、柄は地が黄色で足元が斑点状に赤く染まる。傘裏と柄の境界線があいまいなのが大きな特徴。
コメント:0件
投稿者
torii
撮影場所
三重県関町
菌類

ハツタケ
Lactarius hatsudake

ハツタケ

かつての里山の秋の風物

秋、他のキノコに先駆けて出ることから「初茸」の名がついた。手入れの行き届いた松林に好んで生える。

傷がつくと緑色に染まるため、知識がないとただの気味悪いキノコにしか見えないが、汁に入れるとよいだし汁が出る。
コメント:0件
投稿者
torii
撮影場所
三重県伊賀市
菌類

ハタケシメジ
Lyophyllum decastes

ハタケシメジ

庭に野道に

しゃっきりした歯ごたえがおいしいシメジの一種。

栽培モノもかなり一般に流通するようになった。もっともあまり認知されていないようだけれども。食味としてはブナシメジより上だと思う。

埋もれ木に生えるため、発生場所を選ばない。林道や公園、民家の庭先や畑などにも。
コメント:0件
投稿者
torii
撮影場所
三重県伊賀市
菌類

シイノトモシビタケ
Mycena lux-coeli

シイノトモシビタケ

夜の森で発光するキノコ

夜の森で懐中電灯の明かりを消すと、一瞬真っ暗闇に感じられました。しかししばらく目を慣らすと、朽ち行く倒木に光るものが。近づいてみると発光しているキノコでした。
コメント:3件
投稿者
YUJI
撮影場所
沖縄県沖縄本島やんばるの森
菌類

キクバナイグチ
Boletellus emodensis

キクバナイグチ

小さい時は木魚をたたく棒っぽい

梅雨の後半に林内で目立つイグチの仲間。

傘の直径は5〜10センチ程度、色は茶色から赤紫のものまでやや幅がある。表面は特徴的なウロコで覆われることが多いが、これもこの写真みたいにフサフサだったりパイナップルの皮みたいだったりで、けっこう幅がある。

(続きがあります)
コメント:1件
投稿者
torii
撮影場所
三重県関町
菌類

オオゴムタケ
Galiella celebica

オオゴムタケ

太鼓型ぶにぶに物体

なかば保護色の茶碗型キノコ。

広葉樹の倒木や枝などに生える。直径は5センチほどで、最初は球状、それがツボ型から太鼓型にまで開く。

さわるとゴムみたいな弾力があって、切ってみると中は半透明の硬いゼリーが詰まっている。調理法次第で食べられるようだ。
コメント:0件
投稿者
torii
撮影場所
滋賀県草津市
菌類

カワリハツ
Russula cyanoxantha

カワリハツ

いろんな色そろえてます

いろんな色をしていても同じ種類、というのは植物の花だとよくあることだけど、キノコにはめずらしい。

カワリハツはそういうキノコ。

(続きがあります)
コメント:0件
投稿者
torii
撮影場所
奈良県橿原市
菌類

ウスヒラタケ
Pleurotus pulmonarius (Fr.) Quél.

ウスヒラタケ

薄っぺらい?

広葉樹(ミズナラかな?)の立ち木に、ウスヒラタケが出ていました、名前の通り、薄いヒラタケの仲間ですが、味噌汁に入れて食べたら、さっぱりして、なかなか美味しいキノコでした。
コメント:0件
投稿者
てっちゃん
撮影場所
北海道紋別郡

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 1人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[キノコ]