トビウオ
Cypselurus agoo agoo /ダツ目トビウオ科

トビウオ
Copyright (c) 2006-2011webzukan.net(Manabu Miyazaki)

最後の飛翔

沖でミサゴが捕まえたのはトビウオだった。観察状況から察して、海上を滑空中のところを上から掴まれたようだ。

トビウオが海上を滑空するのは、天敵の大型魚の攻撃から逃れるためといわれる。追っ手から逃れて海の上をひとっ飛び。一安心したところを突然空から襲われたのだから、トビウオもツイてなかった。

ミサゴの鋭い鉤爪が背中に食い込む。身動き一つできないまま、トビウオは胸ビレを広げてこれまでにない高さで空を飛んだ。さきほどまで泳いでいた海が青く広がっているのを見下ろしながら。
投稿者
たじまもり
撮影場所
京丹後市
撮影日時
2012/5/13
カメラ・レンズ
D90+VR300F2.8

コメント一覧

gaku  投稿日時 2012-5-24 12:33
スゴイ写真、ですね。
トビウオが空中滑空しているときにミサゴにさらわれたのなら、絶対にオモシロイですね。
たしか、カジキマグロが海面からジャンプして上空のカツオドリを捕まえて食ってしまうらしいけれど、ミサゴもカジキマグロが海中にいればそうなったかも…?

とにかく、これはスクープ写真です。
たじまもり  投稿日時 2012-5-24 20:29
ありがとうございます。

ワイドマクロの視覚冒険は背景の面白さに助けられますが、ストレート勝負もタイミングを捉えられたらドラマになりますね。今後も精進します。

コメントをつける

<講演のご依頼は・・・>写真と一緒に考える「イマドキの野生動物」

「人間なんて怖くない!」人慣れした新世代動物の声を聞いてみよう。

自然環境の変化をうけて、変わりゆく動物地図。勢力拡大中の外来動物。餌付けって何かを考える、現代の日本に広がる動物たちのレストラン。野生動物と向き合うヒントが盛りだくさんの濃い内容です。日本全国各地を旅しながら撮りためた100枚を超える写真スライドと一緒に迫力あるトークライブで、大人から子どもまで、楽しみながら自然を学んでいただけます。

こんな講演を開いてみたいという講演主催者様、講師のご依頼はお気軽にお問い合せください。
宮崎学写真事務所(アトリエwebの森内)
Tel 0265-96-0093 
momonga@owlet.net

このサイトは、森の365日と「森の仲間コミュニティ」が運営しています。

新規会員登録はこちらから
 http://webzukan.net/register.php
下記の1から4までの項目に入力して送信してください。次にメールが届きますのでそれで承認を行って下さい。

【五感で観察する WEB自然図鑑】 ログイン

ユーザー名
パスワード

 
パスワードの再発行
現在 5人が閲覧中

【五感で観察する WEB自然図鑑】 Information

【五感で観察する WEB自然図鑑】 キーワードから探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 分類から探す

【五感で観察する WEB自然図鑑】 新着コメント

【五感で観察する WEB自然図鑑】 森の仲間コミュニティのご案内

森の仲間コミュニティは、親サイト森の365日のファンの皆さんが、会員だけが集える場所で、安心してコミュニケーションをとっていただけるように用意したサイトです。カメラや自然や宮崎学が好きな方はどうぞご参加ください。gakuの裏日記も読めます!

【五感で観察する WEB自然図鑑】 投稿図鑑[トビウオ]